四大元素説の基本|風・火・水・土(地)の特徴

4elements

四大元素

四大元素は万物は風火水土(地)の四つの元素から成り立っているという思想です。中国やインドには五大元素の考え方があるように、ヨーロッパではこの四大元素の思想が根本にあります。古代ローマやギリシャ時代から支持され、プラトンやアリストテレスの思想もこの四大元素の考え方を基にしています。近代医学が誕生する前は、四大元素は医学のベースとなる考え方の一つで、それをもとに治療が行われていました。そのため、ヨーロッパで馴染み深い精油やハーブ、星座などはこの四大元素の理論に当てはめて考えられることがよくあります。中国やインドの五大元素とは類似点はあるものの、異なった考え方です。ここでは各四大元素の特徴を詳しく説明していきます。対応する精油やハーブも紹介しています。

目次

  1. 風火水土(地)の本質
  2. 各元素について

 






 

風火水土(地)の本質

まず、基本となる風火水土の本質的な特徴と関連性です。※土は「地」という場合もありますが、ここでは土に統一します。

火は水を蒸気にする(=活性)

水は火を消す(=鎮静)

土は風を重くする(=安定)

風は土を緩める(=活動)

これは精油のブレンドをするときにも参考になります。反対の性質のものが調和しやすいと考えられます。気をつけたいのは、ハーブや精油がどの元素(気質)に分類されるかには、絶対的なものはありません。人によって、文献によって、分類の考えが異なる場合が多くあります。植物も様々な要素を持っているため、一概に4つの分類に綺麗に分けるのが難しいからです。また、同じ植物でも、脂溶性の成分が抽出される精油の観点から見た場合と、水溶性の成分が主に抽出されるハーブティーの観点から見た場合でも分類が異なってくる場合があります。

 

各元素について

風は土を活動させ、土に安定させられます。人で例えると、風の要素を持つ人は、思想やコミュニケーションに関心があり、社会に最も対応できるタイプです。人・場所・概念を結びつけ、合理性・スピード・楽観主義です。多くの友人がいますが、その関係は広く浅く、感情表現や苦手です。深いレベルで他者とかかわることが課題です。

気質 多血質
性質 熱・湿
惑星 木星
機能 消化:誘引で体内に取り入れた物質を、分離し、同化させること
領域 判断:大きな視点から物事を見る
エネルギー アクティブ
季節
人生の時期 1-21歳
黄色
星座 水瓶座双子座天秤座
体格 細身、背が高い
性格 クール、フレキシブル、創造性、軽い、精神的、散漫、飽きっぽい、アクティブ、クリア、想像力、愉快、スピーディー、不安定、超能力、英知、社交的、気前がいい
出やすい不調 肥満・拒食症・肝臓疾患・良性または悪性腫瘍、関節炎、風邪など
スピリチュアル 精神力、直観力、超能力、英知

 

精油

オレンジカユプテクラリセージグレープフルーツシトロネラスパイクラベンダースペアミントタイムリナロールティーツリーディルネロリプチグレンペパーミントベルガモットマートルマンダリンメイチャンユーカリライムラバンジンラベンダーレモンレモングラスなど

ハーブ

アイブライトアグリモニーアニスシードイエロードックルートキャラウェイゴールデンロッドサマーセイボリーセージダンデライオンチコリパセリフェヌグリークベルガモットホップボリジマジョラムマルベリーメドウスイートラベンダーリンデンレッドクローバーレモングラスレモンバーベナなど

 

火のタイプを人で例えると、熱心で、エネルギーに溢れ、直観的で情熱的な人になります。創始者や実践者、先見者です。精神的で哲学的な目標を追求する傾向にあります。日常のありふれた世界にすぐ退屈してしまい、気分屋で忍耐力がありません。自己中心的に思われることもあります。現状を打破しようとして、社会と対立することもあります。威勢はいいものの、火は水と土によって簡単に消されてしまいます。火のタイプの人は、エネルギーのコントロールと、他人への思いやりが課題です。

気質 胆汁質
性質 熱・乾
惑星 太陽・火星
機能 誘引:食べ物や空気や水といった体が必要なものを取り込むこと
領域 想像:未来を直観する力
エネルギー アクティブ
季節
人生の時期 22-42歳
赤、オレンジ
星座 牡羊座獅子座射手座
体格 筋肉質、引き締まっている
性格 明るい、魅了する、自意識的、エネルギッシュ、独裁者、アクティブ、かっとなる、カリスマ、情熱的、気配りに欠ける、不用意、野心、行動的、気前がいい
出やすい不調 熱、痒い発疹、火傷、ずきずきする痛み、ほてり、乾燥、心臓や肝臓・腎層疾患など
スピリチュアル 欲望、勇気、体力、悪魔祓い、守護、健康

 

精油

アニスオレガノカンファーシナモンジュニパージンジャータイムバジルヒソップフランキンセンスマジョラムミモザローズマリーなど

ハーブ

アンジェリカウーロンティーオリーブオレンジピールオレンジブロッサムカモミールジャーマンカレンデュラクリバーズグリーンティーコリアンダーサフランシナモンジュニパージンジャーセロリシードセントジョーンズワートティーディルネトルバジルヒソップフェンネルフラックスシードペパーミントマレインミルクシスルローズマリーなど

 

土を人に例えると、境界を設け、思想に枠組みを与え、計画を実行に移すための基盤を作る人です。火や風の移り気な性質に安定感を与えます。退屈で目立たないけれど、とても大切な仕事をできるのがこのタイプです。感情は悲観主義と関わりがあります。逆境でも感情を外に表さず、きちんとしていますが、他人が自分に行った悪口は決して忘れず、恨みの感情が生じやすいです。間違いやバカなことをすることへの大きな恐れがあります。このような感情を論理的に分析し、理解することが課題です。

気質 憂鬱質
性質 冷・乾
惑星 土星・水星
機能 滞留:体内に取り入れ、同化させたものの不純物を取り除くこと
領域 熟考:合理的に分析する力
エネルギー パッシブ
季節
人生の時期 43-63歳
緑・茶
星座 山羊座牡牛座乙女座
体格 感情、柔軟性がない、コンパクト
性格 ドライ、現実的、独断的、普遍、融通がきかない、物質主義、打算的、受け身、細かい、他を利用する、憂鬱、徹底的、まっすぐ、スロー、慎重、寡黙、頑固、孤独、神経質、天才肌
出やすい不調 意気消沈、脳・骨・神経系・呼吸に関わる不調、自殺志向など
スピリチュアル 金運、繁栄、多産、豊穣、ヒーリング、雇用

 

精油

イモーテルカカオキャロットシードクミンクローブコリアンダーサイプレスシダーパインパチュリフェンネルブラックペッパーミルラヤロウリナロエウッドローズウッドローレルなど

ハーブ

アルファルファオートムギコーンシルクバーベインプランテーンホーステールなど

 

水のタイプを人に例えると、流動的で適応力があり、力と深遠さがある人です。感情面をとても重視します。感受性が豊かで、他者への思いやりに溢れます。聞き上手で人を癒すことに喜びを感じます。一方で、相手に影響をされやすく、自分が何者かわからなくなってしまうこともあります。感受性が豊かなため、自己主張がなく、他者を優先しがちです。自分の欲望に対してより素直になることが課題です。

気質 粘液質
性質 冷・湿
惑星 月・金星
機能 排出:肉体から外へ、老廃物を排出すること
領域 感情:感情的につながる力
エネルギー パッシブ
季節
人生の時期 64-84歳
星座 魚座蟹座蠍座
体格 柔軟・丸みがある
特徴 順応性がある、夢見がち、気分屋、潤い、温和、自立していない、献身的、落ち着いている、感傷的、不可解、内省的、怠惰、優柔不断、穏やか、公平
出やすい不調 カタル・分泌物・液体の蓄積・生理に関わる不調、冷えが原因の不調、貧血、耳鳴り、難聴など
スピリチュアル 睡眠、瞑想、浄化、予知夢、ヒーリング、愛情、友情、忠誠

 

精油

アンジェリカアイリスイランイランカモミールジャーマンカモミールローマンセージゼラニウムチュベローズバニラパルマローザベンゾインメリッサローズワイルドカモミールなど

ハーブ

カルダモンキャットニップコルツフットジャスミンスカルキャップスペアミントタイムハイビスカスパッションフラワーバードックバレリアンヒースフィーバーユーブルーマロウヤロウユーカリラズベリーリーフリコリスレディースマントルレモンバームレモンピールローズなど

 

 

次はこれを要チェック

ハーブ一覧 症状別ハーブ 基本

アーユルヴェーダの五大元素については下記へ

五大元素 

五行説の五元素については下記へ

五元素の説明

 

 

スポンサーリンク



 

 


参考文献をみる
@Depositphotos.com/herzogkwak

コメントを残す