メリッサの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

メリッサ精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. メリッサの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド
  7. 中医学からみた性質
  8. アーユルヴェーダからみた性質



キーワード&データ

希望、恐れからの解放

名前 メリッサ、レモンバーム、シトロネル、Melissa
学名 Melissa officinalis
科名 シソ科
抽出部位 花、葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ミドルノート
注意事項 妊娠中・授乳中は避ける、刺激強、幼児は使用しない、前立腺肥大・緑内障の症状には避ける
香り 【柑橘系】若草のようなほんのり甘いシトラスの香り
主な成分 【テルペンアルデヒド類ゲラニアール、ネラール、β-カリオフィレン、ゲルマクレンD、シトロネラール、メチルへプテノン、t-β-オシメンなど
陰陽
チャクラ 第4チャクラ
グリーン
星座 獅子座
天体 月、木星

その他のメリッサの記事をチェック: #メリッサ

ストーリー

レモンバームとしても知られるメリッサ。古くから万能薬として重宝されていました。蜜蜂が好むことから、ギリシア語の蜜蜂を表すmelittenaという言葉が名前の由来です。錬金術師のパラケルススはメリッサを若返りの薬としました。

植物の特徴

メリッサはシソ科の多年草です。ヨーロッパが原産で、草丈は30~60cmほど。白、ピンク、黄色の小さい花を咲かせます。Melissa officinalisを使用した純粋な精油はあまりなく、とても希少価値の高いものです。

メリッサの効果効能

心への効能

強い将来への不安や憂うつに効果的な香りです。感情の抑圧をして、混乱している心を穏やかにしてくれます。知性と感情のバランスをとってくれます。なかなか行動ができない人に背中を押してくれます。

体への効能

気の滞りを解消し、冷やして落ち着かせる作用があります。そのため、消化不良や吐き気に効果的です。咳や気管支炎にも効きます。鎮静作用が頭痛、生理痛によく、落ちつかせる作用が不眠症にも効果的です。血管拡張作用があり、高血圧症に有効です。

皮膚への効能

皮膚へは炎症を抑えたり、あざの治癒が期待できます。頭皮に関してはフケを防止するとも言われています。

体への効能
  • 鎮痛作用
  • 抗うつ作用
  • 強心作用
  • 子宮強壮作用
  • 消炎作用
  • 鎮經作用
  • 鎮静作用
  • 解熱作用
  • 駆風作用
  • 肝臓胆汁分泌促進作用
  • 消化促進作用
  • 血圧降下作用
  • 結石溶解作用
  • 血管拡張作用
  • 消化器系の不調改善
  • 抗アレルギー作用
  • 抗炎症作用
  • 抗菌作用
  • 抗真菌作用
  • 抗ヒスタミン作用
  • 抗ガン作用
  • 肥満の改善
肌への効能
  • 抗菌作用
  • 抗炎症作用
  • あざの改善
髪への効能
  • フケの防止

作用の意味一覧 精油の体への作用

おススメ使い方

芳香浴、沐浴、ヘアケア、スキンケア、フレグランス、ホームケア

エッセンシャルオイルの使い方一覧

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

フローラル系、樹木系、柑橘系の香りと相性がいいです。

精油のブレンドの基本

機能性ブレンド

精油のブレンドレシピ一覧

中医学からみた性質

陰陽  –
五行  火(木)
 心(肝)
 小腸(胆)
 神(魂)
四気・湿度  涼・燥

陰陽五行説

アーユルヴェーダからみた性質

ドーシャ  V±, P-, K-
エネルギー(熱性)  冷却
エネルギー(湿度)  湿性

ドーシャの体質診断 ドーシャ アーユルヴェーダの基本

次はこれを要チェック

精油の作用一覧 ハーブの効果効能一覧 植物油脂の種類一覧 フローラルウォーター一覧 エッセンシャルオイルの使い方一覧 精油のブレンドレシピ一覧 アロマセラピーの基本 アロマセラピーの豆知識

スポンサーリンク





注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

参考文献を見る

コメントを残す