ユーカリの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

ユーカリ精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. ユーカリの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド
  7. 中医学からみた性質
  8. アーユルヴェーダからみた性質



キーワード&データ

自由、開放感

 

名前 ユーカリ、ユーカリプタス、ユーカリグロブルス、Eucalyptus
学名 Eucalyptus globulus
科名 フトモモ科
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート トップノート
注意事項 刺激強、高血圧・てんかん症の人、幼児は避ける
香り 【樹木系】強くフレッシュ。ほのかな甘さにグリーン調の香り
主な成分 【酸化物類1,8-シネオール、α-ピネン、リモネン、アロマデンドレンなど
陰陽
チャクラ 第5チャクラ、第4チャクラ
ブルー、グリーン
星座 水瓶座
天体 土星

その他のユーカリの記事をチェック: #ユーカリ

ストーリー

ユーカリを最初に取り入れたのは、オーストラリアの先住民アボリジニでした。感染症や発熱の治療薬として使用されました。また、フランスで発見されたあとは「熱冷ましの木」として知られました。

植物の特徴

ユーカリは世界で最も高い常緑高木で、樹高は100mに及ぶものもあります。 小さな白い花を咲かせます。オーストラリアが原産ですが、今は世界中で栽培されています。種類も700以上あると言われていて、多くの木から精油が抽出できます。このサイトでは全部で9種類のユーカリの精油を紹介しています。詳しくは下記へ

ユーカリの種類比較

ユーカリの効果効能

心への効能

呼吸を楽にする作用から、憂うつさをなくし、生き生きすることを促します。家庭、仕事、社会といった周りの環境に縛られてしまいがちな人に、息苦しさを解放し解放感へと導いてくれます。

体への効能

ユーカリにはとてもたくさんの作用がありますが、メインは呼吸器系に働きかけることです。肺の痰を除去したり、気管支炎にもいいです。呼吸の強壮作用もあります。抗ウイルス作用が加わり、風邪や咽頭炎、副鼻腔炎などにも効きます。殺菌力もあり、特に泌尿器や生殖器系の殺菌に優れます。筋肉痛や神経痛にも効果的です。花粉症の季節には、症状を抑えてくれます。

皮膚への効能

スキンケアにもとて有効で、しみ、ニキビ、ただれ、虫刺されなどを改善します。頭皮にも有効で、フケやかゆみを防ぎます。

体への効能
  • 抗菌作用
  • 殺菌作用
  • 抗カタル作用
  • 抗真菌作用
  • 抗感染作用
  • 抗炎症作用
  • 抗リウマチ作用
  • 抗ウイルス作用
  • 呼吸器の鎮静作用
  • うっ滞除去作用
  • 利尿作用
  • 去痰作用
  • 解熱作用
  • 頭痛の鎮痛作用
  • 花粉症の緩和
  • 血糖値低下作用
  • 免疫活性作用
  • 駆虫作用
  • 引赤作用
  • 発汗作用
肌への効能
  • 創傷緩和
  • 火傷の改善
  • 虫刺されの緩和
  • ニキビの改善
髪への効能
  • 頭皮のかゆみ防止
  • 頭皮の殺菌作用
  • ふけの改善
その他
  • 空気の清浄
  • 防臭作用

作用の意味一覧 精油の体への作用

おススメ使い方

芳香浴、沐浴、ボディー・ハンドケア、ヘアケア、スキンケア、クリーム、フレグランス、ホームケア、ハウスキーピング

エッセンシャルオイルの使い方一覧

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

ハーブ系、柑橘系、スパイス系の香りと相性がいいです。

精油のブレンドの基本

機能性ブレンド

精油のブレンドレシピ一覧

中医学からみた性質

陰陽  陽
五行  金
 肺
 大腸
 魄
四気・湿度  温・燥

陰陽五行説

アーユルヴェーダからみた性質

ドーシャ  V-, P+, K-
エネルギー(熱性)  熱性
エネルギー(湿度)  湿性

ドーシャの体質診断 ドーシャ アーユルヴェーダの基本

次はこれを要チェック

精油の作用一覧 ハーブの効果効能一覧 植物油脂の種類一覧 フローラルウォーター一覧 エッセンシャルオイルの使い方一覧 精油のブレンドレシピ一覧 アロマセラピーの基本 アロマセラピーの豆知識

スポンサーリンク





注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

参考文献を見る

コメントを残す