ブラックペッパーの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

ブラックペッパー精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. ブラックペッパーの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド
  7. 中医学からみた性質
  8. アーユルヴェーダからみた性質



キーワード&データ

積極性、ポジティブ

名前 ブラックペッパー、Black Pepper
学名 Piper nigrum
科名 コショウ科
抽出部位 果実
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート トップノート
注意事項 妊娠初期・肝臓病の人は避ける、刺激強
香り 【スパイス系】強く、スパイシーな香り
主な成分 【モノテルペン炭化水素類】サピネン、リモネン、β-カリオフィレン、β-ピネン、α-ピネン、δ-3-カレン、β-フェランドレンなど
陰陽
チャクラ 第7チャクラ、第1チャクラ
パープル、レッド
星座 火星
天体 牡羊座、蠍座

その他のブラックペッパーの記事をチェック: #ブラックペッパー

ストーリー

インドが原産のブラックペッパーは、食用としてはもちろん、医学でも4000年も前から使用されていました。アーユルヴェーダでは欠かせない材料の一つです。中世ヨーロッパでは長期保存が出来るスパイスとして重宝され、大航海時代が始まるきっかけとなったとも言われています。

植物の特徴

ブラックペッパーはつる性の多年草です。熱帯の海抜400~500mほどの土地に生息します。果実の色は緑、赤、黒と変化します。果皮が黒くなたものを黒コショウといいます。白コショウは、成熟した果皮を発酵させ、外皮を除去し乾燥させたものです。

ブラックペッパーの効果効能

心への効能

心を活性化し、やる気を起こさせます。感情が冷めていて熱中できない人、何事にも無関心になってしまう人、なにかと人任せになりがちな人に、活力や行動力を与えてくれます。自分自身の力で現状を変えるパワーを与えてくれます。

体への効能

基本的に体を温める働きがあります。エネルギーを増進させ、胃腸の働きを高めます。胃腸の冷えが原因の、腹痛や嘔吐、下痢、お腹のハリ、色か不良と言った様々な不調に有効です。体重を減少させるためにも使用できます。温め、気の巡りを良くすることから、関節痛や筋肉痛、肩こりや腰痛などの傷みにも効果的です。

皮膚への効能

スキンケアとしてはあまり使用されな精油です。

体への効能
  • 抗菌作用
  • 鎮咳作用
  • 鎮静作用
  • 胃粘膜保護作用
  • 消化促進作用
  • 抗感染作用
  • 鎮痛作用
  • 冷えの改善
  • 結腸の毒素排出
  • 呼吸器系の不調改善
  • 風邪、インフルエンザの予防
  • 鼻づまりの改善
  • 肥満改善
肌への効能
  • 血行促進作用
髪への効能
  • 血行促進作用

作用の意味一覧 精油の体への作用

おススメ使い方

芳香浴、沐浴、ホームケア

エッセンシャルオイルの使い方一覧

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

ハーブ系、柑橘系、スパイス系の香りと相性がいいです。

精油のブレンドの基本

機能性ブレンド

精油のブレンドレシピ一覧

中医学からみた性質

陰陽  陽
五行  土(水)
 脾(腎)
 胃(膀胱)
 意(志)
四気・湿度  熱・燥

陰陽五行説

アーユルヴェーダからみた性質

ドーシャ  V+, P+, K-
エネルギー(熱性)  熱性
エネルギー(湿度)  乾燥性

ドーシャの体質診断 ドーシャ アーユルヴェーダの基本

次はこれを要チェック

精油の作用一覧 ハーブの効果効能一覧 植物油脂の種類一覧 フローラルウォーター一覧 エッセンシャルオイルの使い方一覧 精油のブレンドレシピ一覧 アロマセラピーの基本 アロマセラピーの豆知識

スポンサーリンク





注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

参考文献を見る

コメントを残す