五大元素|アーユルヴェーダの基本概念

5elements

アーユルヴェーダと五大元素

アーユルヴェーダの基本的概念の中に、五大元素というものがあります。すべてのものはこの五大元素から成り立っていると考えられています。ここでは五大元素の特徴を詳しく説明していきます。アーユルヴェーダの起源は下のリンクを参照してください。

ayurveda5

目次

・五大元素とは?
・五大元素と体の関係
・五大元素とドーシャ|人の体の仕組み
・五大元素と関連するもの

五大元素とは?


五大元素とは、「空、風、火、水、地」の5つで、物質の状態や性質を表します。互いに影響をし合い、あらゆるものの中に様々な割合で存在します。この五大元素理論を、パンチャマハブータ(パンチャマハーブータ)とも言います。

まずはじめにが生じ、それに動性が加わりになります。それに激性(熱)が加わりが生じ、更に重性が加わりへ、それに暗性が加わりになります。五大元素はあらゆるものと関連しています。物質、心など、目に見えるものも見えないものも、全てはこの五大元素からなります。

例えば、1つの小さな細胞を例にとっても、完璧に5つの物質から成り立っています。細胞の構造は「地」、細胞膜や細胞質は「水」、細胞の代謝は「火」、細胞内のガスは「風」、細胞が存在する空間は「空」が支配しています。五大元素がどのような割合で組み合わさっているかで、この世界に無数のものが存在しています。

更に深い話になりますが、五大元素ができる前から、五大元素がどのように浸透しながら世界が出来上がっているか、インド哲学の中で詳しく説明されています。詳しく学びたい場合は下記を参照ください。


五大元素と体の関係


人の体ももちろん五大元素に対応しています。「空」は口の中、鼻の穴、お腹の中などの体の中のスペースに対応します。「風」は体の動きに関連します。特に筋肉や神経系の動きです。「火」は酵素の働きをコントロールします。そのため知性、消化、代謝のシステムに関わります。「水」はリンパ液、消化液、唾液などを含む全ての体液に対応します。「地」は骨、歯、髪、肉など体の個体の組織に対応しています。

このように、体の組織や働きが五大元素に対応しているため、アーユルヴェーダでは診断や治療にこの概念を取り入れています。


五大元素とドーシャ|人の体の仕組み


アーユルヴェーダでは人の体調を診断するときに、五大元素から発展した「トリドーシャ」という考え方取り入れます。トリは「3」、ドーシャは「不純なもの」とも訳されます。五大元素が体を構成しているのに対してドーシャはそのエネルギーです。3つのドーシャはそれぞれ、ヴァータ、ピッタ、カパと呼ばれています。五大元素の中の、2つの元素を組み合わせた性質を持っています。そしてとくに太字(左側)になっている元素が強く働いています。ドーシャについては他の記事で詳しく説明しますので、ここでは五大元素とドーシャの関連だけを知って頂ければと思います。

ヴァータ・空
ピッタ・(水)
カパ・地

ドーシャについての詳細は下記をご覧ください。

dosha

五大元素と関連するもの


更に五大元素の特徴を理解するために、特徴を並べていきます。

五大元素と3つの性質

五大元素は3つのグナ(性質)を持ちます。このグナによって五大元素は生まれています。

サットヴァ

サットヴァ+ラジャス

ラジャス

ラジャス+タマス

タマス

グナの詳しい説明はこちらをご覧ください。

五大元素と物質の5つの状態

五大元素は、あらゆるものの基であるので、物質の5つの状態にも対応します。

エーテル体

ガス

気体

液体

個体

五大元素と各器官の結びつき

五大元素

微細元素

感覚

行為

機能

耳(聴覚)

声帯

話す

皮膚(触覚)

つかむ

目(視覚)

動く

舌(味覚)

肛門

排泄

鼻(嗅覚)

生殖器

出産

五大元素と性質

五大元素は、性質を持っていると言われています。性質には、軽い、重いといった相反するものがありますが、決して対立するものではなく、相対的に存在します。

軽・動・ざらざら

熱・軽・鋭・液体

冷・液体・柔・滑らか

重・個体・静

20種10対の性質について

性質についてもう少し詳しくお話します。アーユルヴェーダでは、対となる性質を一組として、自分は今どの性質が強くて何が弱いのか?を分かることが大切と考えます。バランスが崩れすぎた場合は、同じ性質のものは強め合い、反対の性質のものは弱め合う原理を使って整えていきます。人や物質の性質は、20種類、10対あると考えられています。これらは前述したように五大元素の特徴に分類することができます。

  熱

すべすべ

ざらざら

 鋭

不粘

滑らか

粗い

個体

液体



次はこれを要チェック

アーユルヴェーダの基本や、日常生活への応用のまとめは下記へ

ayurveda0 ayurveda1

スポンサーリンク


コメントを残す