キャロットシードの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

キャロットシード精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. キャロットシードの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド
  7. アーユルヴェーダからみた性質



キーワード&データ

抑圧からの開放

名前 キャロットシード、Carrot Seed
学名 Daucus carota
科名 セリ科
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ベースノート
注意事項 妊娠中は避ける
香り 【ハーブ系】ウッディーでスパイシーな土のような香り
主な成分 ピネン、カロトール、リモネン、ビサボレン、エレメン、ゲラニオールなど
陰陽

その他のキャロットの記事をチェック: #キャロット

ストーリー

Daucus carotaニンジンと聞いてイメージするオレンジ色の野菜とは違ったものです。同じセリ科の植物ですが、アフガニスタン付近の原産地から、西洋、東洋と広がっていくうちに改良も行われ、様々な種類が存在するようになりました。

植物の特徴

広範囲に生息している二年草で、レースのような白い小さな花を咲かせます。1.5m位まで成長します。

キャロットシードの効果効能

心への効能

強さを与えて、活気を取り戻させてくれます。気持ちが不安定で抑圧されがちな人をポジティブにし、感情を開放させてくれます。

体への効能

デトックスに効果的なため、むくみや老廃物の蓄積に効果的に働きます。消化器系に働きかけ、食欲不振や消化不良を改善します。

皮膚への効能

スキンケアによく使われる精油です。ダメージ肌、老化肌にも効果的です。若返りや引き締めなど、肌の調子を整えます。

体への効能
  • リンパ系の刺激作用
  • 催乳効果
  • 消化器系の不調改善
  • 浄化作用
  • 抗炎症作用
  • 抗リウマチ作用
  • 食欲増進作用
  • コレステロール低下作用
肌への効能
  • 日焼けの効果をあげる
  • 肌の調子を整える
  • 収斂作用
  • 鎮静作用
  • ニキビを防ぐ
  • 湿疹・乾癬緩和

作用の意味一覧 精油の体への作用

おススメ使い方

芳香浴、ボディー・ハンドケア、スキンケア、クリーム、フレグランス

エッセンシャルオイルの使い方一覧

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

柑橘系、フローラル系の香りと相性がいいです。

精油のブレンドの基本 精油のブレンドレシピ一覧

アーユルヴェーダからみた性質

ドーシャ VPKのバランスを取る
エネルギー(熱性) 熱性
エネルギー(湿度) 湿性

ドーシャの体質診断 ドーシャ アーユルヴェーダの基本

次はこれを要チェック

精油の作用一覧 ハーブの効果効能一覧 植物油脂の種類一覧 フローラルウォーター一覧 エッセンシャルオイルの使い方一覧 精油のブレンドレシピ一覧 アロマセラピーの基本 アロマセラピーの豆知識

スポンサーリンク





注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

参考文献を見る

コメントを残す