サイプレスの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

サイプレス精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. サイプレスの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド
  7. 中医学からみた性質
  8. アーユルヴェーダからみた性質



キーワード&データ

変容、再生

名前 サイプレス、Cypress
学名 Cupressus sempervirens
科名 ヒノキ科
抽出部位 葉、球果
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ミドルノート
注意事項 妊娠中は避ける
香り 【樹木系】フレッシュなグリーン調にほのかにシトラスの香り
主な成分 【モノテルペン炭化水素類α-ピネン(52%)、δ-3-カレン、リモネンなど
陰陽
チャクラ 第4チャクラ
グリーン、パープル
星座 水瓶座
天体 土星、冥王星

他のサイプレスの記事をチェックする: #サイプレス

ストーリー

サイプレスは、古代エジプトでは棺に入れられていました。古くから神聖な木として重宝され、「死」と関連付けられていました。葬式や墓に使われました。地中海沿岸一帯の墓地にはサイプレスが植林されています。

植物の特徴

地中海沿岸地方が原産です。樹齢は50-60年ほどになります。樹高は25-45mで、常緑の高木性針葉樹です。茶色の球形の実がなります。

サイプレスの効果効能

心への効能

受け入れ、流していくことをサポートします。死と再生の香りとも言われます。変化を抑制する恐れをなくし、新しく道を開いていくパワーをもたらし、楽観的に人生の流れに乗って生きていく助けをしてくれます。外的、内的にしても、変化に対して不安になりがちな気持ちが安定してくるようになります。

体への効能

サイプレスは体全体のバリア機能を高めます。つまり免疫力を高め、咳や喘息を抑えます。体内の水分を調整する機能もあるため、それは老廃物の排出、むくみやセルライトの除去にも効果的です。それらはダイエットの際にも役立ちます。婦人科系のトラブルにもよく、月経の不調や更年期にもいいと言われています。

皮膚への効能

サイプレスは中医学では「肺」に対応します。肺は汗や毛穴と関連していることから、サイプレスは皮膚の引き締めや制汗作用などに優れます。また、ニキビや肌荒れにもよい精油です。

体への効能
  • 抗菌作用
  • 抗感染作用
  • 抗リウマチ作用
  • 鎮經作用
  • 制汗作用
  • 鎮静作用
  • デオドラント効果
  • 利尿作用
  • リンパうっ滞除去作用
  • 神経強壮作用
  • 静脈強壮作用
  • 前立腺うっ滞除去作用
  • 収れん作用
  • 強心作用
  • 血管収縮作用
  • 止血作用
  • 女性ホルモン調整作用
肌への効能
  • 収れん作用
  • むくみの緩和
  • 水分調整作用
  • 脂性肌やニキビ肌の殺菌
  • 浄化作用
髪への効能
  •  頭皮の引き締め
その他
  • 空気清浄作用
  • デオドラント作用

作用の意味一覧 精油の体への作用

おススメ使い方

芳香浴、沐浴、ボディー・ハンドケア、ヘアケア、スキンケア、ホームケア、ハウスキーピング

エッセンシャルオイルの使い方一覧

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

柑橘系、樹木系の香りと相性がいいです。

精油のブレンドの基本

機能性ブレンド

精油のブレンドレシピ一覧

中医学からみた性質

陰陽  陰
五行  金(水)
 肺(腎)
 大腸(膀胱)
 魄(志)
四気・湿度  涼・燥

陰陽五行説

アーユルヴェーダからみた性質

ドーシャ  V+, P+, K+
エネルギー(熱性)  保温
エネルギー(湿度)  乾燥性

ドーシャの体質診断 ドーシャ アーユルヴェーダの基本

次はこれを要チェック

精油の作用一覧 ハーブの効果効能一覧 植物油脂の種類一覧 フローラルウォーター一覧 エッセンシャルオイルの使い方一覧 精油のブレンドレシピ一覧 アロマセラピーの基本 アロマセラピーの豆知識

スポンサーリンク





注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

参考文献を見る

コメントを残す