香りのノート(揮発速度)とブレンド|精油・エッセンシャルオイル・アロマの基本

incense

香りのノート 

精油の香りは、ノートによって分けることができます。ノートとは、揮発速度のことで、揮発速度が速いもの、中間のもの、遅いものの3種類にわけられます。これら3種類は、揮発速度が早いものから、トップノート、ミドルノート、ベースノートと言われます。ノートはブレンドをする際に、そのブレンドの印象を決める要素になるのでとても大切です。各ノートの説明と、それに対応する精油、ブレンドするときのコツを紹介していきます。

 






 

ノートと精油

トップノート

一番早い揮発速度です。これは香りを嗅いだ時の一番初めの印象になります。大体20分前後持続します。柑橘系や爽快感のあるハーブ系、樹木系の精油に多いノートです。

トップノートの精油

アニスオレンジカユプテガルバナムカンファーグレープフルーツクレメンタインシトロネラジュニパースペアミントセージタイムタラゴンティートリーディルニアウリバジルヒソップペパーミントベルガモットマンダリンメイチャンメドウスイートユーカリユズライムラヴィンツァラレモンレモングラスローズマリーローレル、など

ミドルノート

トップノートに続いて香る香りです。4時間後くらいまで持続します。ハートノートとも言われ、ブレンドの軸となる香りです。ハーブ系、フローラル系、樹木系、スパイス系の多くがミドルノートに分類されます。

ミドルノートの精油

アイリスアンジェリカイランイランウィンターセイボリーオレガノカッシアカモミールカルダモンキャベッジローズクミンクラリセージクローブクロモジゲットウコリアンダーサイプレスシナモンジャスミンジンジャーゼラニウムダグラスファーチュベローズネロリパインパルマローザファーフェンネルプチグレンブラックペッパーマージョラムマートルミモザメリッサヤロウラバンジンラベンダーロータスローズ、など

ベースノート

一番揮発速度が遅く、6時間以上経っても香りが持続しているものです。ブレンド全体をまとめ、安定させます。オリエンタル系、樹脂系の多くがベースノートに入ります。

ベースノートの精油

アンブレットイモーテルオークモスカカオキャロットシードサンダルウッドシダーウッドタイムトルーバルサムトンカビーンズハチミツバニラパチュリヒノキフランキンセンスベチバーベンゾインマヌカミルララブダナムリナロエウッドローズウッド、など

 

ノートとブレンドのコツ

トップ:ミドル:ベース=4:4:2 もしくは 3:5:2

ブレンドをする際には、すぐに香りが消えてしまったりしないように、トップ、ミドル、ベースノートのバランスが大切です。バランスがいいと、香りを嗅いでから、時間が経つにつれて変化を楽しめます。バランスのいい比率は、上記のトップ:ミドル:ベース=4:4:2 / 3:5:2がいいと言われています。また全体の分量に対する限界量の目安もあります。アルコールなどの基材を含めて、トップ・ミドルノートは10%以下に抑えるといいと言われています。

香りのノートの他にも、より洗練された精油のブレンドには必要なポイントがあります。それらをまとめた詳細は下記になります。

blend_point

 

 

次はこれを要チェック

精油一覧 blend1 aroma_recipes

 

 

スポンサーリンク



 

 


参考文献を見る
@Depositphotos.com/margall1694

コメントを残す