アロマのブレンド方法の基本|精油・エッセンシャルオイル・アロマオイル

精油のブレンド 精油のブレンドはとても奥が深いです。特別な規則はなく、個人の好みもあります。一番大切なことは、型にはまらず、いろいろ試してみることだと思います。一般的に人気の精油を使用していれば、それ自体の香りがとてもい...

精油のブレンドに必須!賦香率と限界量|アイテムごとの香りの希釈割合

賦香率と限界量 香水や化粧品など、香りが含まれるものを作る場合、賦香率と限界量を考慮することが大切になります。簡単に言うと、賦香率とは製品に含まれる香料の割合のこと、限界量は、製品全体に対して一つの精油が使える限度量のこ...

精油の香りの強さとブレンドのこつ|アロマのブレンドファクター

香りの強さとブレンド 精油は種類によって、香りの強さが異なります。一滴だけでとても強い香りのものは、ブレンドの時はその香りしかしなくなってしまうので特に注意が必要です。精油をブレンドする際にとても大切な要素のひとつである...

抽出部位と心理作用の関係|アロマとハーブの基本

精油とハーブティーと抽出部位 精油やハーブティーの成分の抽出部位は、その心理効果に大きく影響します。例えば、大地に強く伸び、栄養を吸収する根から抽出される精油と、優雅に可憐に咲いている花から抽出される精油は、もとからもつ...

香りのノート(揮発速度)とブレンド|精油・エッセンシャルオイル・アロマの基本

香りのノート  精油の香りは、ノートによって分けることができます。ノートとは、揮発速度のことで、揮発速度が速いもの、中間のもの、遅いものの3種類にわけられます。これら3種類は、揮発速度が早いものから、トップノート、ミドル...

10系統に分類!体への作用|精油・エッセンシャルオイル・アロマの基本

精油の体への作用 精油(エッセンシャルオイル)には、沢山の種類の化学物質でできていて、その効能も膨大な数があります。一つの精油の中でも多くの効果があります。たとえば、パルマローザ精油の化学成分は、ゲラニオール、酢酸ゲラニ...

植物の学名の意味と規則を知る|アロマ・ハーブ・園芸の基本

植物の学名 アロマやハーブのことを知ろうとすると、必ずその植物の「学名」を見かけると思います。普通に植物を鑑賞するだけの場合は、ラベンダーはラベンダーであって、学名まで細かく見る必要はそこまでないかもしれません。しかし、...

香りの系統と特徴|精油・エッセンシャルオイル・アロマの基本

香りの7分類 精油は香りの系統を大きく7つに分けられます。各精油には独特な様々な効能がありますが、この系統によって私たちに与える大まかな影響を分類できます。また、この系統は、精油をブレンドする際にも役立ちます。ブレンドす...

植物の属科の特徴と効能の関係|アロマとハーブの基本

植物の属科 植物のプロフィールを見ると、フトモモ科、キク科などと、必ず属する科名がわかると思います。同じ国に住む人たちの考え方や習慣が似ているように、植物も属する科によって似た性質を持っています。そのため、属する科で精油...

精油や植物油脂、フローラルウォーターの抽出方法

抽出方法の種類 植物から有効成分を取り出して利用する精油や油脂は、その抽出方法にいくつかの種類があります。フローラルウォーターは水蒸気蒸留法でしか取れませんが、精油やキャリアオイル(植物油脂)は、植物の種類によって抽出方...

Pages:12»