ラベンダーの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

 Lavender

ラベンダー精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. ラベンダーの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド
  7. 中医学からみた性質
  8. アーユルヴェーダからみた性質

 






 

キーワード&データ

癒し、自己表現

 

名前 ラベンダー、真正ラベンダー、トゥルーラベンダー、Lavender
学名 Lavandula angustifolia
科名 シソ科
抽出部位 花、葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ミドル(~トップ)ノート
注意事項 低血圧の人は避ける
香り 【フローラル系】ハーブとフローラルが融合した香り
主な成分 エステル類酢酸リナリル、リナロール、cis-β-オシメン、テルピネン-4-オールなど
陰陽 陰陽
チャクラ 第7チャクラ、第3,6チャクラ
パープル
星座 乙女座
天体 水星

関連記事まとめ:#ラベンダー

 

ストーリー

原産地はヨーロッパと言われていますが、今では世界中で栽培されている人気ハーブです。古代ローマ人はラベンダーを入れ入浴していたと言われています。ラベンダーの語源はラテン語の「洗う」から来たものです。中性には、伝染病の予防のために、協会に敷かれていました。

 

植物の特徴

ラベンダーは耐寒性の低木で高さは1m位になります。やせた土地を好みます。ブルガリアやフランスを中心に世界中で栽培されています。ラベンダーの種類は多岐にわたります。精油に使われるラベンダーの近種の比較は下記をご覧ください。

lavender

 

ラベンダーの効果効能

心への効能

ラベンダーは心の中核を支える働きがあります。感情の全体のバランスをとってくれ、心を落ち着かせてくれます。また、溜まってしまった感情を解き放つ作用もあります。押し殺して行き場のなくなった感情を解消してくれます。特に、人の目を気にして自分の気持ちを表現できずにいる人を助けてくれます。

体への効能

ラベンダーは150種類以上の効能がすでに認められています。様々なこうのうがありますが、特に、冷やし、緊張をほぐす作用があります。冷やす効果は炎症や傷みを抑えます。また緊張の緩和は、神経性の緊張、不眠、高血圧、動機、頭痛、イライラなどを緩和します。更に、抗感染作用も優れていて、泌尿器や生殖器系、呼吸器系の感染症に効果的です。

皮膚への効能

肌には火傷の治癒にとても有名な精油です。肌の再生効果や、炎症の改善効果があります。皮膚炎や乾癬、湿疹など、あらゆる皮膚の悩みに有効です。

 

体への効能
  • 鎮痛作用
  • 抗菌作用
  • 抗真菌作用
  • 抗感染作用
  • 抗炎症作用
  • 抗リウマチ作用
  • 鎮經作用
  • 安眠作用
  • 抗ウイルス作用
  • 鎮静作用
  • 心臓強壮作用
  • 胆汁分泌促進作用
  • 血圧降下作用
  • 呼吸器系の不調改善
  • 駆寄生虫作用
  • 神経バランス作用
  • 抗微生物活性作用
肌への効能
  • 瘢痕形成作用
  • 抗炎症作用
髪への効能
  • 脱毛の予防
  • 髪の強壮

effects10effects

 

おススメ使い方

芳香浴、沐浴、ボディー・ハンドケア、ヘアケア、スキンケア、クリーム、フレグランス、ホームケア、ハウスキーピング

aroma_recipes

 

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

殆どすべての香りと相性がいいです。特にクセのある強い香りのものや、強い香りのものと合わせると、クセが弱まります。

blend_point ブレンド

機能性ブレンド

blend1

 

中医学からみた性質

陰陽  陰陽
五行  火(木)
 心(肝)
 小腸(胆)
 神(魂)
四気・湿度  涼・燥

陰陽五行

 

アーユルヴェーダからみた性質

ドーシャ  V±, P-, K-
エネルギー(熱性)  冷却
エネルギー(湿度)  中性

check_dosha dosha ayurveda0

 

 

 

次はこれを要チェック

essentialoils herbs floralwater vegetableoils

 

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。
参考文献を見る
画像@ Depositphotos.com/Bienchen

コメントを残す