月星座と過ごし方|自然に調和したライフスタイル

moonsign

月星座

月の満ち欠けと私たちの生活が密接に関わっていることは「月の満ち欠けと過ごし方」の中でお伝えしました。月は形が移り変わるという特徴と共に、星座との関連もあります。それは「月星座」と呼ばれ、私たちに影響を及ぼします。月の満ち欠けと月の星座を一緒に考えると、より自然に調和したライフルタイルを送るヒントが見つけられます。
 






 

月星座とは

自分の星座をほとんどの人が知っているかと思いますが、それは生まれた時の太陽がどの星座に位置していたかを言う太陽星座を示しています。地球は一年かけて太陽をまわるので、約1カ月間、一つの星座が続き、1年で12星座を移動します。一方、月星座は、月がどの星座に位置しているかを見ます。約1カ月かけて月は地球を1周するので、月は同じ星座に約2,3日滞在し移り変わっていきます。また、各星座は私たちの体や心に関わる性質を持っています。月がどの星座に位置するかによって、その星座に対応する私たちの体や心が何らかの形で変化しています。例えば、人によって影響の仕方は様々ですが、月星座が頭を支配する牡羊座の位置にある時、頭のマッサージがいつもよりよく効く、といった具合です。その影響を応用すると、月星座に合わせてどのように過ごしたらいいかが分かってきます。ここでは特に、精神的な面に焦点を当てて、月星座ごとの過ごし方を紹介しています。

 

月星座と過ごし方

各月星座によってどのような特徴があるのか、そしてどのように過ごしたらいいかを紹介します。特に満月と新月の時は、その月星座の特徴が強く現れます。

牡羊座の月:はじまり

ohitsuji牡羊座は12星座の中で一番初めの「スタート」を象徴する星座です。そのため、月星座が牡羊座の日は、新しく何かを始めることに向いている日です。新月が牡羊座に重なる時は、その力が更に高まります。月の満ち欠けの一番始まりである新月も、新しく何かを始めることに向いているからです。満月が牡羊座の時は、牡羊座の新月に始めたことが何らかの形で現われます。振り返って軌道修正が必要なら行います。どんどん自分の道を進んでいくのはいいですが、回りが見えなくなりすぎていないか、自分のことだけになっていないか、などがポイントになります。牡羊座の基本詳細は「牡羊座の特徴」へ。

 

牡牛座の月:安定

oushi牡牛座は、安定や財産を象徴する星座です。長期的視野、資産や貯蓄と関連しています。そのため、月星座が牡牛座の時は、自分が継続して続けたいこと、将来への展望、財産や貯蓄に関して考えたり、行動したりするのに向きます。また、美的感覚が敏感になる時期でもあります。特に新月が牡牛座の時は、更にその力が高まります。満月が牡牛座の時は、牡牛座の新月の時に考えた、または行動したことが何らかの形で現われます。自分の欲求が行き過ぎていないか、自分だけの利益を考えていないか、何かに執着しすぎていないか、などを振り返る時です。また、感情が高ぶる満月の時に、牡牛座の特徴でもある音楽やアートなどに触れるのはとてもいいタイミングです。牡牛座の基本詳細は「牡牛座の特徴」へ。

双子座の月:コミュニケーション

futago双子座はコミュニケーションを象徴する星座です。情報収集や変化、好奇心とも関連しています。そのため、月星座が双子座の時は、何かを知ること、コミュニケーションをとること、変化をもたらすことに向いています。新月が双子座の時は、その力が更に強まります。満月が双子座に重なった時は、双子座の新月の時に行ったことが何らかの形で結果として現れます。それに応じて、上辺だけの情報に振り回されていないか、好奇心を優先しすぎてまわりが見えなくなっていないか、などを振り返る時期です。満月の時は、人とわかちあうことに向く日です。そのため、双子座の満月のときに大勢の人と会ったり、パーティーをしたりするのはどの日よりも向いています。双子座の基本詳細は「双子座の特徴」へ。

蟹座の月:家族

kani蟹座は心の内側や家族を象徴する星座です。そのため、月星座が蟹座の時は、感受性が高まり、理性より感情が優先されやすくなります。家族や愛する人のために何かをしたり、逆に自分が甘えることが心地いい日です。また、蟹座は記憶とも関わりがあります。愛する人との思い出の地を訪れたり、歴史あるものに触れ合ったりすることに向いています。新月が蟹座の時は、その力が更に強まります。満月が蟹座に重なった時は、蟹座の新月の時に行ったことが何らかの形で結果として現れます。家族や自分を優先しすぎてまわりをないがしろにしていないか、繊細な感受性が行き過ぎてネガティブになりすぎていないか、などを振り返る時期です。満月の時はより感情が優先される時です。そのため、蟹座の満月のときは特に、重要な決断をすることは避けます。蟹座の基本詳細は「蟹座の特徴」へ。

獅子座の月:自己表現

shishi獅子座は自己表現や情熱を象徴する星座です。創造性とも関連しています。そのため、月星座が獅子座の時は、自分を肯定すること、自己啓発、クリエイティブな活動に向いています。新月が獅子座の時は、その力が更に強まります。満月が獅子座に重なった時は、獅子座の新月の時に行ったことが何らかの形で結果として現れます。謙虚さを忘れていなかったか、わがままになりすぎていなかったか、自分を正当化しすぎていなかったか、などを振り返る時期です。満月の時は、特に気分が高揚します。そのため、獅子座の満月のときにはより自己表現をすることに向き、自分を否定するようなことを考えるのは向きません。獅子座の基本詳細は「獅子座の特徴」へ。

乙女座の月:癒し

otome乙女座は健康や癒しを象徴する星座です。そのため、月星座が双子座の時は、食生活や毎日の習慣、美容について考えることに向いています。新月が乙女座の時は、特にそれらを始めることに向きます。つまり、新しく健康な食生活を始めたり、悪習慣を絶ったり、新しい美容法を試したり、ジムに通い始めたり、といったことです。満月が乙女座に重なった時は、乙女座の新月の時に行ったことが何らかの形で結果として現れます。新月にはじめたことにとらわれ過ぎていないか、完璧主義になりすぎてストレスになっていないか、などを振り返る時期です。満月の時はとくに感受性が豊かになるため、ネガティブな方向に考えがちになることもありますが、ありのままの自分を受け入れることが大切です。乙女座の基本詳細は「乙女座の特徴」へ。

天秤座の月:バランス

tenbin天秤座は社会性やバランスを象徴する星座です。そのため、月星座が天秤座の時は、理性を優先し、公平な判断をしたり、バランス感覚が大事なことをしたり、人間関係を良好に保つようなことに向いています。また、結婚に関わることにも向きます。新月が天秤座の時は、その力が更に強まります。満月が天秤座に重なった時は、天秤座の新月の時に行ったことが何らかの形で結果として現れます。まわりを考え過ぎて自分を見失っていないか、他の人の意見に振り回されていいないか、自分の感情を押し込み過ぎていないか、などを振り返る時期です。満月の時は、人とわかちあうことに向く日です。天秤座は更に一対一のコミュニケーションに向くので、天秤座の満月のときに恋人や親しい友人と出かけたりすることに向きます。天秤座の基本詳細は「天秤座の特徴」へ。

蠍座の月:心の内面

sasori蠍座は精神性や強い意志を象徴する星座です。自分の内側や物事の本質と関連しています。そのため、月星座が蠍座の時は、自分の心の奥にあるものに向き合ったり、神秘的なものに興味を持ったり、高い精神性について考えたりすることに向いています。新月が蠍座の時は、特に本当の自分に気づき、新しい自分をスターさせることや、浄化させることに向いています。満月が蠍座に重なった時は、蠍座の新月の時に行ったことが何らかの形で結果として現れます。精神性を重視しすぎて他のものを軽視していないか、自分を正当化しすぎて違うものを排除していないか、などを振り返る時期です。満月の時は、より感受性が豊かになるので、蠍座の満月のときには特に、ネガティブな方向に考えすぎないように気をつけます。蠍座の基本詳細は「蠍座の特徴」へ。

射手座の月:真理

ite射手座は物事の真理を象徴する星座です。真理に光をあて、それを広めることに関連します。月星座が射手座の時は、何かを深く学ぶこと、楽観的に物事を考えることに向いています。また海外の文化に興味を持ったり、旅行やアウトドアに関することにも向いています。新月が射手座の時は、その力が更に強まります。何かの学問を学び始めるには最適です。満月が射手座に重なった時は、射手座の新月の時に行ったことが何らかの形で結果として現れます。自分が見つけた真理を人に押し付けすぎていないか、自分の直観を重要視しすぎて他人を振り回していないか、などを振り返る時期です。射手座の基本詳細は「射手座の特徴」へ。

 

山羊座の月:社会

yagi山羊座は仕事や社会を象徴する星座です。秩序や規則とも関連します。そのため、月星座が山羊座の時は、仕事の目標設定やスケジュール管理、規則作りに向いています。新月が山羊座の時は、その力が更に強まるので、特に目標設定したことをスタートさせたり、新事業を始めたり、重要な仕事を始めるのに向いています。満月が山羊座に重なった時は、山羊座の新月の時に行ったことが何らかの形で結果として現れます。仕事ばかりになっていないか、目標達成を考えすぎてまわりが見えなくなっていないか、規則にがんじがらめになっていないか、などを振り返る時期です。山羊座の基本詳細は「山羊座の特徴」へ。

水瓶座の月:独創性

mizugame水瓶座は革命や独創性を象徴する星座です。そのため、月星座が水瓶座の時は、新しい可能性を見出したり、変化を起こす、グローバスな視野で考える、人道的なことに関わる、などに向いています。新月が水瓶座の時は、その力が更に強まります。革新的なアイディアがひらめくかもしれません。また価値観を共有できる人と時間を共有することに向きます。満月が水瓶座に重なった時は、水瓶座の新月の時に行ったことが何らかの形で結果として現れます。人と違うことに固執しすぎていないか、新しいことにこだわりすぎて大切なルールを破っていないか、などを振り返る時期です。水瓶座の基本詳細は「水瓶座の特徴」へ。

魚座の月:スピリチュアル

uo魚座は精神世界や感情を象徴する星座です。そのため、月星座が魚座の時は、スピリチュアルなことと関わることや瞑想に向いています。インスピレーションがもたらされたり、他の人への共感能力も強くなります。新月が魚座の時は、その力が更に強まります。満月が魚座に重なった時は、魚座の新月の時に行ったことが何らかの形で結果として現れます。他の人の感情を優先しすぎていないか、誰かのためという理由で自分を正当化していないか、精神世界を重要視するあまり現実逃避をしていないか、などを振り返る時期です。魚座の基本詳細は「魚座の特徴」へ。

 

 

月と自然のカレンダー

具体的に今日は何の月星座なのか?月星座と月の満ち欠け、旧暦を網羅したオリジナルのカレンダーを紹介しています。詳細は下記をご覧ください。

calendar

 

月星座と時期

月の満ち欠けを月星座の大まかな時期をまとめています。

星座 新月 満ちていく月 満月 欠けていく月
牡羊座 3/21-4/20頃 10-4月 9/24-10/23頃 4-10月
牡牛座 4/21-5/21頃 11-5月 10/24-11/22頃 5-11月
双子座 5/22-6/21頃 12-6月 11/23-12/21頃 6-12月
蟹座 6/22-7/22頃 1-7月 12/22-1/20頃 7-1月
獅子座 7/23-8/22頃 2-8月 1/21-2/18頃 8-2月
乙女座 8/23-9/23頃 3-9月 2/19-3/20頃 9-3月
天秤座 9/24-10/23頃 4-10月 3/20-4/20頃 10-4月
蠍座 10/24-11/22頃 5-11月 4/21-5/21頃 11-5月
射手座 11/23-12/21頃 6-12月 5/22-6/21頃 12-6月
山羊座 12/22-1/20頃 7-1月 6/22-7/22頃 1-7月
水瓶座 1/21-2/18頃 8-2月 7/23-8/22頃 2-8月
魚座 2/19-3/20頃 9-3月 8/23-9/23頃 3-9月

 

 

スポンサーリンク



 

 


参考文献を見る
画像@ Depositphotos.com/I_g0rZh

 

コメントを残す