イランイランの効果効能|アロマオイル・精油・エッセンシャルオイル紹介

YlangYlang

イランイラン精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. イランイランの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド
  7. 中医学からみた性質
  8. アーユルヴェーダからみた性質

 






 

キーワード&データ

自信、楽しさ、落ち着き、官能

名前 イランイラン、Ylang Ylang
学名 Cananga odorata var. genuina
科名 バンレイシ科
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート
  • エクストラ、1st、コンプリート・・・ベースノート
  • 2nd、3rd・・・ミドルノート
注意事項 妊娠中は避ける、刺激強、低血圧の人は避ける
香り 【オリエンタル系】エキゾチックな甘い香り
主な成分
  • エクストラ、1st、コンプリート・・・【エステル類】安息香酸ベンジル、サリチル酸メチル、オノイゲール、ゲラニオールなど
  • 2nd、3rd・・・セスキテルペン炭化水素類ゲルマクレンD、ファネッセン、βカリオフィレン、安息香酸ベンジルなど
陰陽
チャクラ 第2チャクラ
オレンジ、イエロー
星座 獅子座、牡牛座
天体 金星

関連記事まとめ:#イランイラン

 

ストーリー

イランイランはフィリピン地方では「そよ風に揺れる花々」という語源から派生し、「花の中の花」という意味を持っています。インドネシアでは古くから、新婚初夜のベッドに敷かれていました。熱帯地方の暑さの中に、イランイランの甘い香りが広がると、エキゾチックなリラックス感と、官能的な雰囲気、喜びをもたらします。フランスの長い香水の歴史においても欠かせない香りとして使われていました。イランイランにはグレードによってさまざまな種類があります。一般的には、エクストラ、1st、2nd、3rd、コンプリートに分かれます。成分や香りが異なります。詳細は下記へ

ylangylang

 

植物の特徴

主な産地はフィリピン、レユニオン、マダガスカルです。 イランイランは熱帯の常緑高木で、高さ20mにもなります。黄色い香り高い花を咲かせます。花の色は、黄緑色から成長するにつれて濃い黄色になっていきます。

 

イランイランの効果効能

心への効能

心には鎮静と興奮のバランスをとる作用があります。心を落ち着かせリラックスするとともに、精神を高揚させ、楽しさや喜びの感情をもたらします。自信を取り戻すことを促してくれるので、イライラや落ち着きのなさが和らぎます。女性的なエネルギーを高めてくれる性質もあります。

体への効能

神経系の鎮静作用があり、熟睡を促します。その鎮静作用は動悸、高血圧、頻脈、てんかん症の発作などにもいいと言われています。古くから感染症にも使用され、殺菌消毒作用があります。イランイランは、催淫作用があり、女性ホルモンの調整や、生殖系の不調改善にも役立つと言われています。

皮膚への効能

肌を潤し、滑らかにし、若返りにいいと言われています。頭皮にもよく使用され、脱毛予防や髪の成長促進、頭皮の皮脂バランス調整に役立ちます。

 

体への効能
  • 抗うつ作用
  • 抗糖尿病作用
  • 消炎作用
  • 抗寄生虫作用
  • 鎮經作用
  • 鎮静作用
  • 血圧降下作用
  • 性的強壮作用
  • 女性ホルモン調整作用
  • 子宮強壮作用
  • 殺菌消毒作用
  • 過呼吸症状の緩和
  • 催淫作用
肌への効能
  • 皮脂バランス調整作用
髪への効能
  • 頭皮の刺激・強壮作用
  • 脱毛予防
  • 頭皮の皮脂バランス調整
  • 髪の成長促進

effects10effects

 

おススメ使い方

芳香浴、沐浴、ヘアケア、フレグランス

aroma_recipes

 

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

イランイランはとても強い香りなので、少量をブレンドしてください。オリエンタル系、柑橘系の香りと相性がいいです。

blend_point ブレンド

機能性ブレンド

blend1

 

中医学からみた性質

陰陽  陰
五行  火
 心
 小腸
 神
四気・湿度  涼・湿

陰陽五行

 

アーユルヴェーダからみた性質

ドーシャ  V-, P-, K+
エネルギー(熱性)  冷却
エネルギー(湿度)  保湿

check_dosha dosha ayurveda0

 

 

 

次はこれを要チェック

essentialoils herbs floralwater vegetableoils

 

 

 

スポンサーリンク




 

 


注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。
参考文献を見る
@ Depositphotos.com/pierivb

コメントを残す