ローズウッドの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

rosewood2

ローズウッド精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. ローズウッドの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド
  7. 中医学からみた性質
  8. アーユルヴェーダからみた性質

 






 

キーワード&データ

癒し、バランス

 

名前 ローズウッド、Rosewood
学名 Aniba rosaeodora
科名 クスノキ科
抽出部位 木部
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ミドルノート
注意事項 特になし
香り 【樹木系】ウッディーな香りにほのかに甘さとスパイシーさがある香り
主な成分 【モノテルペンアルコール類】リナロール(88%)、α-テルピネオール、リモネン、ゲラニオールなど
陰陽
チャクラ 第7チャクラ、第8チャクラ
パープル、マゼンタ
星座 魚座
天体 太陽

関連記事まとめ: #ローズウッド

 

ストーリー

ブラジルをはじめ、南米の熱帯雨林に生息しています。古くから家具の材料としても世界中で使われていましたが、今は絶滅が心配されています。

 

植物の特徴

アロマセラピーで使用されるローズウッドはAniba rosaeodoraですが、一般にローズウッドというと他の種類も存在します。南米に自生していますが、特にブラジルでは絶滅危惧種となっていて、植林されたものからしか精油を取ることができません。

 

ローズウッドの効果効能

心への効能

甘く優しい香りですが、熱帯雨林で長い間生き続けるローズウッドには芯の強さもあります。気を使いすぎたり、精神的に疲れてしまっている時、または過去のトラウマにとらわれてしまうようなとき、ローズウッドは強力な癒しを与えてくれます。気持ちを楽にしてバランスを取り戻してくれる香りです。また、高次元の愛や慈悲の心とつながります。

体への効能

体に対しても強力な癒し=疲労回復が期待できます。体のバリア機能を高めるので、免疫活性作用や強壮作用があります。抗菌、抗ウイルス、抗真菌作用などにも優れ、呼吸器系・泌尿器系・婦人科系の感染症にもいいと言われています。

皮膚への効能

肌にも優れた効果が期待できます。炎症を静めるので、皮膚炎やニキビに効果的です。また保湿作用やハリを与える作用があるので、成熟肌やしわ、たるみにおすすめです。妊娠線の防止にも役立ちます。

 

体への効能
  • 免疫活性作用
  • 強壮作用
  • 殺菌消毒作用
  • 鎮痛作用
  • 鎮静作用
  • 頭痛の緩和
  • 血行促進作用
  • デオドラント作用
  • 催淫作用
  • 抗菌作用
  • 抗真菌作用
  • 抗ウイルス作用
  • 中枢神経抑制作用
  • 血液浄化作用
  • 細胞再生作用
  • 消毒作用
  • 催淫作用
肌への効能
  • 保湿作用
  • 抗炎症作用
  • シワの改善
  • 老化防止作用
  • 皮膚軟化作用
  • 妊娠線の防止
髪への効能
  • 皮脂分泌抑制作用

effects10effects

 

おススメ使い方

芳香浴、沐浴、ボディー・ハンドケア、ヘアケア、スキンケア、クリーム、フレグランス

aroma_recipes

 

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

柑橘系、フローラル系の香りと相性がいいです。

blend_point ブレンド

機能性ブレンド

blend1

 

中医学からみた性質

陰陽  陰
五行  水
 腎
 膀胱
 志
四気・湿度  涼

陰陽五行

 

アーユルヴェーダからみた性質

ドーシャ  V-, P+, K-
エネルギー(熱性)  保温
エネルギー(湿度)  保湿性

check_dosha dosha ayurveda0

 

 

 

次はこれを要チェック

essentialoils herbs floralwater vegetableoils

 

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。
参考文献を見る
@Depositphotos.com/ sjallenphoto

 

コメントを残す