Aroma,  各精油のアロマ効能

プチグレン・マンダリンの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

プチグレン・マンダリン精油 

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. プチグレン・マンダリンの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド



キーワード&データ

トラウマの克服

名前 プチグレン・マンダリン、プチグレン・タンジェリン、Petitgrain Mandarin
学名 Citrus reticulata Blanco var.Mandarin
科名 ミカン科
抽出部位 葉、枝
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ミドルノート
注意事項 抗うつ剤服用者は注意
香り 【樹木系】ぶどうに似たフルーティーな香りが混ざった、ウッディ-系の香り
主な成分 【エステル類】アンスラニル酸-N-ディメチル(50%)、y-テルピネン、リモネン、p-サイメン、リノレン酸エチル、パルミチン酸エチル、テルピネン-4-オールなど
陰陽
チャクラ 第3チャクラ
イエロー

その他のマンダリン、プチグレンの記事をチェック: #マンダリン#プチグレン

ストーリー

一般的にプチグレンというと、ビターオレンジの枝と葉から抽出したものを指しますが、マンダリンからも抽出されます。しばしばタンジェリンと混同され、この精油もプチグレンマンダリンやプチグレンタンジェリンと言われます。アメリカではタンジェリンをより広い意味で使われているようで、マンダリンと同じ意味を指している場合があります。

植物の特徴

マンダリンとタンジェリンを植物学的に見た場合、どの分類法を使うかによって意見が分かれます。一つの説は、マンダリンとタンジェリンは同じCitrus reticulataの一種であるという考え方です。もう一つは、タンジェリンはCitrus tangerinaというマンダリンとは違う種類とする考え方です。どちらにせよ、二つはとても似た性質を持っています。

プチグレン・マンダリンの効果効能

心への効能

強い抗うつ作用があります。小さい頃のトラウマを手放す手助けをしてくれます。自然と影響されている親の考え方などから離れ、自分が何を信じるかを知る手助けをしてくれます。

体への効能

気管支炎、筋肉の痙攣、食欲増進、PMSなどの症状に有効です。

皮膚への効能

妊娠中ストレッチマークの防止に役立ちます。スキンケアにも向いていて、ニキビや脂性肌のスキントナーやクレンジングに最適です。バスやマッサージに使用することで、デトックスも期待できます。皮膚を柔らかくし、エモリエント効果があります。

体への効能
  • 強い抗うつ作用
  • ストレス解消作用
  • 鎮静作用
  • 鎮痙作用
  • 血圧降下作用
  • 神経バランス作用
  • 抗炎症作用
  • 鬱滞除去作用
  • 抗菌作用
  • 抗ウイルス作用
  • 鎮咳作用
  • 免疫向上作用
肌への効能
  • 皮膚軟化作用
  • デトックス作用
  • エモリエント作用

作用の意味一覧 精油の体への作用

おススメ使い方

芳香浴、沐浴、ボディー・ハンドケア、ヘアケア、スキンケア、クリーム、フレグランス、ホームケア、ハウスキーピング

エッセンシャルオイルの使い方一覧

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

精油のブレンドの基本

機能性ブレンド

精油のブレンドレシピ一覧

次はこれを要チェック

精油の作用一覧 ハーブの効果効能一覧 植物油脂の種類一覧 フローラルウォーター一覧 エッセンシャルオイルの使い方一覧 精油のブレンドレシピ一覧 アロマセラピーの基本 アロマセラピーの豆知識

スポンサーリンク





注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

参考文献を見る