セロリの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

セロリ精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. セロリの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド



キーワード&データ

鎮静、元気

名前 セロリ、セロリシード、Celery
学名 Apium graveolens
科名 セリ科
抽出部位 種子
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ミドルノート
注意事項 妊娠中は避ける、刺激強
香り 【スパイス系】フレッシュで温かい、スパイス系の香り
主な成分 【モノテルペン炭化水素類】リモネン(45%)、α-セリネン、セラノライド、n-ブチルフタライド、β-エレメンなど
陰陽

その他のセロリの記事をチェック: #セロリ

ストーリー

悲しみや死を象徴するといわれ、古代より、宗教的な儀式に使用されてきた歴史ある植物です。根や茎、葉などすべてが食べられることから、食用としても広がりました。

植物の特徴

セロリはせり科の植物で、ヨーロッパが原産です。日本には16世紀頃伝わったと言われています。黄色種、緑色種やおれらの交雑種などいくつかの種類があります。

セロリの効果効能

心への効能

鎮静させるとともに、元気づける作用があります。気持ちを落ち着かせ、リラックスすることで、内側から元気を取り戻すことができます。

体への効能

浄化作用が強いため、利尿作用により老廃物を排出し、血液を浄化します。解毒作用にも優れます。

皮膚への効能

皮膚へはシミやソバカスを取り除き美白効果がが期待できると言われています。瘢痕形成やむくみの緩和にもいいと言われています。

体への効能
  • 強壮作用
  • 駆風作用
  • 浄化作用
  • 利尿作用
  • 血圧降下作用
  • 鎮静作用
  • 抗酸化作用
  • 健胃作用
  • 消化促進作用
  • 食欲増進作用
  • 通経作用
  • 月経促進作用
  • 抗菌作用
  • 腸蠕動活性作用
  • 保温作用
  • 解毒作用
  • 腎臓排泄促進作用
肌への効能
  • 瘢痕形成作用
  • むくみの改善
  • シミ・ソバカスの改善

作用の意味一覧 精油の体への作用

おススメ使い方

芳香浴、スキンケア、クリーム、ホームケア

エッセンシャルオイルの使い方一覧

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

ハーブ系、柑橘系、スパイス系の香りと相性がいいです。

精油のブレンドの基本

機能性ブレンド

精油のブレンドレシピ一覧

次はこれを要チェック

精油の作用一覧 ハーブの効果効能一覧 植物油脂の種類一覧 フローラルウォーター一覧 エッセンシャルオイルの使い方一覧 精油のブレンドレシピ一覧 アロマセラピーの基本 アロマセラピーの豆知識

スポンサーリンク





注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

参考文献を見る

コメントを残す