パセリ・リーフの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

パセリ・リーフ精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. パセリ・リーフの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド



キーワード&データ

自信

名前 パセリリーフ、Parsley Leaf
学名 Petroselinum sativum
科名 セリ科
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ミドルノート
注意事項 妊娠中・幼児・授乳中避ける、てんかん症・腎臓疾患・消化性潰瘍の場合は避ける
香り 【ハーブ系】パセリシードよりフレッシュなハーブ調の香り
主な成分 【フェノールエーテル類】ミリスチシン(85%)、アピオールなど
陰陽

その他のパセリの記事をチェック: #パセリ

ストーリー

パセリリーフはパセリの葉から抽出した精油です。パセリシードの方が多く出回っています。色々な作用が期待できますが、ミリスチシンやアピオールが含まれるため、アロマセラピーで使用することはあまり一般的ではありません。シードと比べ、リーフの方がミリスチシンの含有率が高く、アピオールが少ないのが特徴です。

植物の特徴

パセリは二年草で、草丈50~80mほどになります。白や黄緑の花を咲かせます。

パセリ・リーフの効果効能

心への効能

自分を信じることを手助けしてくれます。そこから、他人を信じることができるようにさせてくれます。

体への効能

抗感染力に優れ、特に泌尿器系の感染症にいいと言われています。リウマチ、関節炎、疝痛と言った痛みの鎮静や、鎮痙をします。腎臓を刺激し鎮静させる働きがあります。その他、アタマジラミ、痔にもいいと言われています。

体への効能
  • 鎮痛作用
  • 消化促進作用
  • 鼓脹作用
  • エストロゲン作用
  • 抗感染作用
  • 催乳作用
髪への効能
  • アタマジラミの治癒

作用の意味一覧 精油の体への作用

おススメ使い方

芳香浴

エッセンシャルオイルの使い方一覧

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

精油のブレンドの基本 精油のブレンドレシピ一覧

次はこれを要チェック

精油の作用一覧 ハーブの効果効能一覧 植物油脂の種類一覧 フローラルウォーター一覧 エッセンシャルオイルの使い方一覧 精油のブレンドレシピ一覧 アロマセラピーの基本 アロマセラピーの豆知識

スポンサーリンク





注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

参考文献を見る

コメントを残す