ブルータンジーの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

ブルータンジー精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. ブルータンジーの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド



キーワード&データ

平和、平等

名前 ブルータンジー、タナセタム、Blue Tansy
学名 Tanacetum annuum
科名 キク科
抽出部位 葉、花
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ミドルノート
注意事項 妊娠中・幼児は避ける、刺激強、てんかん症は避ける
香り 【ハーブ系】甘くフルーティーな香り
主な成分 【モノテルペン炭化水素類】リモネン、カンファー、カマズレン、サビネン、ピネン、ミルセン、α―フェランドレン、パラシメンなど
陰陽

その他のタンジーの記事をチェック: #タンジー

ストーリー

毒性が強いコモンタンジーの精油に比べて、ブルータンジーは使いやすい精油です。ブルータンジーは、青い精油のため、ジャーマンカモミールと混同されることもあります。成分はジャーマンカモミールローマンカモミールを混ぜたような感じです。ブルータンジーはまれにモロッコカモミールと呼ばれることもありますが、モロッコカモミールはまた別にChamaemelum mixtum(ワイルドカモミールとも呼ばれる)という種類があるので注意が必要です。

植物の特徴

ブルータンジーはキク科の黄色い管状花で、コモンタンジーとよく似ています。精油になるとカマズレンが含まれるため、キレイなブルーになります。これはジャーマンカモミールがブルーになるのと同じ理由です。毒性の強いコモンタンジーの精油は黄色なので、間違えないように注意してください。成分構成も全く違います。

ブルータンジーの効果効能

心への効能

不安や混乱を鎮め、心の中に平和をもたらしてくれます。ストレスを緩和させリラックスさせてくれます。

体への効能

抗ヒスタミン、抗アレルギー作用に優れ、喘息や肺気腫、にいいと言われています。免疫系をサポートし、風邪、インフルエンザ、その他の感染症にも効きます。高血圧、回虫、消化不良などにも有効です。

皮膚への効能

ブルータンジーはスキンケアに向く精油です。アレルギー症状をさえ、傷を緩和させ、肌の調子を整えます。火傷、痒み、皮膚炎にも有効です。放射線熱傷の治療に使用されることがあるそうです。

体への効能
  • 抗ヒスタミン作用
  • 抗アレルギー作用
  • 抗感染作用
  • 免疫向上作用
  • 抗ウイルス作用
  • 抗菌作用
肌への効能
  • 創傷治癒作用
  • 抗炎症作用
  • 上皮形成作用

作用の意味一覧 精油の体への作用

おススメ使い方

芳香浴、沐浴、ボディー・ハンドケア、スキンケア、クリーム、フレグランス、ホームケア

エッセンシャルオイルの使い方一覧

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

精油のブレンドの基本

機能性ブレンド

精油のブレンドレシピ一覧

次はこれを要チェック

精油の作用一覧 ハーブの効果効能一覧 植物油脂の種類一覧 フローラルウォーター一覧 エッセンシャルオイルの使い方一覧 精油のブレンドレシピ一覧 アロマセラピーの基本 アロマセラピーの豆知識

スポンサーリンク





注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

参考文献を見る

コメントを残す