Nakshatra

ナクシャトラとグナ|インド占星術・ジョーティッシュ・Jyotish

ナクシャトラとは、地球から見た月の通り道である白道をを27分割したものです。インド占星術を深める上でとても大切な考え方です。ここではナクシャトラとグナという概念の対応を見ていきます。ナクシャトラの説明は下記へ。

ナクシャトラとは



グナとは

gunaはこの世界の性質を表します。その性質には3つあるので、3つの性質という意味でトリグナとも呼ばれます。3つの性質はタマス、ラジャス、サットヴァと呼ばれます。この3つのグナの性質はアーユルヴェーダやヨガにおいても基本的な概念で、下記の記事に詳しく記載しています。

3つのグナ

ナクシャトラとグナ

ナクシャトラは私たちの心についてですが、グナはその心のクオリティーを反映しています。グナを見ていくと、どのように心が動作しているかを読み解いていくことができます。gunaとは、紐という意味もあります。紐が何本か一緒になって、ロープになります。それと同じように、私たちの心も、何本もの違う紐が組み合わさることによってできています。グナは、アーユルヴェーダでも良く使われる概念で、身体のことに使われることも多いですが、心の中のエネルギーを読み解く上でも重要です。

ナクシャトラ、3つのレイヤー、グナの関係

ナクシャトラ 1 2 3
1. アシュヴィニー Rajas Rajas Rajas
2. バーラニー Rajas Rajas Tamas
3. クリッティカー Rajas Rajas Sattva
4. ロヒニー Rajas Tamas Rajas
5. ムリガシラー Rajas Tamas Tamas
6. アールドラー Rajas Tamas Sattva
7. プナルヴァスー Rajas Sattva Rajas
8. プシャ Rajas Sattva Tamas
9. アスレシャ Rajas Sattva Sattva
10. マガー Tamas Rajas Rajas
11. プールヴァパルグニ Tamas Rajas Tamas
12. ウッタラパルグニ Tamas Rajas Sattva
13. ハスタ Tamas Tamas Rajas
14. チトラー Tamas Tamas Tamas
15. スワティ Tamas Tamas Sattva
16. ウィシャカ Tamas Sattva Rajas
17. アヌラダ Tamas Sattva Tamas
18. ジェシュタ Tamas Sattva Sattva
19. ムーラ Sattva Rajas Rajas
20. プールヴァシャダ Sattva Rajas Tamas
21. ウッタラシャダ Sattva Rajas Sattva
22. シュラヴァナ Sattva Tamas Rajas
23. ダニシュタ Sattva Tamas Tamas
24. シャタビシャ Sattva Tamas Sattva
25. プールヴァバッドゥラ Sattva Sattva Rajas
26. ウッタラバッドゥラ Sattva Sattva Tamas
27. レヴァティ Sattva Sattva Sattva



意識の3つのレイヤー

上の表のように、私たちの意識には3つのレイヤーがあります。一つ目のレイヤーのグナは、一番顕著に出てくる特徴です。このグナの影響で行動をし、惑星もこのグナに従って作用します。2つ目のレイヤーのグナは、隠れた心の態度を表し、アイディアや思考を生成することを助けます。3つ目のレイヤーのグナは、他の人には隠された、深い内側のレベルを反映しています。このレベルを学ぶ精神状態に成長するまで、休眠状態を保っています。そして適切なタイミングでスピリチュアリティ―を刺激してくれます。

私たちの心はこの3つのレイヤーでできています。3つのグナがどのような割合かどうかで、心の中のエネルギーがどのように向きやすいかの傾向も分かります。3つのエネルギーをバランスよく持っていると、バランスの取れたパーソナリティーになりやすいと考えられています。3つとも同じエネルギーのナクシャトラの場合は、心の動きがそのエネルギーに偏りやすくなります。

3つの段階

上の表での1つ目のレイヤーを見てみると、最初の9つはラジャス、次の9つはタマス、最後の9つはサットヴァに対応しています。ナクシャトラを3分割したときに、このような流れでグナが変化していくことは、魂が今どんなことを学びに来ているかにも関連しています。

ラジャス

ナクシャトラの最初の9つの1つ目のレイヤーはラジャスのエネルギーです。この段階では、地球で生きることとは何なのか?を学んでいく段階です。自分の中にある能力に気づいたり、エネルギーの使い方を学んでいきます。

タマス

ナクシャトラの真ん中の9つの1つ目のレイヤーはタマスのエネルギーです。この段階での経験は、地球での感情的、物質的体験がメインになります。外の世界から影響する自分の感情、愛情、執着、物質的目的の達成、自分の能力使いこなすことなどを学んでいきます。

サットヴァ

ナクシャトラの最後の9つの1つ目のレイヤーはサットヴァのエネルギーです。この段階では、物質的経験を終え、スピリチュアルな精神的学びに意識が向かっていきます。




次はこれを要チェック

ナクシャトラの移り変わりが分かる

ナクシャトラのカレンダー

ナクシャトラの基本

ナクシャトラとは ナクシャトラ一覧 アーユルヴェーダの基本 インド・ヨーガ哲学