サマーセイボリーの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

サマーセイボリー精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. サマーセイボリーの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド
  7. アーユルヴェーダからみた性質



キーワード&データ

強さ、困難の克服

名前 サマーセイボリー、セイボリー、セボリー、Summer Savory
学名 Satureja hortensis
科名 シソ科
抽出部位 葉、茎
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ミドル~トップノート
注意事項 刺激強、妊娠中は避ける、幼児は避ける、長期の使用は避ける
香り 【ハーブ系】タイムに似てすこしピリッとしたハーブの香り
主な成分 【フェノール類】チモール、カルバクロール、p-サイメン、カルバクロールメチルエーテル、y-テルピネン、β-カリオフィレン、ボルネオールなど
陰陽

その他のセイボリーの記事をチェック: #セイボリー

ストーリー

サマーセイボリーの仲間にウィンターセイボリーもありますが、一般的にセイボリーと言うと、サマーセイボリーを指します。主に食品の香りづけに使用されています。ハーブは虫刺され用に使用できます。

植物の特徴

サマーセイボリーは一年草で、30~45cm程まで成長します。地中海沿岸が原産です。夏に紫色の花を咲かせます。

サマーセイボリーの効果効能

心への効能

気持ちを高めてくれる香りです。困難やあきらめ、疲れを感じているときに、何でもできるとポジティブな思考とエネルギーをもたらしてくれます。

体への効能

フェノール類が大半を占めるので、使用には注意が必要です。感染症や真菌感染によく作用します。呼吸器系には、カタル、喉の痛み、気管支炎、喘息などに効きます。消化不良、下痢、吐き気といった消化器系の不調にも効きます。防虫剤としても使用できます。

皮膚への効能

フェノール類のチモールやカルバクロールが沢山含まれるので、皮膚へはあまり使用されません。

体への効能
  • 抗炎症作用
  • 鎮痛作用
  • 抗真菌作用
  • 抗菌作用
  • 抗寄生虫作用
  • 免疫向上作用
  • 強壮刺激作用
  • 筋肉鎮痛作用
  • 抗ウイルス作用
  • 鬱滞除去作用
  • 鎮痛作用
  • 鎮咳作用
  • 静脈強壮作用
  • 筋弛緩作用
その他
  • 防虫作用

作用の意味一覧 精油の体への作用

おススメ使い方

芳香浴

エッセンシャルオイルの使い方一覧

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

精油のブレンドの基本

機能性ブレンド

精油のブレンドレシピ一覧

アーユルヴェーダからみた性質

ドーシャ  V-, P+, K-
エネルギー(熱性) 保温性
エネルギー(湿度) 乾燥性

ドーシャの体質診断 ドーシャ アーユルヴェーダの基本

次はこれを要チェック

精油の作用一覧 ハーブの効果効能一覧 植物油脂の種類一覧 フローラルウォーター一覧 エッセンシャルオイルの使い方一覧 精油のブレンドレシピ一覧 アロマセラピーの基本 アロマセラピーの豆知識

スポンサーリンク





注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

参考文献を見る

コメントを残す