ハーブ・スパイスの種類と効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

herbs-spices

ハーブ・スパイスの種類と効果効能

ハーブやスパイスの種類とその効果効能を紹介しています。現在は100種ほどアップされていますが、随時種類は増えていきます。植物の学名、科名、使用部位、味、成分、特徴、効能、ブレンド、ハーブティーの入れ方などを紹介しています。スピリチュアルな特徴である、関連惑星、ジェンダー、元素やストーリーも紹介しています。

 






 

ハーブ一覧

ア行

アイブライト 目にまつわる不調に
アグリモニー 下痢の緩和に
アシュワガンダ 若返りに
アーティチョーク 肝機能の向上、消化促進に
アニスシード 口臭予防、消化促進に
アルファルファ 疲労回復やむくみ解消に
アンジェリカ 女性特有の不調や冷え性に
イエロードックルート 皮膚疾患に
ウーロンティー 脂肪吸収を抑える
エキナセア 感染症、アレルギーの緩和に
エルダーフラワー インフルエンザに
オートムギ 神経系の強壮に
オリーブ 風邪やインフルエンザに
オレガノ 消化促進に
オレンジピール 気分を明るくする
オレンジブロッサム 緊張や不安を和らげる

カ行

カモミールジャーマン 心身のリラックスに
カルダモン 消化促進、口臭予防に
カレンデュラ 皮膚のトラブルに
キャットニップ 風邪や胃の不調に
キャラウェイ 消化促進に
ギンコウ 脳の活性化、血行促進に
クランベリー 膀胱炎や尿道炎に
クリバーズ 老廃物をデトックス
グリーンティー 生活習慣病予防に
クローブ 消化促進に
ゴツゴーラ 記憶力、集中力アップに
コリアンダー 食後の消化促進に
コルツフット 呼吸器系のトラブルに
ゴールデンロッド 風邪の症状に
コーンシルク 泌尿器系の不調と慢性疾患に

サ行

サフラワー 女性特有の不調、冷え性に
サフラン 女性特有の不調や高齢者に
サマーセイボリー 胃を丈夫にする
シェパーズパース ダイエットに
シナモン 血行促進、消化促進に
ジャスミン 明るい気持ちに
ジュニパー 体内の浄化に
ジンジャー 血行促進に
スカルキャップ 心のリラックスに
ステビア 植物性の甘味料
スペアミント リフレッシュに
セージ 更年期の症状ややホルモンの乱れに
セロリシード むくみの緩和、消化促進に
セントジョーンズワート 優れた抗うつ作用
ソウパルメット 生殖機能を高める

タ行

タイム 呼吸器系の不調に
ターメリック 肝臓の働きを強化
ダンデライオン 体内の浄化に
チェストツリー 女性特有の不調に
チコリ 体内のデトックスに
ティー 風邪、生活習慣病に
ディル リラックスに

ナ行

ネトル デトックス、花粉症対策に

ハ行

ハイビスカス 美容、疲労回復に
バジル 胃腸の不調改善に
パセリ 体内の汚れを洗浄
パッションフラワー 体と心のリラックスに
バードック デトックスに
バーベイン ストレス解消に
バレリアン 天然の睡眠薬、精神安定剤
ヒース 美容に
ヒソップ 風邪のひきはじめに
ビルベリー 眼精疲労に
フィーバーユー アレルギーや頭痛に
フェヌグリーク 胃腸の不調に
フェンネル 女性特有の不調に
フラックスシード 便秘、腸のトラブルに
ブラックコホシュ 天然の女性ホルモン剤
プランテーン 便秘解消に
ブルーマロウ 喉と医療の不調に
ペパーミント 胃のもたれ、消化促進に
ベルガモット 消化促進に
ホーステール 骨の発育、スキンケアに
ホップ 緊張や不安の緩和に
ボリジ 風邪やインフルエンザに

マ行

マーシュマロウ 粘膜の保護に
マジョラム リラックスに
マテ 疲労回復と栄養補給に
マルベリー 生活習慣病の予防に
マレイン 咳や痰、喘息に
ミルクシスル 肝臓の保護と再生に
メドウスイート 体の痛みを抑える

ヤ行

ヤロウ 傷や風邪など様々な症状に
ユーカリ 風邪・喘息・花粉症に

ラ行

ラズベリーリーフ 出産と女性の不調に
ラベンダー リラックスに
リコリス 呼吸器系のトラブルや花粉症に
リンデン 心身のリラックス、デトックスに
ルイボス 若さを保つ
レッドクローバー 体内の毒素を浄化
レディースマントル 女性の様々な不調に
レモングラス 胃腸の不調、風邪の予防に
レモンバーベナ 精神的な疲れを癒す
レモンバーム  ストレス緩和、若返りに
レモンピール 風邪の引きはじめに
ローズ 若返り、美容に
ローズヒップ 美肌に
ローズマリー 若がえり、集中力アップに

ワ行

ワイルドストロベリー 消化器系の不調に

 

 

次はこれを要チェック

不調・症状からハーブを探したい場合は下記へ

symptom

精油(エッセンシャルオイル)、キャリアオイル、フローラルウォーターの種類一覧もチェックできます!

essentialoils vegetableoils floralwater

ハーブの育て方は下記へ

gardening

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、ハーブの治療や薬としての有効性を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。 画像@ Depositphotos.com/ Kerdkanno

コメントを残す