アーティチョークの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

アーティチョークの効果効能

目次

  1. キーワード&データ
  2. 特徴
  3. 有効成分
  4. 注意事項・禁忌
  5. アーティチョークの使い方



キーワード&データ

キーワード:肝機能の向上、消化促進に

名前 アーティチョーク、Artichoke
和名 チョウセンアザミ(朝鮮薊)
学名・読み方
  • Cynara cardunculus [キナラ・カルドゥンクルス] (野生種)
  • Cynara scolymus [キナラ・スコリムス]
科名 キク科
使用部位

その他のアーティチョークの記事をチェック: #アーティチョーク

特徴

キク科の多年草で、地中海沿岸が原産です。様々な品種があります。現在は料理の食材として有名ですが、古代ギリシャやローマ時代から、薬用として使用されていました。肝臓にいいことから、お酒を飲む人にはオススメです。ベトナムでは二日酔いを防ぐ薬草茶として飲まれています。

アーティチョークの効果効能

葉に含まれるシナリンという成分が、肝機能に働きかけます。肝機能を高め、肝臓の解毒をし、血中コレステロールを下げる働きがあります。消化器系の働きを向上させるので、食欲不振を改善させます。同時に脂肪の分解を促進するので、脂肪分の多い肉料理を食べた後などにも有効です。胃もたれを防ぎます。その他、便秘や貧血、糖尿病の防止にもいいと言われています。ハーブティーを使ったうがいは口臭予防にもなります。

作用

  • 胆汁分泌促進作用
  • 抗酸化作用
  • 脂質低下作用
  • 消化促進作用
  • 利尿作用
  • 強肝作用
  • 利胆作用
  • 解毒作用

適応

  • 消化不良
  • 食欲不振
  • 口臭
  • 貧血
  • 便秘
  • 高コレステロール血症
  • 動脈硬化症
  • 二日酔い

作用の意味一覧

有効成分

シナリン、カフェ酸、フラボノイド配糖体、苦味質(シナロピクリン)など

注意事項・禁忌

アーティチョークはいくつか注意点・禁忌があります。

妊娠中・授乳中は、専門医のアドバイスのもと使用すべき
胆道閉鎖・胆石患者は医師の診断後に使用
キク科アレルギー・アーティチョークアレルギーの人は禁忌

『ESCOP Monographs』

アーティチョークの使い方

ティーの飲み方

小さじ1を5分煮出し、5分蒸らす。

ハーブティーの入れ方

症状別ハーブの使い方

飲みすぎた後のハーブブレンド

アーティチョーク・ペパーミントルイボス

食欲不振のハーブブレンド

アーティチョーク・ダンデライオンレモンバーベナ

症状別ハーブ一覧

おすすめの使い方

ハーブティー、ホームケア、料理、染色、観賞

ハーブのレシピ

次はこれを要チェック

ハーブの効果効能一覧 各ハーブの育て方 精油の作用一覧 植物油脂の種類一覧 フローラルウォーター一覧

スポンサーリンク





注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々進化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もございます。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご利用ください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談してください。

参考文献をみる

コメントを残す