ベルガモットミントの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

ベルガモットミント精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. ベルガモットミントの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド



キーワード&データ

性に対する自信

名前 ベルガモットミント、Bergamot Mint
学名 Mentha citrata
科名 シソ科
抽出部位 全草
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート トップノート
注意事項 特になし
香り 【ハーブ系】ミントにベルガモットが混ざった香り
主な成分 【モノテルペンアルコール類】リナロール、酢酸リナリル、α-テルピネオール、1,8-シネオール、リモネン、酢酸ゲラニル、ゲルマクレンなど
陰陽
チャクラ 第2チャクラ
オレンジ

その他のミント、ベルガモットの記事をチェック: #ミント#ベルガモット

ストーリー

香水の香りの成分として広く使われています。ベルガモットとは違う植物ですが、酢酸リナリルが豊富に含まれ、ベルガモットのような香りが混ざっているのが特徴です。

植物の特徴

Mentha aquasticaとMentha viridisの交配種です。多年草で、30~60cm程まで成長します。緑色の花を咲かせます。

ベルガモットミントの効果効能

心への効能

神経を鎮静させ、恐れやパニックを無くし、安眠に導いてくれます。自分のせいに対して肯定的になり、楽しむことを促します。性に対する自信をもたらしてくれます。

体への効能

主に芳香がメインに使用されていますが、体への作用も期待できます。筋肉の痙攣や傷み、腸内の寄生虫や鼓脹、過敏性腸症候群などに有効です。男性と女性の生殖器系を刺激する作用があります。

皮膚への効能

皮膚へは瘢痕形成や抗炎症が期待できます。

体への効能
  • 抗菌作用
  • 抗真菌作用
  • 抗ウイルス作用
  • 免疫向上作用
  • 鎮静作用
  • 血圧降下作用
  • 鎮痛作用
  • 鬱滞除去作用
  • 神経バランス作用
  • 抗炎症作用
  • 消化促進作用
肌への効能
  • 瘢痕形成作用

作用の意味一覧 精油の体への作用

おススメ使い方

芳香浴、沐浴、ボディー・ハンドケア、スキンケア、クリーム、フレグランス、ホームケア、ハウスキーピング

エッセンシャルオイルの使い方一覧

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

精油のブレンドの基本

機能性ブレンド

精油のブレンドレシピ一覧

次はこれを要チェック

精油の作用一覧 ハーブの効果効能一覧 植物油脂の種類一覧 フローラルウォーター一覧 エッセンシャルオイルの使い方一覧 精油のブレンドレシピ一覧 アロマセラピーの基本 アロマセラピーの豆知識

スポンサーリンク





注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

参考文献を見る

コメントを残す