エレミの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

エレミ精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. エレミの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド
  7. アーユルヴェーダからみた性質



キーワード&データ

穏やかさ、瞑想

名前 エレミ、Elemi
学名 Canarium luzonicum
科名 カンラン科
抽出部位 樹脂
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート トップノート
注意事項 刺激強
香り 【樹脂系】柑橘系の香りに、ウッディな香りとスパイシーさが混ざった香り
主な成分 【モノテルペン炭化水素類】リモネン(53%)、エレモール、α-フェランドレン、エレミシン、サビネンなど
陰陽

その他のエレミの記事をチェック: #エレミ

ストーリー

フィリピンと南米に生息し、ヨーロッパでは500年間軟膏などに使われてきました。樹木のゴム樹脂抽出液を蒸留して作ります。フランキンセンスやミルラに近い種類です。

植物の特徴

エレミはフィリピン、マレーシア、インドネシアなどの熱帯に生息するカンラン科の植物です。30m程まで成長します。精油は葉が発育し始める雨期の時期に、樹皮を傷つけ樹液を採取して作られます。

エレミの効果効能

心への効能

心を鎮静させ、静けさをもたらすとともに、元気を与えてくれます。フランキンセンスやミルラのように、スピリチュアルな感覚を呼び起こすので、瞑想にも向いています。

体への効能

呼吸器系の不調や、炎症に効果的で、傷を癒します。抗菌作用や防腐作用があり、肌あれにも効きます。免疫力を高めるので、風邪にも効果的です。

皮膚への効能

肌へは皮脂のバランスを調整し、保湿や瘢痕形成作用があります。

体への効能
  • 去痰作用
  • 収れん作用
  • 抗炎症作用
  • 傷薬作用
  • 刺激作用
  • 鎮痛作用
  • 鎮静作用
  • 抗菌作用
  • 健胃作用
  • 強壮作用
  • 向精神作用
  • 静脈鬱滞除去作用
  • 抗微生物活性作用
  • 蠕運動刺激作用
肌への効能
  • 瘢痕形成作用
  • 保湿作用
  • 皮脂バランス調整作用
その他
  • 空気清浄

作用の意味一覧 精油の体への作用

おススメ使い方

芳香浴、沐浴、フレグランス、ホームケア

エッセンシャルオイルの使い方一覧

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

ハーブ系、樹木系の香りと相性がいいです。

精油のブレンドの基本

機能性ブレンド

精油のブレンドレシピ一覧

アーユルヴェーダからみた性質

ドーシャ  V-, P+, K-
エネルギー(熱性)  熱性
エネルギー(湿度)  乾燥性

ドーシャの体質診断 ドーシャ アーユルヴェーダの基本

次はこれを要チェック

精油の作用一覧 ハーブの効果効能一覧 植物油脂の種類一覧 フローラルウォーター一覧 エッセンシャルオイルの使い方一覧 精油のブレンドレシピ一覧 アロマセラピーの基本 アロマセラピーの豆知識

スポンサーリンク





注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

参考文献を見る

コメントを残す