トンカビーンズの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

Tonka

トンカビーンズ精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. トンカビーンズの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド

 






 

キーワード&データ

楽観的、憂鬱を手放す

 

名前 トンカビーンズ、Tonka Beans
学名 Dipteryx odorata
科名 マメ科
抽出部位 種子
抽出方法 溶剤抽出法・水蒸気蒸留法
ノート ベースノート
注意事項 血液に関する治療を受けている人は注意、光感作、肝毒性、妊娠中・幼児・高齢者は避ける
香り 【スパイス系】温かく甘いほのかにキャラメルのような香り
主な成分 【ラクトン類】クマリン(95%以上)
陰陽

関連記事まとめ: #トンカビーンズ

 

ストーリー

トンカビーンズはトンカという木の種子を乾燥させたものから抽出されます。木や葉からは香りがあまりありません。種子を乾燥させることで香りが増します。成分のほとんどがクマリンで、これはタバコの香りづけとして使用されてきました。今ではほとんどが合成で作られるので、トンカビーンズは使われなくなりました。クマリンは抗凝血剤としても使われる成分です。クマリンはアロマセラピーで使用するより、香りの原料として使用する方がメインです。その際は甘く温かいベースノートの役割と、固定剤としての役割もあります。

 

植物の特徴

トンカは中央から南アメリカが原産のマメ科の植物です。30m程まで成長し、ピンク色の花を咲かせます。その後実ができ、その中の種子が精油に使われます。

 

トンカビーンズの効果効能

心への効能

疑いや恐れ、偏見を取り除き、楽観的に物事を考える手助けをしてくれます。抑圧されて憂鬱が手放せない人をサポートします。

体への効能

殺菌作用や去痰作用、ホルモン様作用があります。傷やリウマチ、打撲にも有効です。殺虫作用にも優れます。

 

体への効能
  • 殺菌作用
  • 催淫作用
  • 去痰作用
  • 殺虫作用
  • ホルモン様作用

effects10effects

 

おススメ使い方

芳香浴、フレグランス

aroma_recipes

 

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

blend_point ブレンド

機能性ブレンド

blend1

 

 

 

次はこれを要チェック

essentialoils herbs floralwater vegetableoils

 

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。
参考文献を見る
画像@ Depositphotos.com/kiraan

コメントを残す