Aroma,  各精油のアロマ効能

セントジョーンズワートの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

セントジョーンズワート精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. セントジョーンズワートの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド
  7. アーユルヴェーダからみた性質



キーワード&データ

ショックからの回復、エネルギーの充電

名前 セントジョーンズワート、St John’s wort
学名 Hypericum perforatum
科名 オトギリソウ科
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ミドル~ベースノート
注意事項 光毒性
香り 【フローラル系】温かく甘く、少しバルサミックなハーブの香り
主な成分 【セスキテルペン炭化水素類】カリオフィレン、ゲルマクレンなど
陰陽 陰陽

その他のセントジョーンズワートの記事をチェック: #セントジョーンズワート

ストーリー

セントジョーンズワートは、キャリアオイルや薬用のハーブとして使用する方が一般的です。花から抽出される精油の場合、沢山の花を使用するので、とても高価であまり出回っていません。セントジョーンズワートのハーブやオイルなどの情報はすぐ上の関連記事まとめをご覧ください。

植物の特徴

セントジョーンズワートは、160種類ほど存在しますが、そのうちの9種類が一般的なHypericum perforatumになります。夏から秋にかけて黄色い花を咲かせます。

セントジョーンズワートの効果効能

心への効能

気持ちをクリアにし、緊張を緩和させ、元気な気持ちにさせてくれます。幸福感を与えてくれます。

体への効能

鎮痙や消炎に優れます。緊張からの頭痛の緩和にも優れます。更年期の症状にも効きます。痛みを抑える作用もあり、頭痛やリウマチ、坐骨神経痛などの作用します。

皮膚への効能

肌のトラブルにいい精油です。乾燥肌や肌荒れ、ひび割れ、炎症、湿疹などに有効です。火傷、打撲、痛み、傷、捻挫などの症状を緩和します。髪にはフケやオイリーヘアにいいです。

体への効能
  • 鎮痙作用
  • 鎮静作用
  • 鎮痛作用
  • 抗リウマチ作用
肌への効能
  • 保湿作用
  • 抗炎症作用
  • 鎮痛作用
髪への効能
  • 皮脂調整作用
  • フケの防止

作用の意味一覧 精油の体への作用

おススメ使い方

芳香浴、沐浴、ボディー・ハンドケア、ヘアケア、スキンケア、クリーム、フレグランス、ホームケア

エッセンシャルオイルの使い方一覧

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

精油のブレンドの基本

機能性ブレンド

精油のブレンドレシピ一覧

アーユルヴェーダからみた性質

ドーシャ  V+, P-, K-
エネルギー(熱性)  冷却性
エネルギー(湿度)  保湿性

ドーシャの体質診断 ドーシャ アーユルヴェーダの基本

次はこれを要チェック

精油の作用一覧 ハーブの効果効能一覧 植物油脂の種類一覧 フローラルウォーター一覧 エッセンシャルオイルの使い方一覧 精油のブレンドレシピ一覧 アロマセラピーの基本 アロマセラピーの豆知識

スポンサーリンク





注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

参考文献を見る