陰陽五行説と東洋医学

季節の過ごし方|東洋医学と五季

東洋医学の季節の考え方

東洋医学では気候の変化も五行に対応して考えます。気候は[五気]が対応していて、5つの要素には[風熱湿燥寒]があります。[熱]を[火]と[暑]にして[六気]とも言われます。季節の移り変わりは[五季]が対応しています。この六気と五季の考え方から、季節の特徴と過ごし方について説明していきます。気候については下記で詳しく説明しています。

※図や表以外で、東洋医学の言葉は全て[ ]の中に表しています。例えば、[心]は東洋医学での[心](しん)を表し、普通に心と書いてある場合は、通常の「こころ」を表しているとお考え下さい。そして[ ]内の言葉はまとめて東洋医学の言葉一覧のページで意味を調べられます。

目次

  1. 気候の変化|[五気]・[六気]
  2. 季節の変化|[五季]
  3. 各季節の特徴と過ごし方



気候の変化|[五気]・[六気]

五行
五臓
五気 湿
六気 湿
六淫 風邪 火邪暑邪 湿邪 燥邪 寒邪
五季 土用(長夏)
五能

気候は、上の五行配当表にある[五気]が対応しています。[風熱湿燥寒]の5つです。[熱]を[火]と[暑]にして[六気]とも言われます。この気候の変化は、自然界の正常な変化です。しかし、これが行き過ぎたり、自分の体調が弱ってしまっているとき、これらの要素が不調の原因にもなります。[六気]が病因となったときのことを[六淫]と言います。[風火暑湿燥寒]の各説明は下記のページをご覧ください。

季節の変化|[五季]

季節の移り変わりは[五季]が対応しています。通常の[春夏秋冬]はそれぞれ[木火金水]に対応しています。それに加えて、[土]に対応する季節にはいろいろな考え方があり、[土用]もしくは[長夏]や、[梅雨]が対応します。[土用]とは、各季節にある季節の変わり目のことです。詳しくは旧暦の雑節のページに説明があります。[長夏]とは、旧暦の6月の昼の長い日を示します。[梅雨]は日本の梅雨の季節のことです。

旧暦とリンクする

[五季]の考え方は、日本の旧暦とリンクしています。私たちが感じる春は毎年四月ごろですが、東洋医学での春はもう少し早い旧暦の立春(2月4日ごろ)からになります。太陽と月の動きから季節を見ているため、私たちの体感覚とは少し異なります。季節に合わせた健康法は、その季節が実際に始まる前から行う方がいいので、旧暦に合わせた考え方は体調管理にとても理にかなっています。

旧暦と五季

旧暦の二十四節気と[五季]の対応が下記です。ここでは[土]に当たる季節を[土用]と考えています。[土用]は立春、立夏、立秋、立冬の直前の18日間です。旧暦と二十四節気については下記をご覧ください。

二十四節気と七十二候 旧暦の基本

立春(りっしゅん) 2/4頃
雨水(うすい) 2/18頃
啓蟄(けいちつ) 3/5頃
春分(しゅんぶん) 3/20頃
清明(せいめい) 4/5頃
春の土用 穀雨(こくう) 4/20頃
立夏(りっか) 5/5頃
小満(しょうまん) 5/21頃
芒種(ぼうしゅ) 6/5頃
夏至(げし) 6/21頃
小暑(しょうしょ) 7/7頃
夏の土用 大暑(たいしょ) 7/22頃
立秋(りっしゅう) 8/7頃
処暑(しょしょ) 8/23頃
白露(はくろ) 9/8頃
秋分(しゅうぶん) 9/23頃
寒露(かんろ) 10/8頃
秋の土用 霜降(そうこう) 10/23頃
立冬(りっとう) 11/7頃
小雪(しょうせつ) 11/22頃
大雪(たいせつ) 12/7頃
冬至(とうじ) 12/22頃
小寒(しょうかん) 1/5頃
冬の土用 大寒(だいかん) 1/20頃

各季節の特徴と過ごし方

各季節の特徴と過ごし方の詳細はリンクをご覧ください。




次はこれを要チェック

アーユルヴェーダでも季節に合わせた過ごし方があります。是非チェックしてみてください。

ドーシャと時間 アーユルヴェーダの基本

東洋医学の基本はこちらへ。

陰陽五行説