ナツメグの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

ナツメグ精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. ナツメグの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド
  7. アーユルヴェーダからみた性質



キーワード&データ

安心感、あたたかさ

名前 ナツメグ、Nutmeg
学名 Myristica fragrans
科名 フトモモ科
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ミドルノート
注意事項 妊娠中・幼児は避ける、刺激強、長期間・大量使用を避ける
香り 【スパイス系】温かく、甘みのあるスパイシーな香り
主な成分 【モノテルペン炭化水素類】α-ピネン、サビネン、β-ピネン、ミリスチシン、リモネン、α-テルピネン、テルピノーレンなど
陰陽

その他のナツメグの記事をチェック: #ナツメグ

ストーリー

ナツメグも西洋問わず古くから使われてきました。アーユルベーダでも治療に欠かせないスパイスの一つです。古くから魔除けの薫香に使用されたり、防腐として遺体に塗布されたりしました。

植物の特徴

ナツメグは繁茂した枝を持ち、高さは8~16m程になります。実が成熟すると、多肉質の殻が二つに割れ、なじゃから殻種子が見えてきます。一本の木に500~2000個の実がつきます。

ナツメグの効果効能

心への効能

神経系を刺激してくれます。鎮静させると同時に活性化をしてくれる作用があります。穏やかさ、安心感を与え、強さも与えてくれる香りです。

体への効能

体内の浄化を助けます。血液の循環も良くしてくれます。また、消化器系の不調や月経の不調を改善してくれます。

皮膚への効能

刺激が強いためあまりスキンケアとしては使用されることのない精油です。

体への効能
  • 抗菌作用
  • 抗炎症作用
  • 鎮静作用
  • 麻酔作用
  • 鬱滞除去作用
  • 抗ウイルス作用
  • 免疫向上作用
  • 消化不良の改善
  • 生理不順の改善
  • 鎮痛作用
  • 抗感染作用
  • 関節痛の緩和
  • 筋肉痛の緩和
  • 血行不良の改善
  • リウマチの改善
髪への効能
  • 髪の強壮作用
その他
  • 防虫作用

作用の意味一覧 精油の体への作用

おススメ使い方

芳香浴、ホームケア、ハウスキーピング

エッセンシャルオイルの使い方一覧

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

スパイス系の香りと相性がいいです。

精油のブレンドの基本

機能性ブレンド

精油のブレンドレシピ一覧

アーユルヴェーダからみた性質

ドーシャ  V-, P+, K-
エネルギー(熱性)  熱性

ドーシャの体質診断 ドーシャ アーユルヴェーダの基本

次はこれを要チェック

精油の作用一覧 ハーブの効果効能一覧 植物油脂の種類一覧 フローラルウォーター一覧 エッセンシャルオイルの使い方一覧 精油のブレンドレシピ一覧 アロマセラピーの基本 アロマセラピーの豆知識

スポンサーリンク





注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

参考文献を見る

コメントを残す