キャベッジローズの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

 cabbagerose1

キャベッジローズ精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. キャベッジローズの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド

 






 

キーワード&データ

バランス、鎮静

 

名前 キャベッジローズ、プロヴァンズローズ、モロカンローズ、Cabbage Rose
学名 Rosa centifolia
科名 バラ科
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留法・溶剤抽出法
ノート ミドル~べースノート
注意事項 特になし
香り 【フローラル系】甘く蜂蜜のような香りが混ざったローズの香り
主な成分 【モノテルペンアルコール類】フェニルエチルアルコール(50%以上)、シトロネロール、ネロール、ステアロプテン、ファルネソール、ゲラニオールなど
陰陽

関連記事まとめ: #ローズ

 

ストーリー

キャベッジローズは、見た目がキャベツに似ているためにこう呼ばれるようになりました。一般的なダマスクローズ(Rosa damascena)と同様、多くのエッセンシャルオイルがキャベッジローズでも作られます。一般的に、ローズオットーは水蒸気蒸留法から、ローズアブソリュートは溶剤抽出法から作られたものを指します。キャベッジローズからもダマスクローズからも、ローズオットー・ローズアブソリュートが作れます。

 

植物の特徴

キャベツに似た見た目のロースで、モロッコ、フランス、イタリア等、多くの地域で栽培されています。ローズには色々な種類があるので、詳細は下記をご覧ください。

rose

 

キャベッジローズの効果効能

心への効能

心を静め、バランスを取るのに最適な香りです。あらゆる落ち込みに効果を発揮します。心配事やストレス、緊張や、怒り、誰かを失ったことからの悲しみ等を和らげてくれます。

体への効能

女性特有の不調の緩和に適しています。PMSの緩和や不規則な月経を正常化させたり、更年期の症状を緩和させます。また、心臓、呼吸器、消化器系の不調にもいいと言われています。

皮膚への効能

スキンケアには最適で、特に乾燥肌や成熟肌、敏感肌に効果的です。

 

体への効能
  • 通経作用
  • 子宮強壮作用
  • 抗うつ作用
  • 鎮静作用
  • 強壮作用
  • 催淫作用
  • 浄血作用
  • 止血作用
  • 利尿作用
  • 鎮痙作用
  • 健胃作用
  • 利尿作用
  • 抗菌作用
  • 抗ウイルス作用
  • 強肝作用
  • 抗結核作用
肌への効能
  • 収斂作用
  • 瘢痕形成作用

effects10effects

 

おススメ使い方

芳香浴、沐浴、ボディー・ハンドケア、スキンケア、クリーム、フレグランス、ホームケア

aroma_recipes

 

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

フローラル系の香りと相性がいいです。

blend_point ブレンド blend1

 

 

 

次はこれを要チェック

essentialoils herbs floralwater vegetableoils

 

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。
参考文献を見る
画像@ Depositphotos.com/Taiftin

コメントを残す