天然の材料のリンス・コンディショナーの4種類の作り方|お酢やクエン酸を使った方法も

rinse

天然の材料で作るリンス・コンディショナー

精油やハーブなどの天然の材料を使った、安心安全なリンス(コンディショナー)の作り方と使い方をお伝えします。植物には、髪を綺麗にしたり、抜け毛や白髪、フケを防止したり、頭皮を健康に保つ成分が沢山含まれます。通常リンスやコンディショナーは、毛穴を詰まらせるのであまり頭皮につけないほうがいいといわれます。しかし今回紹介するような手作りの場合、頭皮にいい成分がたくさん入っているので、そのような心配はいりません。頭皮環境もよくしながら髪をコーティングしてくれます。

目次

  1. レシピ1: 精油を使った一番簡単な方法
  2. レシピ2: ビネガーを使う方法
  3. レシピ3: クエン酸を使う方法

 






 

リンス・コンディショナーの手作りレシピ

リンス(またはコンディショナー)の役割は、シャンプーをして無防備になった髪をコーティングし、外からのダメージから守ることです。シャンプーでアルカリ性になった髪を酸性のリンスを使って中性に戻します。また髪にツヤやコシを与えてくれる役割もあります。紹介している精油やハーブ、オイルなどは一例なので好みに調整してください。髪にいい材料は下記のページでまとめています。

hair_problem

 

レシピ1:一番手軽な方法

シャンプー同様、まずは一番簡単なレシピです。ベースとなるリンス(コンディショナー)は購入することになります。せっかくなので無添加・無香料で、髪に負担のない安心できるものを選んでください。

ingredients

※50ml分

  • 無添加・無香料のリンス: 50ml
  • 精油:5-10滴容器

directions

  1. ベースとなるリンス50mlを容器に入れる
  2. 精油を5-10滴を入れよく混ぜる
  3. 保湿が必要であれば、キャリアオイルを小さじ1程度加える

 

おすすめブレンド

ダメージヘアに  フランキンセンス2滴、ラベンダー2滴、イランイラン1
抜け毛予防に  シダーウッド2滴、ローズマリー2滴、バジル1滴
保湿に  ローズ3滴、メリッサ2滴

 

 

レシピ2: ビネガーを使った方法

ビネガーを使ってリンス(コンディショナー)を作りことができます。この場合アップルビネガーが一番使いやすいです。好みのハーブを漬けて作るハーブビネガーを使うこともできます。その場合は、使う直前にバーブビネガーに分量の水を入れて使います。ハーブビネガーの作り方は下記をご覧ください。

vineger

ingredients

※200ml分

  • 水: 200ml
  • ハーブ: 大さじ1~2
  • ビネガー: 大さじ2
  • 精油: 20~40滴
  • 容器

directions

  1. 水とハーブを鍋に入れ、15分ほど火にかける。(煎剤を作る)
  2. ハーブを濾して冷蔵庫で冷ます。
  3. ビネガーを混ぜる。
  4. 精油を入れる。
  5. 頭皮をマッサージしながら頭と髪全体に塗布し、お湯で流す。

 

おすすめレシピ

リンス(コンディショナー)なので、いい香りがほんのり残るように精油のブレンドを調整しています。敏感肌の人は、精油を少な目にしたりして調整してください。香りを強くしたい場合は多めに入れて下さい。全体の1%位の量までを目安にしてください。

ダメージヘアに
ツヤを出す
育毛促進に

 

 

レシピ3: クエン酸を使った方法

リンス(コンディショナー)はシャンプーでアルカリ性になった髪を中性に戻します。そのことから酸性のクエン酸を使った方法もあります。クエン酸は開いたキューティクルを引き締めたり、肌の再生を促すと言われています。とてもさっぱりした使い心地です。ハーブの浸出液を作る場合は下記を参照ください。

infusion

ingredients

※500ml分

  • 水、又はハーブの浸出液: 500ml
  • クエン酸: 大さじ1-3 ※髪質によって調整してください。
  • 精油:30-50滴
  • グリセリン: 小さじ1
  • 容器

directions

  1. ハーブの浸出液を使う場合は、浸出液を作り冷ましておく。
  2. グリセリンと精油を混ぜておく。
  3. 全ての材料を混ぜる。
  4. 保湿が必要な場合はさらにキャリアオイルを少量加える。

 

おすすめレシピ

レシピ2と同様、敏感肌の人は、はじめは精油を少なめにして調整してください。香りを強くしたい場合は多めに入れて下さい。全体の1%位の量までを目安にしてください。

頭皮の臭い防止に
しっとりとした髪に
オイリーヘアに

 

 

 

次はこれを要チェック

リンス・コンディショナーの前に必要な、シャンプーの作り方は下記になります。

shampoo

レシピや材料の詳細のまとめは下記になります。

aroma_recipes 禁忌 essentialoils vegetableoils herbs herds_advanced1 症状別ハーブ

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。
@Depositphotos.com/ karandaev

コメントを残す