カパの特徴|アーユルヴェーダのドーシャ

K

カパタイプ|Kapha Type

アーユルヴェーダの健康法では、体質を診断し、その体質に合った施術やアドバイスを行います。体質はドーシャと言われ、大きく分けるとヴァータ(V)、ピッタ(P)、カパ(K) の3種類。また、複合型であるヴァータ・ピッタ(VP)、 ヴァータ・カパ(VK)、ピッタ・ヴァータ(PV)、ピッタ・カパ(PK)、カパ・ヴァータ(KV)、カパ・ピッタ(KP)、ヴァータ・ピッタ・カパ(VPK・トリドーシャ) を含めると10種類の体質があります。(2種複合型の場合は、最初にくるドーシャが強くなります。)まず、自分の体質を診断したい場合、ドーシャの基本について知りたい場合は下記を参照ください。

check_dosha dosha

目次

  1. カパタイプの特徴
  2. カパの複合型
  3. カパタイプと日常生活のワンポイント
  4. カパタイプとアロマ
  5. カパタイプと食事法

 






 

カパタイプの特徴

全ての人は、3つのドーシャの特徴を持ち合わせているので、カパタイプの人だからといって、全てがカパの特徴に当てはまる訳ではありません。しかし、多くの部分の特徴を持ち合わせています。

外見:体格がいい

カパの人の外見は、肌が厚く、脂性で、ふくよかなタイプの人が多いです。大きな骨格とがっしりした体つきが特徴です。肌の色は明るく薄い人が多いです。しっとりしています。髪は太く多く、しっとりして艶やかです。眉毛とまつ毛が濃く、目鼻立ちははっきりしていて、大きいです。大きい口とふっくらした唇を持ち、歯は大きく白く整っています。輪郭は丸く大きい傾向にあります。

体質:体力がある、湿気に弱い

湿気に弱い傾向があります。喉は乾きにくいものの、水分のとりすぎに注意が必要です。食欲は安定していて、ゆっくり食べます。簡単に食事を抜くこともできます。睡眠は深く、長く取る傾向にあります。どこでも寝れますが、寝起きが悪く、一日中眠い時もあるくらいです。睡眠中はロマンティックなものや水に関する夢をよく見ます。体重が増えやすく、減らすのに苦労します。不調は、充血、粘液の増加、水が溜まる、アレルギー性鼻炎、鼻づまり、気管支疾患といった症状で現れます。便は太く健康的で規則的です。脈はゆっくりで規則的です。体力や持久力があるので、運動や肉体労働に耐えることができます。

性格:安定、思いやり、のんびり、忍耐

基本的にのんびりしていて落ち着いています。動作や話し方もゆっくりしています。新しいものを取り入れたり、挑戦することより、今のままの安定を好みます。忍耐力があります。記憶は時間がかかりますが、一度記憶したものは忘れない傾向があります。愛情深く献身的で、寛大さと穏やかさがあります。情に弱く争いを避けます。バランスを崩すと、自己中心的、貪欲、神経過敏、抑うつといった面が出てきます。執着心が強くなったり、こだわりすぎたり、大雑把になりすぎてしまうことがあります。お金に関しては貯蓄が得意です。

 

カパタイプの特徴まとめ

<キーワード>安定、満足、思いやり、忍耐 etc

体格 ふくよか
厚い、脂性、青白い、ひんやり
多い、太い、光沢、しっとり、茶色、ウェーブ
大きい、まつげが長い、青、薄茶色
大きい、厚い唇
大きい、白い、丈夫な歯茎
大きい、丸い
輪郭 大きい、丸い
食欲 安定、ゆっくり食べる
動き 重い、鈍い
性格 落ち着いている、愛情深い、粘り強い、のん気、執着心強い
体質 湿気に弱い
記憶力 一度覚えると忘れない
睡眠 深い、長い
話し方 ゆっくり、単調
信念 強い
精神 安定、新しいものを取り入れるより現状維持を好む

 

カパの複合型

もしドーシャの診断の総合結果で、2つ以上のドーシャが当てはまったら、この複合型もチェックしてみてください。2つのドーシャが当てはまる人でも、どちらかがやや強い傾向にあり、それによって若干の体質の違いがあります。

カパ・ヴァータ(KV)

KVタイプは、カパとヴァータの差が殆どないですが、ややカパが優勢のタイプです。このタイプは、ヴァータのページで紹介した、ヴァータ・カパとよく似ています。ややカパが強いので、より体格がよく、動作がゆっくりです。落ち着いた気質ですが、熱心さに欠けるところがあります。カパもヴァータも冷の性質を持つので、寒さが苦手です。このタイプも体力があるので、ピッタの複合型であるピッタ・カパと同様、運動選手に向いています。

カパ・ピッタ(KP)

KPタイプは、カパとピッタの差が殆どないですが、ややカパが優勢のタイプです。体格はカパに影響を受けていますが、ピッタのページで紹介したピッタ・カパよりも太っている傾向があります。筋肉質というよりも、全体的に丸く、動きもゆっくりしていて落ち着いています。ピッタの性質があるので、安定した活動力はあります。それに加えてカパの忍耐力もあります。しかし、ピッタ・カパとは違って目標はあまり持ちません。

ヴァータ・ピッタ・カパ(VPK、トリドーシャ)

3つのドーシャが等しいタイプをトリドーシャと言います。このタイプは、稀にしかいないと言われています。とてもいいバランスのため、バランスをキープできればとても健康で長生きする場合が多いです。しかし、一度バランスを崩すと、治療が難しいタイプでもあります。3つのドーシャの特徴を少しずつバランスよく持ち合わせています。

 

カパタイプと日常生活のワンポイント

運動

どのドーシャかによって適する運動が異なります。カパタイプの人は、運動が苦手な人も多いかもしれません。体力があるので、持久力が必要なランニング、ダンス、ウエイトトレーニングなどが向いています。普段からあまり体を動かさないタイプですし、体の中に水分や脂肪がたまりやすいので、運動量は多めにした方がいいです。

入浴

カパタイプの人もヴァータタイプと同様、寒さに弱い体質なので、温かいお風呂でゆっくり過ごすことが向いています。特に、朝はカパの時間で、カパが増えやすいので、朝の入浴もおすすめです。

睡眠

カパタイプの人は、眠ることが大好きです。不眠に悩むことはほぼなく、すぐ眠くなって寝起きも悪いです。時間があれば何時間でも眠れる人が多いです。カパの人は睡眠を取り過ぎないように注意します。カパの増加が怒り、むくみや体の重さ、体重の増加につながる場合があります。6時間くらいを目安に、早寝早起きが大切です。

色はドーシャと強いつながりがあります。よく使うものや、洋服などに取り入れることで、ドーシャのバランスをとる手助けをしてくれます。カパを鎮める色は多く、赤、オレンジ、黄、緑、紫がそれに当たります。青を取り入れすぎるとカパを増加させますが、その他の色は大体カパを鎮静させます。できれば白を避け、明るい色彩を選びます。ドーシャと色に関しての詳細は下記へ

dosha_color

パワーストーン

パワーストーンもドーシャのバランスをとる手助けをしてくれます。カパを鎮める代表的なパワーストーンは、ダイヤモンド、オパール、ルビー、ラスピラズリなどです。

季節・時間・年齢

ドーシャは自分自身の体質とは別に、季節や時間、年齢といった自分の体質以外からも影響されています。カパの季節は春、カパの時間は06:00-10:00、18:00-22:00、カパの年齢は0~15歳です。カパタイプの人が更に外部からカパの影響を受けると、より不調が出やすくなるので注意します。季節・時間・年齢のドーシャについては下記へ

dosha_time

占星術

ドーシャは占星術とも関連しています。自分が生まれた時、大切な節目の時期、今の時期など、色々な観点から惑星と星座の位置をみると、その時自分に与えるドーシャの影響が分かります。金星・月・火星・水星はカパの傾向を強めます。星座は、水の質を持つ蟹座蠍座魚座と、地の質をもつ牡牛座乙女座山羊座がカパの傾向を強めます。

基本

 

カパタイプとアロマ

アロマセラピーの精油は、アーユルヴェーダのドーシャの不調に用いることができます。マッサージや芳香浴をはじめ、アロマセラピーではお馴染みの様々な手作りレシピに応用できます。基本的には、カパタイプは冷性、湿性を持つので、精油は温かく乾燥性があるものがお勧めです。また、香りの性質が辛・渋・苦で、軽く刺激のある香りも向きます。カパタイプにいい精油の一例は、オレンジライムジュニパークミンなどです。カパタイプにおすすめの精油、キャリアオイル、それらを使ったレシピなどをより詳しく見るには下記へ。

k_aroma

 

カパタイプと食事法

アーユルヴェーダでは食事をとても重要視しています。ドーシャによって、理想の食材や食べ方が異なります。カパタイプの人におすすめの食事法の詳細は下記へ。

k_food food

 

 

 

次はこれを要チェック

v p 

アーユルヴェーダの基本や、日常生活への応用のまとめは下記へ

ayurveda0 ayurveda1

 

 

スポンサーリンク



 

 


参考文献を見る
@Depositphotos.com/ Sandralise

コメントを残す