各生薬・漢方薬の効能

牡丹皮(ぼたんぴ)の効果効能|東洋医学の生薬・ハーブ・薬草・食薬

牡丹皮(ぼたんぴ)の効果効能

東洋医学で使われる生薬の紹介をしています。副作用や組み合わせによる注意点などがある場合があります。すべての情報を網羅しているわけではありませんので、使用の際は必ず専門知識のある人に相談してください。

目次

  1. 牡丹皮のデータ
  2. 牡丹皮の特徴
  3. 牡丹皮の使い方



牡丹皮のデータ

名前 牡丹皮(ぼたんぴ)
英語 Moutan Bark
ラテン名 Moutan Cortex
学名 Paeonia suffruticosa Andrews 
使用部位 根皮
成分 フェノール類(ペオノール、ペオノシド)、モノテルペノイド配糖体(ペオニフロリン、オキシペオニフロリン)、タンニンなど
四気 涼性
五味 辛、苦
帰経(臓腑弁証
気血水弁証 瘀血
効能分類 理血薬

その他の牡丹皮に関する記事をチェック: #ピオニー

牡丹皮の特徴

※図や表以外で、東洋医学の言葉は全て[ ]の中に表しています。例えば、[心]は東洋医学での[心](しん)を表し、普通に心と書いてある場合は、通常の「こころ」を表しているとお考え下さい。そして[ ]内の言葉はまとめて東洋医学の言葉一覧のページで意味を調べられます。

特徴

ボタンの根皮を使用します。[理血]の代表生薬の一つです。

東洋医学の効能

[血]を巡らせる

[血]を巡らせて[瘀血]を取り除く働きがあります。そのため、月経不順、月経痛、不正子宮出血、産後の衰弱など、[瘀血]による様々な症状に有効です。[瘀血]は特に月経の不調によって生じることが多いので、婦人科系のトラブルに多く使われます。

[清熱]する

[清熱]作用があるため、熱を持った炎症性のトラブル、更に出血やうっ血を伴うものにも使われます。体内の[血熱]もよく冷ましてくれます。特に慢性化した炎症では[瘀血]が形成されやすいので、[理血]と[清熱]作用がある牡丹皮が向きます。虫垂炎、憩室炎、吐血、鼻血、発疹、目の充血、慢性化した微熱、更年期の熱感を伴う発汗や顔面紅潮などに使われます。

適応症

[血熱]の諸症状、月経不順、腹部の硬結、虫垂炎などの化膿性疾患、打ち身など

牡丹皮の使い方

ブレンド例

[瘀血]による腹痛、月経不順、精神不安を治します。

牡丹皮+桂皮

[血熱]を冷まし、精神不安や不眠を治します。

牡丹皮+山梔子

『漢方294処方生薬解説』より

処方例

配合されている漢方薬の一例です。

加味逍遙散 和解剤
桂枝茯苓丸 理血剤
桂枝茯苓丸加薏苡仁 理血剤
大黄牡丹皮湯 理血剤
八味地黄丸 補陽剤




次はこれを要チェック

東洋医学の基本 東洋医学の応用 ハーブの効果効能一覧 食材別ドーシャへの影響