陰陽五行説と東洋医学

体質チェック|東洋医学の気血津液弁証

気血津液弁証とは

これまで東洋医学の基本的な概念の説明と、どのように不調を診断していくかを説明してきました。体調やライフスタイルの情報を集めたら、次は体調を分類し分析していきます。東洋医学での不調の分類の仕方は、まず、[陰陽]、[気血津液]、[臓腑]のどの観点から分析するかで3つに分かれます。そして[陰陽][気血津液]の観点からの分析を総合して最終的に[臓腑]の観点から弁証を行います。今回はその中の[気血津液弁証]について簡単にまとめています。これまでの詳しい説明は下記をご覧ください。

気血津液 東洋医学の実践法

※図や表以外で、東洋医学の言葉は全て[ ]の中に表しています。例えば、[心]は東洋医学での[心](しん)を表し、普通に心と書いてある場合は、通常の「こころ」を表しているとお考え下さい。そして[ ]内の言葉はまとめて東洋医学の言葉一覧のページで意味を調べられます。

目次

  1. 気血津液の病証の種類
  2. 気血津液弁証チェック



気血津液の病証の種類

[気血津液]の不調に関する[病証]は、下記のようなものがあります。詳しくは各[気][血][津液]のページをご覧ください。

気の不調 気虚(ききょ)
気陥(きかん)
気滞(きたい)
気逆(きぎゃく)
血の不調 血虚(けっきょ)
瘀血(おけつ)
血熱(けつねつ)
血寒(けっかん)
津液の不調 津虚(しんきょ)
水滞・痰飲(すいたい・たんいん)

気血津液弁証チェック

本来はもっと具体的に症状やライフスタイルを聞いて総合的に症状を判断しますが、ここでは簡単なチェック項目を挙げて、[気血津液]のどの部分がアンバランスになっている可能性があるかを見ていきます。各15個の質問中、一番Yesが多かった項目があなたの体質です。5個以上当てはまったものはその体質の傾向にあると考えてください。そのため複数ある場合もあります。詳細ページに行くと、各[気血津液]のさらに詳しい症状の解説になります。

気虚タイプ

疲れやすい
□  体力が無い
□  体がだるい
□  かぜをひきやすい
□  倦怠感が強くやる気が起こらない
□  何もしなくても汗をかく、もしくは全く汗をかかない
□  少し動くと息切れする
□  声が小さい
□  朝が苦手
□  食後眠くなる
□  食欲がわかない
□  胃下垂気味
□  下痢をしやすい
□  肌にハリがない
□  不正出血しやすい

気の不調

気滞タイプ

ため息をよくつく
□  緊張しやすい
□  喉がつかえる
□  げっぷが出やすい
□  胸やわき腹が張る
□  お腹が張りやすい
□  ガスが出ると楽になる
□  便秘と下痢を繰り返しがち
□  イライラして怒りっぽい
□  暴飲暴食しがち
□  気分が不安定で抑うつ気味
□  月経前に胸が張りやすい
□  月経前緊張症
□  月経前に情緒が乱れる
□  変動性の痛みがある

気の不調

血虚タイプ

顔色が白い
□  肌にツヤが無い
□  乾燥肌
□  集中力が無い
□  記憶力が低下
□  不安になりやすい
□  目が疲れやすく視力低下が気になる
□  めまいや立ちくらみがある
□  爪が薄くて割れやすい
□  足がつりやすい
□  夢が多く熟睡できない
□  コロコロ便で便秘がち
□  手足がしびれる
□  月経量が少ない
□  月経が遅れ気味

血の不調

瘀血タイプ

顔色が暗い
□  シミやアザができやすい
□  目の下のクマが出やすい
□  同じ部分に痛みが出る
□  肩こりや頭痛がある
□  舌が紫っぽい
□  静脈瘤のような血管が浮き出ている
□  下腹部に圧痛が出やすい
□  腰痛がある
□  お腹周りが太りやすい
□  月経痛が強い
□  月経血にレバー状の塊がある
□  冷えやのぼせが起こりやすい
□  唇が紫色
□  打撲やむち打ちになりやすい

血の不調

津虚タイプ

口が乾きやすい
□  乾燥肌
□  ドライアイ
□  髪の毛がパサつく
□  便が固い
□  喉が弱い
□  寝汗がすごい
□  ほてりや微熱の症状がある
□  落ち着きがない
□  疲れがたまっている
□  舌に亀裂が入っている
□  舌の色が深紅
□  手足のほてりがある
□  のぼせの症状がある
□  脱水症状気味

津液の不調

水滞タイプ

体が重くだるい
□  むくみやすい
□  雨の日や梅雨に具合が悪くなりやすい
□  下痢や軟便になりやすい
□  胃がぽちゃぽちゃする
□  吐き気やめまいになりやすい
□  車酔いしやすい
□  痰が出やすい
□  鼻水や鼻づまりになりやすい
□  頭が重く痛い
□  汗がべとつく
□  胃腸が弱い
□  おりものが多い
□  朝関節が固くて曲がりづらい
□  腰痛や関節痛がある

津液の不調




次はこれを要チェック

臓腑弁証 八綱弁証 東洋医学の基本 東洋医学の言葉の意味 気血津液