アイリス(イリス)の効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

 Iris

アイリス(イリス)精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. アイリスの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド

 






 

キーワード&データ

心の傷を守る

 

名前 アイリス、イリス、Iris
学名
  • Iris pallida
  • Iris germanica
  • Iris florentina
科名 アヤメ科
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ミドル(~ベース)ノート
注意事項 妊娠中は避ける、刺激強
香り 【フローラル系】スミレに似た温かくフローラルな香り
主な成分 イロン、イオノン,アセトバニリンなど

関連記事まとめ: #アイリス

 

ストーリー

古くから、高級な香水や化粧品の原料として使われてきました。希少価値の高い精油です。刺激が強いため、大量の使用は避けてください。

 

植物の特徴

アヤメ属の植物で、世界の暖かい地域に150種類ほど生息しています。日本でも馴染み深く、紫色の綺麗な花を咲かせます。

 

アイリスの効果効能

心への効能

心を落ち着かせ、バランスをとってくれます。ポジティブな思考をもたらし、心の傷を守ってくれます。

体への効能

浄化作用があり、解毒や利尿に使われます。呼吸器系にも効果的で、喘息、気管支炎、去痰作用があります。

皮膚への効能

美容効果が高いとされています。メラニンの生成を抑えるため、美白効果があったり、抗酸化作用もあると言われています。

 

体への効能
  • 浄化作用
  • 解毒作用
  • 抗酸化作用
  • 去痰作用
  • 呼吸器系の不調改善
  • 健胃作用
肌への効能
  • メラニン生成抑制作用

effects10effects

 

おススメ使い方

芳香浴、フレグランス

aroma_recipes

 

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

フローラル系の相性がいい香りです。

blend_point ブレンド blend1

 

 

 

次はこれを要チェック

essentialoils herbs floralwater vegetableoils

 

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。
参考文献を見る
画像@ Depositphotos.com/Tomorrow

コメントを残す