レモンタイムの効能|アロマオイル・精油・エッセンシャルオイル紹介

レモンタイム精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. レモンタイムの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド



キーワード&データ

希望、明るさ

名前 レモンタイム、Lemon Thyme
学名 Thymus citriodorus
科名 シソ科
抽出部位 花、葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート トップノート
注意事項 刺激強、妊娠中は避ける
香り 【ハーブ系】ほんのりレモンの香りがするハーブ調の香り
主な成分 【酸化物類】1,8-シネオール、リナロール、カンファー、パラシメン、カンフェン、リモネンなど

その他のタイムの記事をチェック: #タイム

ストーリー

レモンタイムはコモンタイムの変種と思われていましたが、近年のDNAの検査により、固有の植物という説が明らかになってきました。レモンがほんのり香るこのタイムは、薬用とともに、料理やガーデニングでもよく使われる種類です。コモンタイムに比べ、穏やかな作用です。タイムの様々な種類をまとめて比較した詳細は下記になります。

タイムの種類比較

植物の特徴

レモンタイムは10~30cm程まで育ちます。夏にピンク色の花を咲かせます。

レモンタイムの効果効能

体への効能

レモンタイムは運動後の関節や筋肉を和らげるためのマッサージに有効です。風邪の時にはマッサージや芳香浴で使用するといいです。レモンが混ざったすっきりした香りはリラックスや集中力・記憶力アップにもつながります。

皮膚への効能

レモンタイムはコモンタイムより穏やかな作用なので、比較的皮膚に使用しやすいです。虫刺されの痛みや炎症、ニキビの治療には、消毒薬として作用します。

体への効能
  • 抗菌作用
  • 消毒作用
  • 鬱滞除去作用
  • リラックス作用
肌への効能
  • 消毒作用
  • 抗炎症作用

作用の意味一覧 精油の体への作用

おススメ使い方

芳香浴、沐浴、ボディー・ハンドケア、スキンケア、クリーム、ホームケア

エッセンシャルオイルの使い方一覧

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

精油のブレンドの基本 精油のブレンドレシピ一覧

次はこれを要チェック

精油の作用一覧 ハーブの効果効能一覧 植物油脂の種類一覧 フローラルウォーター一覧 エッセンシャルオイルの使い方一覧 精油のブレンドレシピ一覧 アロマセラピーの基本 アロマセラピーの豆知識

スポンサーリンク





注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

参考文献を見る

コメントを残す