バードックの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

BurdockRoot

バードックの効果効能

目次

  1. キーワード&データ
  2. 特徴
  3. 有効成分
  4. 注意事項・禁忌
  5. バードックの使い方
  6. アーユルヴェーダからみた使い方
  7. 中医学・漢方からみた使い方

 






 

キーワード&データ

キーワード:デトックスに

名前 バードック、バードックルート、burdock
和名 ゴボウ(牛蒡)
学名・読み方 Arctium lappa [アルクティウム・ラッパ]
科名 キク科
使用部位
ジェンダー 女性
惑星 金星
四大元素
性質 熱・乾

関連記事まとめ: #バードック

 

特徴

バードックはキク科の二年草で、日本では「ゴボウ」として料理に使われています。ゴボウ茶としても飲まれています。ハーブティーでも食用としても根が使われます。6,7月に紫色の花を咲かせます。学名のArctiumは、ギリシャ語で「熊」を意味するarktosが由来です。熊のように毛深い実をつけることからきています。

スピリチュアルなストーリー

古くからバードックには魔除けや守護の力があると信じられていました。 家の周りに投げることで、マイナスなエネルギーから守ってくれると言われていました。守護のインセンスに加えられていたそうです。カルペパーはバードックの根を松の実と一緒に飲むと、粘液、膿、血痰にいいとしました。根の砂糖漬けは、肺病、結石、下痢にいいとしました。

バードックの効果効能

デトックス効果が抜群のハーブです。浄血作用に優れているので、湿疹、腫れもの、ニキビ、じんましんなどの皮膚疾患に用いられています。利尿、緩下、利胆目的のためにも使われます。その他、血糖値を下げる効果もあります。最近では、抗変異原性や細胞増殖促成作用があることが分かってきています。

作用

  • 利尿作用
  • 緩下作用
  • 浄血作用
  • 解毒作用
  • 健胃作用
  • 抗真菌作用
  • 血糖値降下作用
  • 発汗作用
  • 抗菌作用

適応

  • にきび
  • 腫れもの
  • 皮膚炎
  • リウマチ
  • 便秘
  • 高血糖

effects

 

有効成分

苦味配糖体、精油、イヌリン、粘液質、ポリアセチレン類、含硫アセチレン化合物、フィトステロールなど

 

注意事項・禁忌

通常の使用の範囲では安心して使えるハーブです。妊娠中・授乳中の使用に関しては、問題は確認されていないものの、最終的な安全性は確立されていません。まれにアナフィラキシー反応が起こることが報告されています。

 

安全性クラス : 1(適切に使用する場合、安全に摂取することができるハーブ)
相互作用クラス: A(臨床的に関連のある相互作用が予測されないハーブ)

『メディカルハーブ安全性ブック第2版』

 

バードックの使い方

ティーの飲み方

小さじ1をお湯に入れ、5分蒸らす。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブの使い方

便秘による腹痛に

バードック、コリアンダータイム

symptom

 

おすすめの使い方

ハーブティー、ホームケア、スキンケア、料理

herds_advanced1

 

アーユルヴェーダからみた使い方

名前:バードック

バードックは血液とリンパの強いクレンジングの力があります。うっ血を流し、腫れを改善し、尿や皮膚から毒素を排出します。特に種子は利尿作用とデトックス作用があり、咳を緩和させます。根はより栄養価が高く、ヴァータを増やします。毎日使用するとピッタのための強壮と若返りにいいと考えられます。その場合コリアンダーやイエロードックと相性がいいです。怒り、攻撃、欲望といった感情を一掃する手助けになります。バードックはアーマのコンディションにも向いています。有毒な熱や関節炎などです。

※上記メディカルハーブのArctium lappaと違う植物の可能性もあります。

学名 Arctium 
使用部位 根、種子
ドーシャエネルギー PK-, (過剰摂取の場合V+)
6つのラサ 苦味、辛味、渋味(根は甘味も)
ヴィールヤ(消化中のエネルギー) 冷却
ヴィパーカ(消化後の味) 辛味
ダートゥ(組織への影響) リンパ、血液
系統 呼吸器系、泌尿器系、循環器系、リンパ系

 

中医学・漢方からみた使い方

生薬名:牛蒡子|ゴボウシ

西洋のメディカルハーブと同じ植物です。日本ではお馴染みの野菜のごぼうの果実を用います。主な効能は、風熱を辛涼発表し、肺の調整をすることで発疹を促し、炎症を抑え、腫瘍を消します。痛みを伴う風疹、熱を持った可能性の腫れ物などに有効です。

学名 Arctium lappa
使用部位 果実
成分 リグナン配糖体(アルクチイン)、脂肪油など
薬理 抗真菌作用、子宮収縮作用、血糖低下作用
性味 辛苦、涼
帰経 肺、胃

 

 

 

次はこれを要チェック

herbsgardening  essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々進化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もございます。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご利用ください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談してください。特に漢方の生薬や処方は独断で使用することは大変危険です。必ず専門医に相談してください。
参考文献をみる
@Depositphotos.com/ amoklv

コメントを残す