各生薬・漢方薬の効能

牛蒡子(ごぼうし)の効果効能|東洋医学の生薬・ハーブ・薬草・食薬

牛蒡子(ごぼうし)の効果効能

東洋医学で使われる生薬の紹介をしています。副作用や組み合わせによる注意点などがある場合があります。すべての情報を網羅しているわけではありませんので、使用の際は必ず専門知識のある人に相談してください。

目次

  1. 牛蒡子のデータ
  2. 牛蒡子の特徴
  3. 牛蒡子の使い方



牛蒡子のデータ

名前 牛蒡子(ごぼうし)、悪実(あくじつ)、大力士(だいりきし)など
英語 Burdock Fruit
ラテン名 Arctii Fructus
学名 Arctium lappa Linné
使用部位 果実
成分 リグナン配糖体(アルクチイン)、脂肪油など
四気 涼性
五味 辛・苦
帰経(臓腑弁証
効能分類 辛涼解表薬

その他の牛蒡子の記事をチェック: #バードック

牛蒡子の特徴

※図や表以外で、東洋医学の言葉は全て[ ]の中に表しています。例えば、[心]は東洋医学での[心](しん)を表し、普通に心と書いてある場合は、通常の「こころ」を表しているとお考え下さい。そして[ ]内の言葉はまとめて東洋医学の言葉一覧のページで意味を調べられます。

特徴

西洋のメディカルハーブでは、バードックルートという名前で牛蒡子と同じゴボウの根を用います。牛蒡子は果実になります。

東洋医学の効能

体の表面にある[風熱邪]を払います。さらに消炎し痰を除いたり、解毒をしてくれます。そのため、[風熱]によるかぜ、扁桃炎、咳などに使われます。消炎し、かゆみを止め、発疹や腫瘍を取り除くので、皮膚の症状に良いです。[斑疹不透](はんしんふとう)と言い、じんましんやはしかなどで、発疹は進まず、体内に熱とともに毒素が残っている状態のときに使います。この[斑疹不透]の状態から、発汗などで発疹を促して毒素を取り除くことを[透疹](とうしん)と言います。皮膚化膿症、はしかの初期にも使われます。

適応症

[風熱]によるかぜ・扁桃炎・咳、のどの痛みや腫れ、かゆみを伴う風疹、熱を持った化膿性の腫れものなど

牛蒡子の使い方

ブレンド例

かぜ、咽喉炎を治します。

牛蒡子+薄荷

のどの痛みを止め、去痰します。

牛蒡子+桔梗

『漢方294処方生薬解説』より

処方例

下記の漢方薬に使われています。

柴胡清肝湯 清熱剤
消風散 祛風剤
駆風解毒湯 清熱剤




次はこれを要チェック

東洋医学の基本 東洋医学の応用 ハーブの効果効能一覧 食材別ドーシャへの影響