ペパーミントの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

peppermint

ペパーミントの効果効能

目次

  1. キーワード&データ
  2. 特徴
  3. 有効成分
  4. 注意事項・禁忌
  5. ペパーミントの使い方
  6. アーユルヴェーダからみた使い方
  7. 和ハーブとしての使い方
  8. 中医学・漢方からみた使い方

 






 

キーワード&データ

キーワード:胃のもたれ、消化促進に

名前 ペパーミント、peppermint
和名 セイヨウハッカ(西洋薄荷)
学名・読み方 Mentha piperita [メンタ・ピペリタ]
科名 シソ科
使用部位
ジェンダー 男性
惑星 水星
四大元素
性質 熱・乾

関連記事まとめ:#ミント

 

特徴

草丈1.2mほどの多年草です。ミントは簡単に自然交配してしまうので、いろいろな種類があります。ペパーミントはその中でも代表的なハーブです。ペパーミントは、ウォーターミント(M.aquatica)と、スペアミント(M.spica)の自然雑種から生じた栽培種とされています。学名のpiperitaは、ギリシャ語でコショウを意味するpeperiが由来です。そのことからもわかるように、ペパーミントはほかのミントよりスパイシーで強い香りがあります。学名Menthaの由来はミントの花言葉をご覧ください。

スピリチュアルなストーリー

ペパーミントは、昔から癒しや浄化と関連付けられてきました。家具や床などにこすりつけると、その場の悪いエネルギーを除いてくれると言われていました。また、財布の中にペパーミントを入れることで、金運がアップするとして使われていました。

ペパーミントの効果効能

ペパーミントは、賦活後、鎮静させてくれる珍しいハーブです。中枢神経を刺激し、脳の働きを活性化してくれます。眠気を吹き飛ばし、集中したいときに向いています。熱を覚ます効果があるので、暑い夏に冷たいミントティーはぴったりです。発熱時にも体を冷ましてくれます。また、上腹部の機能性、痙攣性障害に有効で、胸やけ、吐き気、痙攣性の痛みによく効きます。天然の胃腸薬となります。消化を助けてくれるので、食べ過ぎや胃もたれ、乗り物酔いにも効果的です。ペパーミントの精油成分には、大腸菌や黄色ブドウ球菌に対しての抗菌作用があるので、消化不良や吐き気にいいことが分かっています。さらに精油成分は平滑筋に作用し、カルシウムイオンの調整を行い、鎮痙作用をもたらすことが科学的に分かっています。それは鼓脹や過敏性腸症候群に効果的です。ペパーミント精油は禁忌が多いですが、ハーブは作用が穏やかなので使いやすいです。

作用

  • 賦活作用
  • 鎮痙作用
  • 駆風作用
  • 利胆作用
  • 抗菌作用

適応

  • 鼓脹
  • 腹部膨張感
  • 食欲不振
  • 消化不良
  • 下痢・便秘
  • 過敏性腸症候群
  • 集中力欠如
  • 口腔粘膜炎症
  • 上気道カタル
  • 筋肉痛
  • 神経痛
  • 胸やけ
  • 吐き気

effects

 

有効成分

精油、フラボノイド(アピゲニン、ルテオリン)、タンニン、フェノール酸(カフェ酸、クロロゲン酸、ロスマリン酸)など

 

注意事項・禁忌

通常の使用の範囲では安心して使えるハーブです。妊娠中・授乳中の使用に関しては、問題は確認されていないものの、最終的な安全性は確立されていません。胃食道逆流、裂孔ヘルニア、胃腸の潰瘍、胃腸の炎症のある人は使用に注意が必要です。軽い胸やけを起こす可能性があるため、幼少期には向きません。

 

安全性クラス : 1(適切に使用する場合、安全に摂取することができるハーブ)
相互作用クラス: A(臨床的に関連のある相互作用が予測されないハーブ)

『メディカルハーブ安全性ブック第2版』

妊娠中・授乳中の悪影響は報告されていない

『ESCOP Monographs』

 

ペパーミントの使い方

ティーの飲み方

小さじ2をお湯に入れ5分蒸らす。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブの使い方

急性の消化器系の不調に

  1. ペパーミントのチンキを作る
  2. チンキ10~20滴を水に混ぜ、服用する

『フィトセラピー植物療法事典』

乗り物酔いのためのハーブブレンド

ペパーミント、ローズマリー

symptom

 

おすすめの使い方

ハーブティー、ホームケア、バス、芳香浴、料理

herds_advanced1

 

アーユルヴェーダからみた使い方

名前:ミント|Phudina

ここでは一般的なミント(とくにペパーミント、スペアミント、ホースミント)の解説をします。ミントは優しく神経系と消化器系に働きかけます。身体をリラックスさせ、マインドや感覚をクリアにさせます。風邪やインフルエンザや合併症の発汗を穏やかに助けます。ペパーミントは、一番の刺激剤と消化促進剤です。スペアミントはよりリラックスや利尿にいいです。ホースミントは一番の鎮痙剤で、月経困難症に向いています。ミントは、とてもたくさんのエーテルの要素を含んでいると考えられています。そのため、滑らかにし、冷やし、浄化し、広げる性質があります。精神や感情の緊張や混乱を静めてくれます。

学名 Mentha spp. 
使用部位
ドーシャエネルギー PK-, (過剰摂取の場合V+)
6つのラサ 辛味
ヴィールヤ(消化中のエネルギー) 冷却(少し)
ヴィパーカ(消化後の味) 辛味
ダートゥ(組織への影響) リンパ、血液、骨髄、神経
系統 呼吸器系、消化器系、神経系、循環器系

 

和ハーブとしての使い方

和名:薄荷|ハッカ

西洋のメディカルハーブとは種小名が異なり近縁種となります。日本薄荷、和種薄荷とも言われます。中国から渡来されたと言われています。西洋薄荷とも言われるペパーミントとは、花の付き方が異なります。成分的には、日本薄荷はペパーミントに比べてメントールの含有量がとても多いです。そして甘い香りが少ないので、ペパーミントよりミント感が強いです。肌に使用すると、気化熱を奪って蒸発するため、清涼感があります。内服すると血管を広げ体を温めます。夏に採取した葉と茎を乾燥させ、チンキ剤やハーブティーとして服用します。

学名 Mentha arvensis var. piperascens
使用部位 葉・茎
成分 精油など
作用 健胃作用、鎮痛作用、鎮痒作用、収れん作用、駆虫作用、血管拡張作用、発汗作用、解熱作用
適応 消化不良、吐き気、腹部膨満感、頭痛、歯痛、口内炎、湿疹、風邪

 

中医学・漢方からみた使い方

生薬名:薄荷葉|ハッカヨウ

かぜの初期の発熱に用いることで、発汗させ症状を緩和させてくれます。また、かぜやのぼせによって起こる痛み(頭痛や喉の痛みなど)を熱を下げることで抑えます。その他、目の充血、消化不良による腹部膨満感、口内炎、歯痛、湿疹に有効です。

学名 Mentha arvensis var. piperascens
使用部位 地上部
成分 精油、配糖体など
薬理 鎮痛作用、血管拡張作用、皮膚刺激作用、鎮痙作用、局所刺激作用、局所麻酔作用、利胆作用、駆虫作用
性味 辛、涼
帰経 肺、肝

 

 

 

次はこれを要チェック

herbsgardening  essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々進化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もございます。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご利用ください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談してください。特に漢方の生薬や処方は独断で使用することは大変危険です。必ず専門医に相談してください。
参考文献をみる
@Depositphotos.com/ Miro-Novak

コメントを残す