ジャーマンカモミールの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ

german_chamomile_herb

カモミールジャーマンの効果効能

目次

  1. キーワード&データ
  2. 特徴
  3. 有効成分
  4. 注意事項・禁忌
  5. カモミールジャーマンの使い方
  6. アーユルヴェーダからみた使い方

 






 

キーワード&データ

キーワード:心身のリラックス

名前 ジャーマンカモミール、カモミールジャーマン、カモマイルジャーマン、German chamomile
和名 カミツレ(加密列)
学名・読み方
  • Matricaria recutita [マトリカリア・レクティタ]
  • M. chamomilla [M. カモミラ]
科名 キク科
使用部位
ジェンダー 男性
惑星 太陽
四大元素

関連記事まとめ: #カモミール

 

特徴

カモミールは古くから万能薬に使われてきました。ドイツでは「母の薬草」、中国では「母菊」、フランスでは「貴婦人の花」と呼ばれ、民間薬として様々な国で親しまれてきました。ジャーマンカモミールは今でも世界中で最も飲まれるハーブティーの一つです。西洋のメディカルハーブとしては、ローマン種よりジャーマン種を使用することが多いです。

スピリチュアルなストーリー

ジャーマンカモミールは、昔から安眠薬として使用されていました。また、お金を呼び込むためにも使用されたと言われています。呪いと戦う際にも使われたそうです。カルペパーは、カモミールの煎じ汁は、わき腹の痛みやさしこみを消すとしていました。カモミールで作った油は、脇腹、肝臓、脾臓の異常にこれ以上有用なものは無いとしています。

カモミールジャーマンの効果効能

心身をリラックスさせるハーブの代表です。作用が穏やかなので子供からお年寄りまで幅広く楽しめます。寝る前に飲むことで心地よい眠りをもたらしてくれます。胃腸の調子を整えるので、胃炎や大腸炎にも使えます。疲労回復やストレス回復にもいいハーブです。また、女性特有の月経痛などの症状の緩和や、肌には炎症を抑える効果があります。目の炎症や口内炎、歯の傷みにも効きます。効果が幅広く、作用が優しいので、ストックする定番のハーブとして人気です。創傷には外用で、その他はティーとして服用します。

作用

  • 消炎作用
  • 鎮静作用
  • 鎮痙作用
  • 駆風作用
  • 殺菌作用
  • 筋肉弛緩作用
  • 抗アレルギー作用

適応

  • 胃炎
  • 胃潰瘍
  • 胸やけ
  • 生理痛
  • 疝痛
  • 皮膚炎
  • 口内炎
  • 冷え性
  • 不眠
  • 湿疹
  • 腰痛
  • リウマチ

effects

 

有効成分

精油、セスキテルペンラクトン類(マトリシン)、フラボノイド(アピゲニン、ルテオリン)コリン、クマリン類など

 

注意事項・禁忌

通常の使用の範囲では安心して使えるハーブです。妊娠中・授乳中の使用に関しては、問題は確認されていないものの、最終的な安全性は確立されていません。

 

安全性クラス : 1(適切に使用する場合、安全に摂取することができるハーブ)
相互作用クラス: A(臨床的に関連のある相互作用が予測されないハーブ)

『メディカルハーブ安全性ブック第2版』

キク科アレルギーの人は注意

『ESCOP Monographs』

急性の症状が1週間以上続くとき、もしくは定期的に発症する場合は注意

『The ABC Clinical Guide to Herbs』

 

カモミールジャーマンの使い方

ティーの飲み方

小さじ1をお湯に入れ5分蒸らす。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブの使い方

胃腸の不調(心因性)に

  1. 小さじ2-3杯のカモミールに1カップの熱湯を注ぐ
  2. 5-10分蒸らし、きれいに濾す
  3. 1日数回、食間にゆっくり飲用する

『フィトセラピー植物療法事典』

ニキビ改善のハーブブレンド

カモミールジャーマン、エキナセアネトルレッドクローバー

symptom

 

おすすめの使い方

ハーブティー、スキンケア、ホームケア、ヘアケア、バス、芳香浴、料理、園芸

herds_advanced1

 

アーユルヴェーダからみた使い方

名前:カモミール

カモミールは、過剰に摂取しなければすべてのドーシャにいいハーブです。特にピッタ体質にいいです。ハーブティーにフレッシュのジンジャーを少しプラスすることで、完全にバランスが取れた飲み物になります。頭痛やうっ血を軽減させます。月経を促す作用があり、無月経症にいいと言われています。また、感情のバランスを取るのにとてもいいハーブです。神経性の痛みにも効果的です。その他、消化不良、目の炎症、黄疸などに使われます。

学名
  • Matricaria recutita(ジャーマン)
  • Anthemis nobilis(ローマン)
使用部位 花、葉
ドーシャエネルギー KP-, (過剰摂取の場合V+)
6つのラサ 苦味、辛味
ヴィールヤ(消化中のエネルギー) 冷却
ヴィパーカ(消化後の味) 辛味
ダートゥ(組織への影響) リンパ、血液、筋肉、骨髄、神経
系統 呼吸器系、消化器系、神経系

 

 

 

次はこれを要チェック

herbsgardening  essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々進化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もございます。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご利用ください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談してください。
参考文献をみる
@Depositphotos.com/ benedamiroslav

コメントを残す