ラブラドルティの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

ラブラドルティ精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. ラブラドルティの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方



キーワード&データ

感情の表現

名前 ラブラドルティ、グリーンランドモス、Ledum、Labrador Tea
学名 Ledum groenlandicum
科名 ツツジ科
抽出部位 花、葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート トップノート
注意事項 妊娠中・幼児・てんかん症は避ける、抗凝血剤を使用している人は避ける
香り 【ハーブ系】苦くツンとしたハーブ調の香り
主な成分 【モノテルペン炭化水素類】リモネン、サビネン、β-セリネン、α-ピネン、β-ピネン、β-ビサボレンなど
チャクラ 第5チャクラ

その他のラブラドルティの記事をチェック: #ラブラドルティ

ストーリー

古くからアメリカの原住民に使用されてきた植物です。北アメリカから北極圏にブラックスプルースと一緒に生息します。カナダでとれる珍しい精油です。グリーンランドモスとも呼ばれます。

植物の特徴

常緑の植物で、高さは1.5m程になります。春から夏にかけて白い花を咲かせます。

ラブラドルティの効果効能

心への効能

喉のチャクラに働きかけ、自分の感情をうまく表現することを助けてくれます。過去のトラウマや嫌な出来事を手放し、不安や神経質といったネガティブな感情を緩和させてくれる働きもあります。

体への効能

とても作用が強い精油と言われていますので、使用には注意をしてください。肝臓の不調や鬱血、免疫低下などに有効です。鎮静、鎮痙とともに、強壮する働きがあります。

体への効能
  • 抗菌作用
  • 抗感染作用
  • 抗炎症作用
  • 殺菌作用
  • 鎮痙作用
  • 鎮静作用
  • 駆風作用
  • 刺激作用
  • 強壮作用
  • 免疫向上作用
  • 肝臓強壮作用
  • 健胃作用
  • 抗不安作用
  • 抗うつ作用
  • 浄化作用
  • 鬱血除去作用

作用の意味一覧 精油の体への作用

おススメ使い方

芳香浴、ホームケア

エッセンシャルオイルの使い方一覧

次はこれを要チェック

精油の作用一覧 ハーブの効果効能一覧 植物油脂の種類一覧 フローラルウォーター一覧 エッセンシャルオイルの使い方一覧 精油のブレンドレシピ一覧 アロマセラピーの基本 アロマセラピーの豆知識

スポンサーリンク





注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

参考文献を見る

コメントを残す