各生薬・漢方薬の効能

麦門冬(ばくもんどう)の効果効能|東洋医学の生薬・ハーブ・薬草・食薬

麦門冬(ばくもんどう)の効果効能

東洋医学で使われる生薬の紹介をしています。副作用や組み合わせによる注意点などがある場合があります。すべての情報を網羅しているわけではありませんので、使用の際は必ず専門知識のある人に相談してください。

目次

  1. 麦門冬のデータ
  2. 麦門冬の特徴
  3. 麦門冬の使い方

麦門冬のデータ

名前 麦門冬(ばくもんどう)、小葉麦門冬(しょうようばくもんどう)、川麦冬(せんばくとう)など
英語 Lily Turf Root, Ophiopogon Root
ラテン名 Ophiopogonis Radix
学名 Opiopogon japonicus Ker-Gawler
使用部位 根の膨大部
成分 ボルネオ―ル、ステロイドサポニン(オフィオポゴニン)、ホモイソフラボノイド、多糖類など
四気 寒性
五味 甘、微苦
帰経(臓腑弁証
効能分類 補陰薬、鎮咳去痰薬

その他の麦門冬に関する記事をチェック: #バクモンドウ

麦門冬の特徴

※図や表以外で、東洋医学の言葉は全て[ ]の中に表しています。例えば、[心]は東洋医学での[心](しん)を表し、普通に心と書いてある場合は、通常の「こころ」を表しているとお考え下さい。そして[ ]内の言葉はまとめて東洋医学の言葉一覧のページで意味を調べられます。

特徴

ジャノヒゲという植物の根を使用します。ジャノヒゲは一定の湿度を保ちながら土壌を強く固めながら育ちます。それと同様、生薬にも潤す作用があります。天門冬と似た作用を持つことから、2つを二冬を言うことがあります。天門冬は潤す作用がより強く、麦門冬は気持ちを落ち着かせる作用があることが特徴です。

東洋医学の効能

[津液]を補う

体内の[津液]を補って、[口渇]や寝汗を治します。乾燥性の便秘にも使われます。[肺]を潤して熱を冷まし、炎症を鎮めます。そして乾燥性のせきを止めてくれます。また、[胃]の分泌腺を促進して消化を助けてくれます。食欲はあるのに消化できないような場合に向いています。

[心]を補う

[心]を補って、精神的に落ち着きを与えます。そして不眠、動悸、ほてりなどを改善します。

適応症

乾燥したせき、吐血、喀血、[煩熱]、熱病による体液の消耗、乾燥性の便秘など

麦門冬の使い方

ブレンド例

[津液]を補います。

麦門冬+玄参

[陰液]を補い、粘膜を潤し、炎症を治します。

麦門冬+地黄

『漢方294処方生薬解説』より

処方例

配合されている漢方薬の一例です。

温経湯 理血剤
滋陰至宝湯 補陰剤
炙甘草湯 気血双補剤
辛夷清肺湯 清熱剤
麦門冬湯 潤燥剤

次はこれを要チェック

東洋医学の基本 東洋医学の応用 ハーブの効果効能一覧 食材別ドーシャへの影響