各生薬・漢方薬の効能

黄耆(おうぎ)の効果効能|東洋医学の生薬・ハーブ・薬草・食薬

黄耆(おうぎ)の効果効能

東洋医学で使われる生薬の紹介をしています。副作用や組み合わせによる注意点などがある場合があります。すべての情報を網羅しているわけではありませんので、使用の際は必ず専門知識のある人に相談してください。

目次

  1. 黄耆のデータ
  2. 黄耆の特徴
  3. 黄耆の使い方



黄耆のデータ

名前 黄耆(おうぎ)、黄芪(おうぎ)、百本(ひゃくほん)など
英語 Astragalus Root
ラテン名 Astragali Radix
学名
  • Astragalus membranaceus Bunge
  • Astragalus mongholicus Bunge
使用部位
成分 フラボノイド、トリテルペノイドサポニン、γ-アミノ酪酸(GABA)
四気 微温性
五味
帰経(臓腑弁証
気血水弁証 気虚
効能分類 補気薬、排膿薬

その他の黄耆の記事をチェック: #オウギ

黄耆の特徴

※図や表以外で、東洋医学の言葉は全て[ ]の中に表しています。例えば、[心]は東洋医学での[心](しん)を表し、普通に心と書いてある場合は、通常の「こころ」を表しているとお考え下さい。そして[ ]内の言葉はまとめて東洋医学の言葉一覧のページで意味を調べられます。

特徴

補気薬の基本の生薬のひとつです。

東洋医学の効能

[補気]をする

[気]の消耗による、倦怠感、慢性疲労、食欲不振、息切れ、めまい、慢性下痢などの症状に用いられます。止汗作用もあるので、[気虚]による[自汗]に使用し、利尿することによって汗を止めます。

排膿作用

熱の無いできものに使用します。排膿を促して改善を早めます。皮膚の再生を促す作用もあり、切り傷や皮膚化膿症にも使われます。

利水作用

[気虚]の人は[津液]を動かす力が無く、不要な水分が体内に溜まってしまうことがあります。虚弱体質の人のむくみ、全身のだるさなどに用いられます。

適応症

[自汗]、寝汗、化膿性のできもの、むくみ、倦怠感・慢性疲労・食欲不振・息切れ・めまい・慢性下痢などの[気虚]の症状など

黄耆の使い方

ブレンド例

[陽虚]による[自汗]を治します。

黄耆+五味子

排膿を促進して、皮膚や粘膜を回復させます。

黄耆+桔梗

『漢方294処方生薬解説』より

処方例

配合されている漢方薬の一例です。

黄耆建中湯 温裏剤
帰脾湯 気血双補剤
十全大補湯 気血双補剤
防已黄耆湯 祛湿剤
補中益気湯 補気剤




次はこれを要チェック

東洋医学の基本 東洋医学の応用 ハーブの効果効能一覧 食材別ドーシャへの影響