各生薬・漢方薬の効能

甘草(かんぞう)の効果効能|東洋医学の生薬・ハーブ・薬草・食薬

甘草(かんぞう)の効果効能

東洋医学で使われる生薬の紹介をしています。副作用や組み合わせによる注意点などがある場合があります。すべての情報を網羅しているわけではありませんので、使用の際は必ず専門知識のある人に相談してください。

目次

  1. 甘草のデータ
  2. 甘草の特徴
  3. 甘草の使い方



甘草のデータ

名前 甘草(かんぞう)、密甘(みつかん)、密草(みつそう)など 
英語 Licorice
ラテン名 Glycyrrhizae radix
学名
  • Glycyrrhiza uralensis Fischer
  • Glycyrrhiza glabra Linné
使用部位 根、ストロン(周皮を取り除いている場合もある)
成分 トリテルペノイドサポニン(グリチルリチン酸)、フラボノイド(リキリチゲニン、イソリキリチゲニン)など
四気 平性
五味
帰経(臓腑弁証
気血水弁証 気虚
効能分類 補気薬、健胃薬、排膿薬、外用薬

その他の甘草の記事をチェック: #リコリス

甘草の特徴

※図や表以外で、東洋医学の言葉は全て[ ]の中に表しています。例えば、[心]は東洋医学での[心](しん)を表し、普通に心と書いてある場合は、通常の「こころ」を表しているとお考え下さい。そして[ ]内の言葉はまとめて東洋医学の言葉一覧のページで意味を調べられます。

特徴

リコリスとも呼ばれ、西洋のメディカルハーブとしても利用されています。熱を加えたものを炙甘草(しゃかんぞう)と言い、甘草より作用が穏やかになり、[補気]の作用が高まります。

東洋医学の効能

精神の安定

甘草は強い甘味が特徴です。甘味は[気血]を補い、心身の緊張を緩めます。[気]を降ろし、鎮静する作用があります。そのため精神の安定に効果的です。

緊張緩和と鎮痛

体表や手足の筋肉・関節・腹部の緊張を解き、痛みを和らげます。(むくみのある場合を除く)

鎮咳と去痰

肺の[津液]を補い、鎮咳と去痰に効果的です。咽喉の炎症や潰瘍を改善します。

胃腸に

胃腸機能を整え、緊張を取ります。胃腸の潰瘍を治す作用があります。

その他

[陽気]を補い[気]を巡らせる作用があります。薬物や食物の中毒を解毒したり、外用として皮膚の炎症を抑えることにも使われます。大黄や芒硝などの強い瀉下剤に混ぜると、緩和と鎮痛として働きます。

適応症

咽喉腫痛、消化性潰瘍、化膿性のできもの、食中毒、薬毒など。炙甘草の方が作用が緩やかで、[脾胃]の虚弱、食欲不振、腹痛、未消化便、疲労による発熱、動悸、けいれん、ひきつけ発作などに使われます。

注意事項

グリチルリチン酸により、長期間または大量使用によって、むくみ・高血圧・低カリウム血症などを引き起こす恐れがあります。[痰湿]タイプの人、むくみやすい人は注意が必要です。また、昆布や海藻を相性が悪いと言われています。

甘草の使い方

常用量

1~3g

ブレンド例

[脾胃]を補って、精神を安定させます。薬の調和をします。

甘草+大棗

[胃気]を補って、下痢や腹痛を治します。

甘草+人参

『漢方294処方生薬解説』より

処方例

甘草は生薬の働きを高めたり、毒性を弱める調和作用があるため、あらゆる漢方薬に使われています。下記はその中の一部です。

葛根湯 解表剤
甘草湯 清熱剤
甘麦大棗湯 安神剤
芍薬甘草湯 和解剤
小柴胡湯 和解剤
四君子湯 補気剤
桔梗湯 清熱剤




次はこれを要チェック

東洋医学の基本 東洋医学の応用 ハーブの効果効能一覧 食材別ドーシャへの影響