陰陽五行説と東洋医学

腎・膀胱に関する不調・症状|東洋医学の実践

腎・膀胱に関する症状

これまで東洋医学の基本的な概念の説明と、どのように不調を診断していくかを説明してきました。体調やライフスタイルの情報を集めたら、次は体調を分類し分析していきます。東洋医学での不調の分類の仕方は、まず、[陰陽]、[気血津液]、[臓腑]のどの観点から分析するかで3つに分かれます。今回はその臓腑の中の[腎][膀胱]に関わる不調の種類を説明していきます。これまでの詳しい説明は下記をご覧ください。

東洋医学の実践法

※図や表以外で、東洋医学の言葉は全て[ ]の中に表しています。例えば、[心]は東洋医学での[心](しん)を表し、普通に心と書いてある場合は、通常の「こころ」を表しているとお考え下さい。そして[ ]内の言葉はまとめて東洋医学の言葉一覧のページで意味を調べられます。

目次

  1. [腎][膀胱]タイプの特徴
  2. [腎陽虚]
  3. [腎陰虚]
  4. [陰虚火旺]
  5. [腎精不足]
  6. [腎気不固]
  7. [膀胱湿熱]
  8. [心腎不交]
  9. [肝腎陰虚]



[腎][膀胱]タイプの特徴

[腎][膀胱]は、生命エネルギーの源です。そのため、[腎][膀胱]に不調が出やすい人は、新陳代謝や、成長・老化に関わる不調が出やすいです。老廃物の代謝が悪かったり、身体を温める機能が弱っていて冷え性の人が多いです。髪や耳との関係も強いので、白髪や抜け毛、耳の不調などが出てくる場合があります。そして[腎]に関する[病証]は[虚証]しかないのも特徴です。そのため、[腎]の不調は総称して[腎虚]と言い、共通した症状があらわれます。そこからさらに詳しく分類された特徴は次項になります。

[腎虚]の共通症状

顔色が暗黒色、耳鳴り、難聴、不妊、髪の劣化、足腰のだるさ、健忘

本来診断は色々なヒアリングなどから総合的に行いますが、自分が[五臓]のどのタイプに当てはまるかの簡単なチェックは下記をご覧ください。

臓腑弁証

[腎陽虚](じんようきょ)

[腎陽]が不足して、身体を温められない状態です。[先天不足]、老化、慢性疾患、性生活の乱れなどが原因となります。体を温めて[腎陽]を補う[温補腎陽](おんほじんよう)という治法を行います。

症状

上記の[腎虚]の症状、足腰の冷え、頻尿、無気力、インポテンツ、朝方の下痢、など

舌の状態

[舌質]は淡白、[舌苔]は[白苔]

処方例

漢方

八味地黄丸(はちみじおうがん)

精油

ジンジャージュニパーシダーウッドブラックペッパー

[腎陰虚](じんいんきょ)

[腎陰]が不足して体を潤せない状態です。慢性疾患、過労、性生活の乱れ、[温性]で乾燥させる[温燥薬]の使い過ぎなどが原因です。[腎陰]を補う[滋補腎陰](じほじんいん)という治法を行います。

症状

ページ上の[腎虚]の症状、視力低下、[五心煩熱]、寝汗、[潮熱]、[口乾]、夢が多い、眠いけれど眠れない、月経不順、月経量減少、閉経、頻尿、など

舌の状態

[舌質]が暗紅か[裂紋]、[舌苔]が[薄苔]か[無苔]

処方例

漢方

六味地黄丸(ろくみじおうがん)

精油

ゼラニウムサンダルウッド

[腎陰火旺](じんいんかおう)

[腎陰虚]の症状に[火邪]がプラスされた症状です。[火邪]を取り除く[滋陰降下](じいんこうか)という治法を行います。

症状

[腎陰虚]の症状、顔面が紅潮、強いのぼせ、性欲の異常亢進、微熱など

処方例

漢方

滋陰降火湯(じいんこうかとう)

精油

ゼラニウムサンダルウッドベチバージャスミンローズオットーネロリフランキンセンス

[腎精不足](じんせいぶそく)

[腎精]が不足して、成長発育や生殖機能の衰えが目立つ状態です。[先天不足]、過労、性生活の乱れ、不摂生などが原因になります。[腎精]を補う[補益腎精](ほえきじんせい)という治法を行います。

症状

ページ上の[腎虚]の症状、足腰の衰え、精子不足、インポテンツ、不妊、発育の遅れ、頻尿、動作緩慢、痴呆などの早老現象など

処方例

漢方

海馬補腎丸(かいばほじんがん)

精油

ジンジャーシダーウッドサンダルウッドベチバージャスミン

[腎気不固](じんきふこ)

[腎]の機能低下により、[固摂作用]が失調している状態です。[先天不足]、過労、性生活の乱れ、不摂生などが原因になります。[腎気]を補って[固摂作用]を保つ[補腎固摂](ほじんこせつ)という治法を行います。

症状

ページ上の[腎虚]の症状、頻尿、尿漏れ、小児の夜尿、失禁、早漏、おりものが透明無臭で多量、子宮下垂、流産など

処方例

漢方

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)

精油

ジンジャージュニパーサイプレス



[膀胱湿熱](ぼうこうしつねつ)

[膀胱]に[湿熱]が生じている状態です。膀胱炎はこの症状です。ウィルスなどの[外感湿熱邪]が原因のことが多いです。また、脂っぽいもの、甘いもの、お酒、辛い物の摂りすぎも原因になります。[小腸実熱]も膀胱炎のような症状で似ていますが、[小腸実熱]の場合はストレスなどの[心]への影響が原因となります。[湿熱]を取り除き、排尿時の痛みを取る[清熱利湿通淋](せいねつりしつつうりん)という治法を行います。

症状

頻尿、排尿痛、残尿感、血尿、尿熱、尿が出にくい、尿が濃く濁る、下腹部の痛み、腰痛、発熱など

舌の状態

[舌質]が紅色、[舌苔]が[黄苔]や[膩苔]

処方例

漢方

五淋散(ごりんさん)

精油

サイプレスサンダルウッド

[心腎不交](しんじんふこう)

[腎陰]の不足と[心陽]の上昇によって起こります。[心]の[陽]は通常下に下降して[腎陽]を温めます。[腎]の[陰]は通常上に上昇して[心]の[陽]を温めます。このように、通常は陰陽の関係となっていて[心腎相交](しんじんそうこう)の状態です。このバランスがくずれた状態を[心腎不交]と言います。[内傷七情]による[化火]、考えすぎ、慢性疾患、性生活の乱れなどが原因です。[心]と[腎]の[陰陽]を交通させる、[交通心腎](こうつうしんじん)という治法を行います。

症状

不眠、臓器、めまい、足腰のだるさ、[五心煩熱]、[潮熱]、寝汗、頻尿、耳鳴り、健忘など

舌の状態

[舌質]は紅色

処方例

漢方

黄連阿膠湯(おうれんあきょうとう)

精油

ローズオットーゼラニウム

[肝腎陰虚](かんじんいんきょ)

[肝陰虚]と[腎陰虚]が一緒におこっている状態です。[肝]は[血]を、[腎]は[精]を貯蔵している場所です。「肝腎同源」と言われるように、[精]と[血]はお互いに滋養し合っています。[腎精]が十分であれば[肝血]も盛んで、[肝血]が盛んであれば、[腎精]も十分になります。逆に[肝]・[腎]どちらかが[虚]になると、しばらくするともう一方にも影響してきます。過労、慢性疾患、性生活の乱れ、熱病の後などに現れやすいです。[肝]と[腎]の[陰液]を補う[滋補肝腎](じほかんじん)という治法を行います。

症状

めまい、[五心煩熱]、[潮熱]、目の疲れ、視力低下、耳鳴り、健忘、足腰がだるい、[口乾]、顔が赤い、寝汗、早漏、不妊症、月経少ないなど

舌の状態

[舌質]は暗紅や[裂紋]、[舌苔]は[薄苔]か[無苔]

処方例

漢方

杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)

精油

ネロリゼラニウム




次はこれを要チェック

漢方一覧 生薬一覧 舌から不調をチェック 東洋医学の基本 東洋医学の言葉の意味 五臓六腑 精油の作用一覧