Gardening,  各ハーブの育て方

チャービルの育て方・栽培方法|自家菜園で育てる無農薬のハーブ

チャービルの育て方・栽培方法

イタリアンパセリによく似たハーブです。料理やスパイスに使用します。

目次

  1. チャービルの特徴
  2. チャービルの育て方基本
  3. 毎日のケアとポイント
  4. 一年のスケジュールとポイント
  5. 病害虫と天然素材の対策
  6. チャービルの使い方



チャービルの特徴

名前 チャービル
英語名 Chervil
学名 Anthriscus cerefolium
科名 セリ科
分類 一年草
耐寒性 半耐寒性
草丈 20-60cm
原産地 ヨーロッパ南東~西アジア
出まわり時期  4-6, 9-10月
使える部分 葉・茎・花
殖やし方 種まき

その他のチャービルの記事をチェックする:#チャービル

チャービルの育て方基本

適した場所

涼しい、半日陰の風通しの良い場所を好みます。

日当たり 半日陰。風通しがいい場所。
水はけ 水もちがよい場所。
気温 15~20℃
やや湿り気のある肥沃な土を好む。
肥料 元肥に緩効性肥料を土に混ぜる。追肥は、固形もしくは液体肥料を月1,2回与える。

ハーブの土の種類 肥料の種類と基本

寄せ植え

イタリアンパセリやチャイブなどの環境が似たハーブが良く合います。一般的に言われる寄せ植えの基本は下記を参照ください。

ハーブの寄せ植え

いいものを選ぶコツ

移植を嫌うので、苗を購入する場合は、小さめのものを選びます。基本のいい苗の選び方は下記を参照ください。

いい苗の選び方

毎日のケア

水やり

湿った土が好みなので、土の表面が乾きはじめた時点で水を与えます。水が不足すると葉が固くなってしまいます。

ワンポイント

夏の強い日差しが苦手なので、日除けをします。

剪定、水やり、株分け、挿し木等、ガーデニングの基本となる手入れや殖やし方については下記を参照ください。

ハーブの手入れ方法 ハーブの殖やし方

1年のスケジュールと育て方のポイント

schedule_chervil

種まきのポイント

春か秋に種を蒔きます。移植を嫌うので、土に直接まきます。乾燥させないように水やりをし、間引きながら育てます。地植えの場合は株間が20cm位になるまで間引きます。

収穫のポイント

10cm程まで成長したら収穫可能です。使う直前に収穫します。外側の葉から摘んでいきます。一度に沢山収穫しすぎると、株が弱る原因になります。

花が咲いたら

花が咲くとすぐに枯れてしまいます。葉を使用する場合は、花茎が出てきたらすぐにカットします。

種の収穫

種を収穫する場合は、実が茶色くなってきたら株元からカットして、乾燥させます。

害虫と天然素材を使った対策

夏に蒸れすぎると立枯病になります。アブラムシがつく場合があります。高温になりすぎないことと、水分が少なくならないように管理し、株を強く保つようにします。詳しくは無農薬・天然にこだわった害虫対策をご覧ください。

天然の害虫対策

チャービルの使い方

イタリアンパセリに似た香りのチャービルは、料理やスパイスに使用することが多いです。

ハーブのレシピ

次はこれを要チェック

各ハーブの育て方 多肉植物の育て方一覧

ハーブの効能についてもっと知りたい場合は下記へ!

ハーブの効果効能一覧

精油、キャリアオイル、フローラルウォーターの情報も豊富です。

精油の作用一覧 植物油脂の種類一覧 フローラルウォーター一覧

スポンサーリンク





参考文献を見る