フェンネルの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

fennnel

フェンネルの効果効能

目次

  1. キーワード&データ
  2. 特徴
  3. 有効成分
  4. 注意事項・禁忌
  5. フェンネルの使い方
  6. アーユルヴェーダからみた使い方
  7. 中医学・漢方からみた使い方

 






 

キーワード&データ

キーワード:女性特有の不調に

名前 フェンネル、fennel
和名 ウイキョウ(茴香)
学名・読み方 Foeniculum vulgare [フォエニクルム・ウルガレ]
科名 セリ科
使用部位 種子
ジェンダー 男性
惑星 水星
四大元素
性質 熱・乾

関連記事まとめ: #フェンネル

 

特徴

草丈2m程になる多年草です。ヨーロッパや地中海沿岸が原産で、世界中で料理に使われているスパイスです。学名の由来はフェンネルの花言葉をご覧ください。

スピリチュアルなストーリー

フェンネルはギリシャ神話では反逆の神であるプロメテウス、ローマ神話では酒神のバッカスに関連付けられたハーブです。守護やヒーリングの力があると信じられていて、家で育てると、その家を守ってくれると言われていました。種子を持ち歩くと、同じように悪いエネルギーから守ってくれると信じられていました。カルペパーは、料理でフェンネルと魚を一緒に煮ることは、魚から大量に出る体に悪い粘液質の体液を消してくれるとして、推奨していました。また、肺の詰まりによる息切れ、喘鳴などによく、月経の促進や産後の臓器をきれいにすることにもいいとしていました。

感情面にもたらす効果

フェンネルは、母乳の出を良くするために使われているように、母親のようなハーブと考えられます。元気や滋養、安心感を与え、心を穏やかにさせてくれます。愛に飢えている人の心を開いてくれます。また、母親になったばかりの女性によく、母と子の絆を深めたり、相互に滋養を与える手助けをしてくれます。

フェンネルの効果効能

フェンネルは消化にとても良いハーブです。芳香性健胃剤として使われます。食べ過ぎや飲み過ぎによる消化不良を改善します。それに加えて駆風作用があるため、胃や腸内ガス、疝痛などの改善にも向いています。鎮痙作用と去痰作用により、呼吸器系にも働きかけます。鼻水や咳などの症状を緩和させます。子供の風邪の症状緩和にフェンネルシロップが使われることがあります。その他、母乳の出を良くする効果もあります。

作用

  • 駆風作用
  • 去痰作用
  • 鎮痙作用

適応

  • 鼓腸
  • 疝痛
  • 上気道カタル

effects

 

有効成分

精油、油脂、フラボノイド(クエルセチン、ケンフェロール)、フラボノイド配糖体(ルチン)、タンパク質など

 

注意事項・禁忌

通常の使用の範囲では安心して使えるハーブです。妊娠中・授乳中の使用に関しては、問題は確認されていません。フェンネル精油やアルコール抽出物は妊娠中や授乳中に使用すべきではありません。まれにアレルギーを引き起こす場合があります。

 

安全性クラス : 1(適切に使用する場合、安全に摂取することができるハーブ)
相互作用クラス: A(臨床的に関連のある相互作用が予測されないハーブ)

『メディカルハーブ安全性ブック第2版』

アネトールに敏感な人の使用は注意
稀にアレルギーの引き起こす可能性

『ESCOP Monographs』

 

フェンネルの使い方

ティーの飲み方

小さじ1を潰してお湯に入れ、5分蒸らす。ブレンドにするとより飲みやすくなる。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブの使い方

過敏性腸症候群

  1. 新鮮な潰した実小さじ1に、カップ1杯の熱湯を注ぐ
  2. ふたをして5分蒸らし、きれいに濾す
  3. 1日数回、1杯を飲用する

『フィトセラピー植物療法事典』

鼻風邪のためのハーブブレンド

フェンネル、セージブルーマロウ

symptom

 

おすすめの使い方

ハーブティー、ホームケア、料理

herds_advanced1

 

アーユルヴェーダからみた使い方

名前:フェンネル|Shatapushpa

フェンネルは消化に素晴らしくいいハーブの一つと考えられています。ピッタを悪化させずにアグニを強くしてくれ、鎮痙や溜まったガスを取り除くことに向いています。種子を煎り、小さじ1程をそのまま、もしくは塩と一緒に食後に摂ります。クミンとコリアンダーとのブレンドはよく使われます。特に子供やお年寄りといった消化器系が弱い人にも向いています。神経系を穏やかにし、精神的な覚醒を促します。不尿器系に使う場合は、コリアンダーとよく合います。消化器系が弱く、辛いスパイスによって熱を持ちすぎたり、刺激され過ぎることを抑えます。下剤による腹痛を抑え、月経の促進や母乳の出をよくすることにも使われます。

学名 Foeniculum vulgare
使用部位 果実(種子)
ドーシャエネルギー VPK=
6つのラサ 甘味、辛味
ヴィールヤ(消化中のエネルギー) 冷却(少しだけ)
ヴィパーカ(消化後の味) 甘味
ダートゥ(組織への影響) リンパ、血液、筋肉、骨髄
系統 消化器系、神経系、泌尿器系

 

中医学・漢方からみた使い方

生薬名:茴香|ウイキョウ

西洋のメディカルハーブと同じフェンネルです。腎を温め、さらに胃を調和し気を流す作用があります。そのため冷えによる疝痛、下腹部の冷痛などに使われます。また腎陽虚による腰痛、胃痛、嘔吐、脚気にも使われます。

学名 Foeniculum vulgare
使用部位 果実
薬理 胃運動亢進作用、腸管の運動亢進作用、緊張増加作用、小腸収縮作用、気道分泌促進作用
性味 辛、温
帰経 腎、膀胱、胃

 

 

 

次はこれを要チェック

herbsgardening  essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々進化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もございます。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご利用ください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談してください。特に漢方の生薬や処方は独断で使用することは大変危険です。必ず専門医に相談してください。
参考文献をみる
@Depositphotos.com/ Fotosmurf

コメントを残す