セージの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

sage

セージの効果効能

目次

  1. キーワード&データ
  2. 特徴
  3. 有効成分
  4. 注意事項・禁忌
  5. セージの使い方
  6. アーユルヴェーダからみた使い方

 






 

キーワード&データ

キーワード:収れんや抗菌に

名前 セージ、コモンセージ、sage、common sage
和名 ヤクヨウサルビア(薬用サルビア)
学名・読み方 Salvia officinalis [サルウィア・オフィキナリス]
科名 シソ科
使用部位
ジェンダー 男性
惑星 木星
四大元素
性質 熱、乾
チャクラ 第5チャクラ

関連記事まとめ:  #セージ

 

特徴

樹高80cm程になる低木です。古くから魔除けや浄化に使用されていました。17世紀に中国のお茶が伝わるまで、セージはヨーロッパでよく飲まれる健康茶でした。イギリスでは「長生きしたければ5月にセージを食べなさい」と言われるほど万能薬とされていました。ラテン語で「救う」を意味するsalvareがセージの名前の由来と言われています。

スピリチュアルなストーリー

セージは昔から不死や長寿と結びつけられてきました。他にも、セージを持ち歩くことで、金運アップになるとも言われていました。願い事を書いたセージの葉を枕の下に置いて寝て、願い事の夢を見ると、その願いがかなうとも言われていました。カルペパーは、肝臓に効果があり、血液を増やすとしています。そして傷の出血を止血し、潰瘍をきれいにするとしています。酢とセージの汁液を混ぜたものは感染症の特効薬とされていました。

感情面にもたらす効能

セージは喉の第5チャクラに働きかけます。そのため、言いたいことを言葉で表現できない人、言語障害がある人などに向いています。自分の創造性に対する不安があったり、創造性に対して妨害がある時にも使えます。お香やエッセンシャルオイルを部屋に焚いても効果的です。

セージの効果効能

サルビアタンニンの収れん作用によって、月経過多、多汗、母乳の分泌抑制にいいことが分かっています。さらに虚力な抗菌作用、抗真菌作用もプラスされ、口腔内の炎症や風邪による痛みや喉の腫れにも有効です。うがい薬として使用すると、喉の傷みや歯肉炎、口内炎を緩和します。ホットフラッシュなどの更年期の様々な症状にも効きます。

作用

  • 抗菌作用
  • 抗真菌作用
  • 抗ウイルス作用
  • 収斂作用
  • 制汗作用
  • 母乳分泌抑制作用

適応

  • 口腔・咽頭の炎症
  • 口内炎
  • 歯肉炎
  • 更年期や心身症の発汗異常
  • 寝汗

effects

 

有効成分

フラボノイド(ルテオリン)、精油、フェノール酸、カルノソールなど

 

注意事項・禁忌

伝統的に母乳を抑制させるために使われているため、授乳を続けたい人は授乳中の使用を避けた方がいいです。ESCOP Monographsでは授乳中も良くないとされています。

 

安全性クラス : 2b(妊娠中に使用しない)
安全性クラス : 2d(注釈にあるような他の特定の使用制限がある)
推奨用量を超えて使用しない(標準的な使用量は乾燥させた茶葉で3~12g)
相互作用クラス: A(臨床的に関連のある相互作用が予測されないハーブ)

『メディカルハーブ安全性ブック第2版』

妊娠中・授乳中の使用は推奨されない

『ESCOP Monographs』

 

セージの使い方

ティーの飲み方

小さじ2をお湯に入れ、7分蒸す。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブの使い方

口内炎など、のどの粘膜障害

  1. 小さじ2,3杯のセージにカップ2杯ほどの沸騰したお湯を注ぐ
  2. 5分ほど蒸らし、きれいに濾す
  3. 温かいままうがいをする

『フィトセラピー植物療法事典』

更年期のハーブブレンド

セージ、アンジェリカレッドクローバー

symptom

 

おすすめの使い方

ハーブティー、スキンケア、ホームケア、ヘアケア、バス

herds_advanced1

 

アーユルヴェーダからみた使い方

名前:セージ

セージは過剰な分泌液を減らす作用に優れています。例えば、特に寝汗のような、過剰な汗の分泌を抑えます。鼻や肺の粘液の過剰分泌や唾液を抑えます。母乳や精液の分泌も抑えるはたらきがあります。痛みや潰瘍を乾かし、止血します。このような働きの根本は過剰なカパを抑えることです。ホットで飲むと、より発汗や去痰作用が働き、カパやヴァータを静めます。冷やして飲むと、より収れんや利尿作用が高まり、ピッタを静めます。ブリングラージとゴツコラとブレンドすると、育毛促進にもいいと言われています。また、精神面での鎮静作用にも優れます。感情的な障害を取り除き、穏やかさと明晰性を与えてくれます。行き過ぎた欲望や激情を静めてくれます。

学名 Salvia officinalis
使用部位
ドーシャエネルギー KV-, (過剰摂取の場合P+)
6つのラサ 辛味、苦味、渋味
ヴィールヤ(消化中のエネルギー) 加熱(少しだけ)
ヴィパーカ(消化後の味) 辛味
ダートゥ(組織への影響) リンパ、血液、神経
系統 呼吸器系、消化器系、神経系、循環器系

 

 

 

次はこれを要チェック

herbsgardening  essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々進化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もございます。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご利用ください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談してください。
参考文献をみる
@Depositphotos.com/ dp3010

コメントを残す