月の満ち欠けと過ごし方|自然に調和したライフスタイル

moon

月の満ち欠けと体の関係

月は古代から、私たちの心と体に影響を及ぼすと考えられてきました。地球の70%は海でできていて、その満ち引きは月の引力によって変わります。月が面している部分が常に満ち潮になる、という具合です。私たちの体も60%以上が水分でできていることを考えると、月の満ち欠けが、海の水のように私たちの体と心に影響を与えていることは自然のように思えます。

月と女性の関わり

事実、月と女性の体にはある共通点があります。月が地球を回る周期は約29.5日。女性の生理の周期の平均は約28日で、殆ど同じ周期になっています。また、私たちの祖先の多くが、月の動きから農事暦を作り、作物の種まきや収穫時期を決めていました。それは、月の動きに合わせることで、より強い作物が育ったり、高い栄養素が得られることが分かっていたからです。

自然の流れて生活する

私たちの祖先のように月の動きを意識することは、自然の流れに合った生活を意識することです。すると自然と物事がスムーズにいくようになります。同じことをやっても何かうまくいかない時と、何でもうまくいってしまう時があると思います。月の動きと照らし合わせてみてみると、何か気づくことがあるかもしれません。

 






 

満ちていく月、欠けていく月

月は約1か月をかけて一周しますが、大きく分けると満ちていく月の期間(上弦)、欠けていく月の期間(下弦)に分けられます。どちらの期間かによって、エネルギーが変わってきます。それは自然や生き物に影響していて、知らず知らず私たちにも影響しています。

満ちていく月の期間:吸収

新月を過ぎ満月になるまでの約14日は満ちていく月の期間です。この期間は体が様々な面で「吸収」をし、エネルギーを蓄える時期です。欠けていく月の期間より、より多くの栄養を吸収するので、ダイエットには向きません。反対に身体づくりに向きます。休養に向く時期でもあります。手術は満月に近づくほど成功率が下がり、術後の経過も悪いと言われます。それは薬が効きすぎて副作用が出たり、傷口からの出血が多くなったりするためです。精神面では、より積極的、行動的になり、人と会うことに向いています。外からのエネルギーを「吸収」していくイメージです。

欠けていく月の期間:放出

満月を過ぎ新月になるまでの約14日は欠けていく月の期間です。この期間は体が様々な面で「放出」をし、エネルギーを発散する時期です。そのため、デトックスや洗浄、乾燥、固定といった特徴があります。手術の成功率は新月に近づくほど高くなり、術後の回復もよくなります。家事に関しては汚れが落ちやすいこともあります。ダイエットや、悪習慣を断ち切るには、この期間に行うべきです。精神面ではより内省的になり、自分と向き合うのに向いています。心の中の要らないものを「放出」していくようなイメージです。

 

月の満ち欠けと過ごし方

次に更に細かく、月の満ち欠けとそれに合った過ごし方を見ていきます。

ニュー・ムーン(新月)・・・始まり、浄化

newmoonニュー・ムーン(新月)は月の周期の始まりの時です。新しいことをスタートするのに向いています。また、体のデトックスや心の浄化にも向いている時期です。いらないものはすべて手放し、新たないいものを取り入れていきましょう。新月の時は、意識を表す太陽と無意識を表す月が重なる日です。自分の中の本当の想いや願望を引き出すにもいい時期と言えます。

 

 

クレセント・ムーン(三日月)・・・基礎

mikazuki徐々に吸収する力が増えてきます。新しく始めたことの基礎を固める時期です。忍耐が必要ですが、一歩一歩進んでいく時期です。

 

 

 

ファースト・クォーター(上弦の月)・・・成長、積極性

1sthalfファースト・クォーター(上弦の月)は、これから満月に向かう時の半月です。基礎を固めた時期から、行動に移す時期です。そのため積極的に行動しやすくなります。ほかの人とのコミュニケーションも円滑にいきやすく、様々なことにチャレンジし、頑張るパワーがあるときです。

 

 

ギバウス・ムーン・・・改善、行動

13ギバウス・ムーンは上弦の月から満月までの月です。徐々に満月へ向けて、新月で始めたことが形を出し始める時期です。軌道修正が必要であればこの時期に行います。そのため、分析、修正、改善にはいい時期です。そしてさらに積極的にゴールへ向かって突き進む時期です。

 

 

 

フル・ムーン(満月)・・・吸収、達成

fullmoon月のエネルギーが最大限になる時期です。新月からスタートしたことが結ばれる時期です。良くも悪くも結果が現われるので、問題が表面化する場合もあります。エネルギーに引っ張られるように、心が感情的で衝動的になる時期でもあります。外へのエネルギーが強くなるので、人と会ったり外出をするには最適です。また、満月の時期は出産が多いとも言われています。栄養を取り入れるととてもよく吸収する時期でもあります。

 

ディセミネーティング・ムーン・・・発展

nemachi満月で達成したことを、更に発展させる時期です。発展させるとは、成就したことを人のため、世の中のために広めたり、分かち合ったりすることです。得たものをさらによくするために努力する時期です。そのため、利益を得たり、支援者を見つけたりしやすい時期になります。ディセミネーティングとは「種をまく」ことなので、自分の経験から、他の人のために知識やなどの種をまくという意味もあります。

 

 

ラスト・クォーター(下弦の半月)・・・整理

lasthalf新月への浄化作用が高まっていく時期です。これまでのことを振り返り、整理していくのに最適な時期です。心では感情の高まりが落ち着きます。あまりエネルギーを使うことはせず、ゆったり過ごすことが大切です。

 

 

 

バルサミック・ムーン・・・手放し、終焉

261サイクルの終わりの時期です。エネルギーが下降に向かう時期です。ゆったりと瞑想などをして過ごし、自分に向き合うのに最適です。いらないものを手放し、また新たなスタートに向けて準備をしましょう。

 

 

 

次はこれを要チェック

月の満ち欠けと一緒に、月星座の移り変わりを見るとより月の動きに合った毎日を送れます。

moonsign

月の満ち欠けのカレンダーはこちら

calendar2

 

 

スポンサーリンク



 

 


@Depositphotos.com/Dhoxax

コメントを残す