パッションフルーツシードオイル(マラクジャオイル)の効果効能|肌と心に作用する

passionfruits-oil

パッションフルーツシードオイルの効果効能

目次

  1. パッションフルーツシードオイルのデータ
  2. パッションフルーツシードオイルの代表成分
  3. パッションフルーツシードオイルの特徴・効果効能

 






 

パッションフルーツシードオイルのデータ

名前 パッションフルーツシードオイル、Maracuja Oil、Passionfruit Seed Oil
学名 Passiflora edulis
科名 トケイソウ科
使用部位 種子
抽出方法 低温圧搾法
黄色
肌質 乾燥肌
ヨウ素価 141.9 ※
鹸化価(NaOH) 137.5 ※
鹸化価(KOH) 192.5 ※

※ヨウ素価と鹸化価の値は、下記の成分量をベースに計算した数値です。これらは同じ植物のオイルでも、原料の種類、地域、抽出方法、商品やロットなど様々な条件によって変化する数値なのでお気を付けください。ヨウ素価と鹸化価の一覧と解説は下記をご覧ください。

Saponification Iodinevalue

 

パッションフルーツシードオイルの代表成分

主な脂肪酸

飽和脂肪酸 11.6 %
ミリスチン酸 0.1 %
パルミチン酸 8.8 %
マルガリン酸 0.1 %
ステアリン酸 2.4 %
アラキジン酸 0.2 %
一価不飽和脂肪酸 14.6 %
パルミトレイン酸 0.2 %
バクセン酸 0.6 %
オレイン酸 13.7 %
イコセン酸 0.1 %
多価不飽和脂肪酸 73.8 %
リノール酸 73.4 %
α-リノレン酸 0.4 %

※1を参照

脂肪酸について、脂肪酸の摂取方法などは下記をご覧ください。

fattyacid3 fattyacid4 omega trans_fattyacid

 

パッションフルーツシードオイルの特徴・効果効能

特徴

パッションフルーツシードオイルは、フルーツとしてよく食べられるパッションフルーツの種子から抽出されます。南米を中心に生息しています。ブラジルではパッションフルーツをマラクジャ(maracujá)と呼ぶことから、Maracuja Oilとも言われています。同じトケイソウ科の属するパッションフラワー(Passiflora incarnata)とは似ていますが違う種類になります。キャリアオイルでは、ひまわり油をベースとしてパッションフラワーの花から浸出法で作られたパッションフラワーオイルの方がよく目にします。

肌と心に作用

パッションフルーツシードオイルは、エモリエント効果があります。肌を柔らかくし保湿してくれることから乾燥肌に向きます。またかゆみや傷みを緩和させてくれる作用があります。紫外線から皮膚を守ってくれる働きと、日焼けによるダメージした肌の修復を行ってくれます。また、パッションフルーツシードオイルでマッサージを行うことで、深いリラックスが得られます。不眠の改善や不安を取り除く作用があると言われています。

 

 

 

次はこれを要チェック

vegetableoils classification sanka oilsafety

 

 

スポンサーリンク



 

 


※1: Georges PIOMBO et al. Characterization of the seed oils from kiwi (Actinidia chinensis), passion fruit (Passiflora edulis) and guava (Psidium guajava). 2006.
参考文献を見る
©Depositphotos.com/ fotovincek

コメントを残す