ボリジの育て方・栽培方法|自家菜園で育てる無農薬のハーブ

Borage

ボリジの育て方・栽培方法

青い綺麗な花を咲かせることが特徴です。観賞用、ハーブティー用、食用に使用できます。

目次

  1. ボリジの特徴
  2. ボリジの育て方基本
  3. 毎日のケアとポイント
  4. 一年のスケジュールとポイント
  5. 病害虫と天然素材の対策
  6. ボリジの使い方

 






 

ボリジの特徴

名前 ボリジ、ルリジサ、ルリジシャ
英語名 Borage
学名 Borago officinalis
科名 ムラサキ科
分類 一年草
耐寒性 耐寒性
草丈 60-80cm
原産地 南ヨーロッパ
出まわり時期  4-6月
使える部分 葉・花
殖やし方 種まき

ボリジの関連リンク:ハーブの特徴詳細キャリアオイルの詳細

 

ボリジの育て方基本

適した場所

日当たり、風通し、水はけのよい場所が好みです。高温多湿や夏の直射日光が苦手です。乾燥気味に育てます。肥料は与えすぎに気をつけます。

日当たり 日当たりのよい場所。
風通し 風通しのいい場所。
水はけ 水はけがよい場所。
気温 15~20℃
肥料 元肥に緩効性肥料を与える。追肥は窒素分が多い液体肥料を与える。

soil hiryo yoseue nae

 

毎日のケア

水やり

乾燥を好むので、水のやりすぎに注意します。土が乾いたらたっぷり水を与えます。

ワンポイント

高温多湿が苦手なので、夏は日が当たらないように移動させたり、日除けをします。梅雨の時期は、風通しを良くするために剪定をします。寒さには強いですが、冬越しする場合は、霜よけが必要です。

剪定、水やり、株分け、挿し木等、ガーデニングの基本となる手入れや殖やし方については下記を参照ください。

sentei tanemaki

 

1年のスケジュールと育て方のポイント

schedule_borage

種まきのポイント

こぼれ種からも発芽する程簡単に種から育ちます。種をまく場合は、秋に行うと丈夫に育ちます。移植を嫌うので、直まきします。

植え付けのポイント

苗から植えつける場合は、春か秋に行います。直根性のため、地植えの場合は深めに土を耕します。鉢植えの場合は、深めの鉢を選びます。

収穫・剪定のポイント

葉が出てきたら随時収穫可能です。特に梅雨時期は蒸れないように、込み合ったところをカットしながら収穫します。

花が咲いたら

花を摘むときは、開花時に萼からやさしくとります。

寿命

ボリジは一年草です。暑さが苦手なので、あまり夏越しをしません。秋に種をまいて、夏に枯れます。

 

害虫と天然素材を使った対策

病害虫の心配は殆どありません。それでも病害虫に困ったら、無農薬・天然にこだわった害虫対策の詳細をご覧ください。

pest

 

ボリジの使い方

ボリジは花がきれいなので、それをバスタイムに使ったり、アレンジに使ったりできます。また、食用には砂糖漬けにしてスイーツに使用できます。葉はハーブティーとして飲んだり、サラダに入れます。ハーブの作用については「ボリジの効果効能」をご覧ください。

herds_basic

 

 

 

次はこれを要チェック

gardening succulents

ハーブの効能についてもっと知りたい場合は下記へ!

ハーブ一覧

精油、キャリアオイル、フローラルウォーターの情報も豊富です。

精油一覧 vegetableoils フローラルウォーター.一覧

 

 

スポンサーリンク



 

 


参考文献を見る
画像@ Depositphotos.com/monkeybusiness

コメントを残す