ルバーブの育て方・栽培方法|自家菜園で育てる無農薬のハーブ

ルバーブの育て方・栽培方法

ルバーブは茎をジャムやパイに使用することが多いです。繊維質やカルシウムが豊富です。

目次

  1. ルバーブの特徴
  2. ルバーブの育て方基本
  3. 毎日のケアとポイント
  4. 一年のスケジュールとポイント
  5. 病害虫と天然素材の対策
  6. ルバーブの使い方



ルバーブの特徴

名前 ルバーブ
英語名 Rhubarb
学名 Rheum rhabarbarum
科名 タデ科
分類 多年草
耐寒性 耐寒性
草丈 80-200cm
原産地 シベリア南部
出まわり時期  4-6月
使える部分
殖やし方 株分け、種まき

その他のルバーブの記事をチェックする:#ルバーブ

ルバーブの育て方基本

適した場所

日なた~半日陰の涼しい場所が適しています。大きく成長するので十分な広さを確保します。

日当たり 日なた~半日陰
水はけ 水はけがよい場所。
気温 10~18℃(涼しい場所) ※発芽適温は20~22℃
肥沃な土を好む。
肥料 元肥に緩効性肥料を与える。追肥は春と収穫後に行う。2年目以降は必要なし。

ハーブの土の種類 肥料の種類と基本

寄せ植え

大きく育つので、あまり寄せ植えには向きません。一般的に言われる寄せ植えの基本は下記を参照ください。

ハーブの寄せ植え

いいものを選ぶコツ

苗を選ぶときは、ルバーブの特徴である赤い茎の部分の色が鮮やかなものを選びます。基本のいい苗の選び方は下記を参照ください。

いい苗の選び方

毎日のケア

水やり

水のやりすぎは根腐れの原因になるので注意します。土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えます。乾燥させ過ぎは株が大きくなるのを妨げます。

ワンポイント

高温と強い日差しに弱いので、夏は日よけなどをして注意します。枯れた下葉は摘み取ります。1年目は開花させないようにカットすると株が長持ちします。

剪定、水やり、株分け、挿し木等、ガーデニングの基本となる手入れや殖やし方については下記を参照ください。

ハーブの手入れ方法 ハーブの殖やし方

1年のスケジュールと育て方のポイント

schedule_rhubarb

種まきのポイント

発芽適温が高いので、4,5月に種まきをするのがいいです。点まきをして、水を切らさないようにします。1,2週間で発芽します。本葉が数枚生えてきたら株間を広くとり、植え付けをします。

株分けのポイント

株分けをする場合は、株全体を堀りあげ、太い根を残すようにします。

植え付けのポイント

水はけが大切なので、株元の土を高めにして植え付けをします。

花が咲いたら

1年目は特に、花茎が出てきたら早めに摘み取り、開花させないようにします。株が元気に育ちます。

収穫のポイント

種まきから1,2年は、収穫は避け、株を育てます。収穫は2,3年以降から行うのがいいと言われています。50cm以上に伸びた茎を株元からカットします。

害虫と天然素材を使った対策

ルバーブは病害虫に強いハーブです。それでも病害虫に困ったら、無農薬・天然にこだわった害虫対策の詳細をご覧ください。

天然の害虫対策

ルバーブの使い方

ルバーブは主に効くを使って、スイーツに使用します。ジャムやタルト、ジュース、ヨーグルトのフレーバー等に使われます。葉はシュウ酸を多く含むので使われません。

ハーブのレシピ

次はこれを要チェック

各ハーブの育て方 多肉植物の育て方一覧

ハーブの効能についてもっと知りたい場合は下記へ!

ハーブの効果効能一覧

精油、キャリアオイル、フローラルウォーターの情報も豊富です。

精油の作用一覧 植物油脂の種類一覧 フローラルウォーター一覧

スポンサーリンク





参考文献を見る

コメントを残す